過去ドラマ収集へ戻る

話題の欠かさず見ていたドラマ 戻る

81’フジ 北の国から
出演者 : 田中邦衛吉岡秀隆中嶋朋子/いしだあゆみ/竹下景子/岩城滉一/地井武男 他
 オンタイムで見ていた 北海道へ渡った3人は家を建て水を引き電気を作りと 何も無いところから1つ1つ揃ってゆく様は
 まるで子供時代に秘密基地を作り上げるようなワクワク感と冒険心をくすぐられるように見ていたと思う
 メインの子供2人はとても芸達者で 視聴者が彼らが実在してるような錯覚に陥るされたのは無理も無い事だと思える
 泣き所のツボには北海道出身者の唄をタイミン内訳へのリンクグ良く入れ 毎回ティッシュ無しでは見れなかったものだ
 このドラマで初めて誰の曲だろう?とBGMに興味を持ち レンタル屋さんに走った覚えがある
 回を重ねるごとに薄れてゆく父権と 大好きだったそうた兄ちゃんの変貌振り が何故そんなにもてるのか? の不倫と・・
 何か違和感を感じ始めた頃 最終回となってしまった様な気も否めないのだが・・・
 とんねるずのコンとで蛍がルールルル♪と呼んだら像が来たってのや その他コント等を良く覚えてる程
 色々といじられたドラマは他に無いのではないか?
 そして今 この北の国からを全く見た事無い・知らないという若者がどんどん生息し始めて来た事に
 寂しさと月日の流れを感じる今日この頃である・・・(笑)
83’TBS ふぞろいの林檎たち
出演者 : 時任三郎/中井貴一/柳沢真吾/手塚理美/中島晶子 他
 毎回欠かさず見てた 山田太一の台詞回しが当時話題に 普通の普段の学生を良く描いていたと思う
 シリーズが進むごとに成る程その後の奴等をうまく描き切って行ったと思う それは「ふぞろい独特の世界」はしっかり残しながら
 うまく時代背景に対応させて行ったからであろう またキャストを変えない努力を最大限にして貰ったスタッフには頭が下がる
 但し独特の世界をしっかり残しそのまま行ったおかげで後の時代の若者にはあまり受け入れられなかったようにも思う?
 正直今からするとストーリーは確かにリアルだから かなり暗めなドラマになるという事は否めないのだから・・・
 このドラマの主人公達と同じ様に成長して行った者には少し寂しい気もするが・・・
 サザンの「いとしのエリー」も大ヒットした 林檎を投げるオープニングはあまりに有名である 忘れられない
72’日テレ 太陽にほえろ!
出演者 : 石原裕次郎/萩原健一/松田優作/露口茂/竜雷太/小野寺昭 他
 このドラマで初めて石原裕次郎を知ったので 後に昔の映画を見てびっくり!ボスって痩せてたんだなぁと(笑)
 それが子供の頃の正直な感想だった・・・ ボス泣くだろうな(笑) もう1つ大人になって驚いたのは
 よく出てきた七曲署の管内「矢追町」は架空の地名と思っていたから 本当にある地名だと知ってこれまたびっくり!(笑)
 お決まりのありえない刑事ものなんだけど この頃は全然許せちゃったものだ 
 新米刑事が殉職して行くのもマカロニ、ジーパン、テキサスあたりまでは許せたけど(渡辺徹は直ぐ受け入れた)マンネリ化して
 とうとう最終回になってしまった感が否めなくてちょっと寂しい感じがしたなぁ〜と
 とか何とか言いながら結局ずっと見てたけど・・・ ラッパの音楽が印象的だこれを聞くと走りたくなりはしないか??(笑)
80’日テレ 池中玄太80キロ
出演者 : 西田敏行/坂口良子/三浦洋一/井上純一/長門裕之/杉田かおる 他
 これも初回からずっと見てた 結局玄太とアッコがくっつんだけど 私的にはヒデとアッコにくっついて欲しかったんだけど・・・
 人情ドラマでほのぼのしたくて 涙腺を緩ませたくて このドラマの世界の中に入り込みたくて見てた気がする
 下2人の娘未来(ミク)と弥子(ヤコ) こんな可愛い名前をつけて貰えるなんて羨ましい!と当時思っていたものだ
 このヤコだがパート1ではとても良い味を出していたのだが 子役の悲しいサガ・・・
 シリーズを重ねる度に成長してしまい 棒読み台詞を許されなくなって来たことろが悲しい・・・ 今どうしてる?
 ♪もしもピアノが弾けたなら♪鳥の唄もこのドラマの代名詞に 今は杉田かおるのギャグとして使われてるけど(笑)
 後のSPもずっと見てきたけど 三浦洋一さん死去に伴いもう続編はやらないだろう・・・ 杉田かおるも変貌してしまったし(笑) 
72’日テレ パパと呼ばないで
出演者 : 石立鉄男/杉田かおる/石黒賢/松下由樹/中居貴一 他
 これは殆ど夕方の再放送で見たんだ 夕方学校から帰り 父親が帰宅する前にこっそりと見ていた
 宿題もせずにTVを見ているとよく怒られたもんだったなぁ〜 「夕陽丘の総理大臣」もこの枠で全部見た(笑)
 チー坊に毎回泣かされ 周りの住人の暖かさや この境遇のチー坊が羨ましいとさえ思っていた幼少期であります
 寅さん的ドラマでいつもここへ行けば皆がいて暖かく迎えてくれるのが 羨ましかったんだと思う 
87’TBS パパはニュースキャスター
出演者 : 田村正和/浅野温子/西尾麻里鈴木美恵子大塚ちか子/所ジョージ 他
 「君と結婚して子供が生まれたら もう名前を考えてあるんだ 愛情の愛と書いてめぐみと読ませるの!」
 酔っ払うと女性のくどき文句にあっちでもこっちも使いまくり そのせいで我が子だと名乗る娘が3人も押し寄せる!
 この頃の田村様はまだ両刀使いでもいけたんだと思う ずっと渋い2枚目を通していた彼の路線変更代表作とも言えよう
 西尾さんと鈴木さんと大塚さんが良い味出してた オンタイムはもちろん3回のSPも全部見た
 笑いの中に毎回必ず涙あり 西尾さんと大塚さんは成長して今も頑張ってらっしゃるが鈴木さんはどうした?
 所ジョージも良い味出してたなぁ〜 意外だったのを覚えている 
フジテレビの一部
82’君は海を見たか 萩原健一 / 関根恵子 脚本 :倉本總 良く覚えているのが少し体調の良くなった息子が
   新築?改装?した家に帰宅した矢先 自分の部屋の丸窓(船の)にひとしきり喜びトイレに行った後 そのままはしゃいで
   父親に「ねぇパパ!僕のオシッコ真っ赤なんだよ♪」って・・・ 確かそのまま帰る事は無かったんだ(金曜日)
94’古畑任三郎 田村正和 / 西村雅彦 脚本 :三谷幸喜 田村正和の強烈な個性と 華なゲスト(犯人役)が毎回登場
   ドラマを見ながら皆一緒に謎解きをしていた SPやシリーズ96’U99’V再放送も欠かさず見た
   古畑さんが乗る自転車 アリキリの石井も話題になる(火曜10時?)
97’踊る大捜査線 織田裕二 / 柳場敏郎 今迄にない刑事物 滅多やたらとピストル撃てないし経費削減とか
   他刑事物なら突っ込みたくなるような事を半ばリアルに描いていたのが好感触にも繋がったのでは?
   キャストも個性的な人多かったし 映画ばかりにしないでドラマで帰って来て欲しいなと切に願います
   でももうワクさんは居ないんだよなぁ〜寂しい限りです(木曜9時)



その他何となく覚えていて懐かしいドラマ 戻る

NHK 中学生日記 学校の道徳の時間に扉のついたTVで録画テープを見せられた覚えがあります(笑)
日テレ
おれは男だ! 森田健作 / 早瀬久美 再放送で見た 当時子供だったのでこれが大人だと思って見てた(笑)
海の近くに住みたいなぁとこのドラマを見て漠然と思ってたっけ(笑) さらば〜涙と言おぉお〜 全部歌えます
傷だらけの天使 萩原健一 / 水谷豊 オープニングのショーケンがトマトにかぶりついて牛乳の蓋を口で開けるのとBGMと
故・岸田今日子のささやき台詞「おさむちゃぁん」をキモク強烈に覚えている(笑) 私的には水谷豊は この時が一番良かったと思う・・
最後死んじゃうのは切なくて切なくて・・ ちなみにオープニングで飲んでる牛乳瓶が四角瓶なのと
第一回監督が故・深作欣二って知ってました? 夕方の再放送で全部見た
桃太郎侍 高橋英樹 / 親の時代劇好きの影響で見てた(笑)
「1つ人の世の生き血を啜り 2つ不埒な悪行三昧 3つ浮世の鬼を 退治てくれよう桃太郎」 そんな事言ってる間に悪者も
おとなしく聞いてないで切っちゃえばいいのにねぇといつも思っていたさ(笑)
あぶない刑事 舘ひろし / 柴田恭兵 痛快刑事ドラマ 難しい事は良いじゃない所詮TVなんだからのハチャメチャ的が面白かったな
キャストも良かった しかし課長はもういない・・・ 続編もSPも映画も全部見た でもスタ&ハッチは越えられないけどね
TBS
チャコちゃんケンちゃんシリーズ チャコ : 四方晴美 / 67’第4作目から弟役 : 宮脇康之初登場
ケンちゃんというとこちらのシリーズのことを私的には挿します(笑)
ケンちゃんシリーズ 初代 : 宮脇康之 / 77’二代目 : 岡浩也 初め弟だったこの子への交代で見なくなる
いったいいくつ商売を替えれば気が済むのかと子供心にも思っていた(笑)
ありがとう 水前寺清子 / 山岡久乃 第一弾は警察 第二弾は病院 再放送で見て嵌まった 故・山岡久乃さんが大好きだった
水前寺清子って歌手だと思っていたのに役者もやるんだぁと子供心に純粋に思ったものだった 何気ない日常の繰り返しに温かみを感じた
赤いシリーズ(全10作)  第一弾は赤い迷路 山口百恵がこれでもかこれでもかと不幸になる(笑)
またこのシリーズに宇津井健はなくてはならない人  殆ど全部再放送で見た
刑事スタスキー&ハッチ ポール・マイケル・グレイザー / デビッド・ソウル 毎週火10時が楽しみだった
痛快ハチャメチャでとてもテンポが良い!以後刑事物でこのテンポの良さに出会った事が無い
死と隣合わせで相棒を思いやる心地よさ いい加減さがとても良く かなり長い間楽しませて貰った ちなみにスタスキー派でした(笑)
金妻シリーズ 世の男性方はそれ迄考えもしなかったであろう妻の浮気・不倫を取り上げた 坂東英二・泉谷しげるが脚光を浴びたなあ
Vの主題歌 : 恋におちて は大ヒット カラオケでよく歌ったものだった
男女7人夏物語 明石家さんま / 大竹しのぶ の掛け合いは楽しかった 仕事とアフター5を題材にしたドラマがこの頃から増えた?
とんぼ 長渕剛 / 仙道敦子 喧嘩は強いのに人を殴ると本人の手が折れそうで 蹴っ飛ばすと自分が吹っ飛びそうという893は
この人が初めてなのでは?(笑) この頃から長渕剛は”爽やかいい加減路線”を脱ぎ捨て 全く違う世界に行っちゃった・・
フジ
銭形平次 故・大川橋蔵 当初の彼は綺麗だった 最後の方はお年を召してアップには耐えられなくなってましたが・・
主題歌 男だった〜ら ひとつにかける 全部歌えます
仮面の忍者・赤影 坂口祐三郎 / 7牧冬吉 / 金子吉延 赤影・白影・青影 赤影は子供心に仮面の穴から動く目がキツイ人だという 印象と
故・坂口氏の「赤影参上!」を良く覚えている  白影がタコに乗るのを見て 自分もこれに乗って空を飛びたいと思ったこと
青影が「たいじょーぶ!」と鼻のところで手を回転させるってのをよく覚えている 毎回欠かさず見てたっけなァ
鬼平犯科帳 中村吉右衛門 / 痛快時代劇というのではなくリアルな火付盗賊改の姿勢に好感触!アコースティックギターのエンディングと
江戸時代の四季風景は大好きだった 特にあの雪の降る中うどんをすするところとか 夏の花火とか縁日とか・・ これじゃ全部か(笑)
テレ朝
必殺シリーズ 藤田まこと / 菅井きん 第一弾梅安(緒形拳)第2弾から紋堵(藤田まこと)がやってたんだよな
色んな人が出てたなぁ〜 醒めて見ると笑っちゃうのだが仕留め方も其々だった 最終回の仲間の死には涙!涙!
チャラリ〜ン 音楽を京本政樹が作ったなんて知らなかったなぁ〜
夕陽丘の総理大臣シリーズ / 俺たち○シリーズ / NHKの超能力シリーズ /
柔道一直線 / オレゴンから愛 / 



05’10/2放送TBS50年史のドラマから収集!
〜TBS50年史 さんま篇〜
86’07.25~86’09.26 男女7人夏物語 明石家さんま/大竹しのぶ 「お前がすきやねんや」
03’09.28 さとうきび畑の唄 明石家さんま/黒木瞳 「こんな事をする為に生まれてきたわけじゃないんですよ私は」
〜TBS50年史 SMAP篇〜
89’10.10~89’12.26 時間ですよ!平成元年 中居正広(当時17歳)/草g剛(当時15歳)/香取慎吾(当時12歳)
95’10.13~95’12.22 未成年 香取慎吾/いしだいっせい
96’04.11~96’06.27 結婚しようよ 草g剛/江口洋介
97’04.18~97’06.27 いちばん大切なひと 香取慎吾/観月ありさ
98’04.10~98’06.26 先生知らないの? 草g剛/
00’01.16~00’03.26 ビューティフルライフ 木村拓哉/常磐貴子
01’01.14~01’03.18 白い影 中居正広/竹内結子
02’04.14~02’06.30 ヨイショの男 稲垣吾郎/浅野ゆう子
03’01.19~03’03.23 GOOD LUCK!! 木村拓哉/堤真一/柴咲コウ
04’01.18~04’03.28 砂の器 中居正広/渡辺謙
05’01.16~05’03.20 Mの悲劇 稲垣吾郎/長谷川京子
〜TBS50年史 名タイトルドラマ篇〜
55’04.09~1962.07.14 日真名氏飛び出す TBSに残る最も古いドラマ
 主人公日真名氏の職業はグラビア雑誌のカメラマン 行く先々で事件に巻き込まれ事件を解決して行くサスペンスドラマだった
58’10.31放送 私は貝になりたい 赤紙1枚で戦争にかりださられ上官の命令で米兵捕虜を殺さなければならなかった・・・
61’10.04~69’04.28 七人の刑事 刑事ドラマの傑作 個性溢れる刑事達が大活躍した
65’04.09~71’12.24 ザ・ガードマン 宇津井健 このドラマのおかげでガードマンという職業が有名になる
 「ザ・ガードマンとは 警備と保障を業務とし 大都会に渦巻く犯罪に敢然と立ち向かう勇敢な男達の物語である」
68’04.06~73’04.07 キイハンター 千葉真一(当時33歳)野際陽子(当時36歳)
69’06.22~71’04.04 柔道一直線 桜木健一 技が話題に 足で弾くピアノ等
70’08.23~71’03.28 アテンション プリーズ 木野ひろこ
70’09.29~71’09.28 おくさまは18歳 岡崎ユキ 石立鉄夫 生徒と先生が恋して結婚
73’10.14~74’03.31 サインはV X攻撃 稲妻落し等凄い技の連続 ♪V・I・C・T・O・R・Y サインはV♪
75’05.24~82’04.03 Gメン’75 丹波哲郎(当時54歳) 土曜9時 キイハンターの流れをくんだGメン’75
79’10.26~05’03.25 3年B組金八先生 腐ったみかん・・・
〜TBS50年史 ホームドラマ名作選篇〜
70’04.02~70’10.22 ありがとう 婦人警官篇 水前寺清子(当時24歳)山岡久乃(当時43歳)石坂浩二(当時29歳)
72’01.27~73’01.18 ありがとう第2集 病院篇 このシリーズで結婚 最高視聴率56.3% ←民放史上未だにこの記録は破られてない
71’05.06~72’01.20 肝っ玉かあさん第3集 京塚昌子(当時41歳)
90’10.11~91’09.26 渡る世間は鬼ばかり第1集 角野卓造(当時42歳)赤木春恵(当時66歳)泉ピン子(当時43歳)えなりかずき(当時5歳)
87’01.09~87’03.27 パパはニュースキャスター 田村正和(当時43歳)
91’04.19~91’06.21 パパとなっちゃん 田村正和(当時47歳)小泉今日子(当時25歳)大江千里(当時30歳)
77’06.24~77’09.30 岸辺のアルバム 杉浦直樹(当時45歳)八千草薫(当時46歳)国広富之(当時24歳)中田喜子(当時23歳)
81’10.21~81’12.30 茜さんのお弁当 八千草薫(当時50歳)
70’02.04~70’08.26 時間ですよ第1集 堺正章(当時23歳)森光子(当時49歳)
71’07.21~72’03.15 時間ですよ第2集 堺正章(当時25歳)天地真理(当時20歳) 屋根の上で歌うシーンも話題に
73’02.14~73’09.05 時間ですよ第3集 堺正章(当時26歳)浅田美代子(当時15歳)悠木千帆(当時29歳) 初台詞「松の湯」 ♪赤い風船
74’04.16~74’10.09 寺内貫太郎一家 小林亜星(当時41歳)西城秀樹(当時18歳)浅田美代子(当時17歳)悠木千帆(当時31歳)「ジュリィ〜」
75’04.16~75’11.05 寺内貫太郎一家第2集 秀樹乱闘シーンで左手ギブス! 水曜夜9時放送
77’05.18~77’11.09 ムー 老舗足袋屋「うさぎや」 伴淳三郎(当時69歳)樹木希林(当時34歳)伊東四朗(当時39歳)郷ひろみ(当時21歳)
            ♪おばけのロック
78’05.17~79’02.07 ムー一族 ♪林檎殺人事件
〜TBS50年史 恋愛ドラマ名シーン選篇〜
95’07.07~95’09.22 愛していると言ってくれ 女優の卵と耳に障害を持つ画家が数々の苦難を乗り越え愛を深めて行く純愛ラブストーリー
 「じゃぁ言ってよ 声に出して言ってよ愛してるって言ってよ」 豊川悦史/常磐貴子/矢田亜希子(当時16歳)
90’01.12~90’03.30 想い出にかわるまで 複雑な人間関係ドロドロ恋愛ドラマの元祖 実の妹に婚約者を奪われる衝撃的なストーリー
 先が読めないジェットコースタードラマ 「私の方がお姉ちゃんより高原さんの事ずっとずっと愛してる私自信ある」
 松下由樹(当時21歳)石田純一(当時36歳)今井美樹(当時26歳)
92’07.03~92’09.25 ずっとあなたが好きだった 秋葉系の先駆け元祖オタクを描いた恋愛ドラマ 妻を思うあまりに歪んだ愛に走るマザコン男冬彦
 佐野史郎/賀来千賀子/野際陽子
93’07.09~93’09.24 誰にも言えない 佐野史郎/賀来千賀子/野際陽子  ずっとあなたが好きだったの続編??
93’01.08~93’03.19 高校教師 2人が接近すれば障害が生まれた 父親との関係に苦しむマユ 心が落ち着くのは羽村と会っている時だけ
 最終回の結末が話題に 「心配いらないよ 私がいるもん 私が全部守ってあげるよ」「だって時計ばっかり見てるんだもん」
 桜井幸子(当時19歳)真田広之(当時歳)
99’04.08~99’06.17 魔女の条件 滝沢秀明 松嶋菜々子 黒木瞳
04’04.11~04’06.20 オレンジデイズ 妻夫木/柴咲コウ 「さえ〜でも好きだぁ〜 俺はお前が好きだぁ〜」



09’4/6放送 フジテレビ開局50周年 名作ドラマ&映画SPから収集! 戻る

フジテレビドラマ&映画 ★ドラマの裏話
59’坊ちゃん社員 フジテレビドラマ第1号作品(生放送)
59’ありちゃんのパパ先生 第1号作品とほぼ同時期スタート(生放送)
60’日日の背信 演出:岡田太郎 フジテレビ昼メロ第1号作品(生放送)
62’三匹の侍 演出:五社英雄 出演:平幹二朗/加藤剛/長門勇 派手な効果音を先駆けて時代劇に取り入れた作品
68’男はつらいよ 原作・脚本:山田洋次 脚本:森崎東 出演:(寅)渥美清/(さくら)長山藍子/(ガジロー)佐藤蛾次郎
  ★映画前にTVドラマ全26回を放送 最終回沖縄でハブに噛まれて死んでいる 視聴者から殺すなと抗議が殺到し翌年映画で再開 以後全48作続く
   若者たち 原作:山内久 脚本:清水邦夫/立原りゅう/早坂暁 演出:森川時久 出演:田中邦衛 後の「ひとつ屋根の下」の原型
   座頭市物語 原作:子母沢寛 脚本:池田一朗 演出:田中徳三 出演:石原裕次郎/勝新太郎 夢の共演
66’~84’銭形平次 脚本:野上 監督:佐々木康 出演:大川橋蔵 放送年月:18年間 放送回数:888回 単独主役での連続ドラマ世界一
71’~72’スペクトルマン 原作:うしおそうじ 脚本:辻真先/藤川桂介 演出:土屋啓之助 出演:成川哲夫 上司の許可がないと変身出来ない
78’~79’白い巨塔 原作:山崎豊子 脚本:鈴木尚之 P:小林俊一 演出:小林俊一/青木従雄 出演:田宮二郎(当時43歳)/山本学(当時41歳)
  ★財前五郎から里見宛の遺書を書くストーリがあり スタッフの代筆を断り田宮自身が小道具のその遺書を書くと言い張った
  その後撮影が終わり最終回OAを待たず  田宮二郎は12/29猟銃自殺した
81’~02’北の国から 脚本:倉本聰 P:中村敏夫/富永卓二 演出:富永卓二/杉田成道/山田良明 さだまさし「・」
  出演:田中邦衛(当時48歳)/吉岡秀隆(当時11歳)/中嶋朋子(当時10歳)/岩城ナ一(当時30歳)/竹下景子(当時28歳)/地井武男(当時際)
  古尾谷雅人(当時29歳)/菅原文太(当時58歳)/宮沢りえ(当時22歳)/横山めぐみ(当時17歳)/緒形直人(当時21歳)/大竹しのぶ(当時37歳)
  リアリティを徹底的に追求 純と蛍のシーンでは 500m先から実際に走って帰宅した 極寒の川に実際に浸かった 実際に重い石を使った
  岩城ナ一のボクシングの試合シーンはプロボクサーとガチンコ勝負(2R 失神KO負け!) その後本当に救急車で運ばれる
  純が好きな尾崎豊は当時実際に吉岡が好きだった曲 蛍は普通に結婚させるつもりだったが途中で不倫させる台本に書き換えられた
  雪かき中五郎が丸太の下敷きになるシーン 体感温度−50度の中の1週間撮影 OAは18分に渡った  また地井武男のモデルは実在する
  その方の妻が癌で亡くなりそれをストーリーに盛り込んだところ 撮影直前 演ずる地井の妻も実際に癌で亡くなる
88’君の瞳をタイホする! 脚本:橋本以蔵/関澄一輝 P:山田良明/大多亮 演出:松田秀知/河毛俊作/光野道夫 ・「・」
  出演:浅野ゆう子(当時27歳)/陣内孝則(当時29歳)/柳葉敏郎(当時27歳)/三上博史(当時25歳)/三田寛子(当時22歳)
  今までなかったものをやろうという事で 試験的にエンディングに出演役者でのフリートークを入れていた
88’抱きしめたい! 脚本:松原敏晴 P:山田良明/大多亮 演出:河毛俊作/光野道夫/中野昌宏 ・「・」
  出演:浅野温子(当時27歳)/浅野ゆう子(当時28歳)/岩城滉一(当時37歳)/石田純一(当時34歳)/本木雅弘(当時22歳) 迫真のビンタ
89’愛しあってるかい! 脚本:野島伸司 P:山田良明/大多亮 演出:楠田泰之/永山耕二/斎藤郁宏 小泉今日子「学園天国」
  出演:陣内孝則(当時29歳)/小泉今日子(当時23歳)//柳葉敏郎(当時28歳)/近藤敦(当時29歳) NG多かったのは男性陣
90’世界で一番君が好き 脚本:松原敏春 P:山田良明/大多亮 演出:光野道夫/中野昌宏/本間欧彦 リンドバーグ「今すぐKiss Me」
  出演:浅野温子(当時29歳)/三上博史(当時27歳) Kissだらけのタイトルバック 最後は渋谷のスクランブル交差点を通行止め
  真っ赤な車から身を乗り出し長いキス!
90’世にも奇妙な物語 ストーリーテラー:タモリ オムニバス形式のドラマがこの年スタート 全432話放送(09’4/6時点)
  記念すべき第1話「恐怖の手触り」 脚本:武上純希/土屋斗紀雄 P:塩沢浩二 演出:鈴木雅之 主演:中山美穂(当時20歳)
  他にも多彩な出演者を迎えている 【 91’「死神」そのまんま東(当時34歳)/91’「覆面」獣神サンダーライガー/明石家さんま(当時35歳)
  また 明石家さんま原案・出演 91’「偶然やろ?」(→思った事がそのまま起こってしまう)もある
  タモリが1作品だけお薦めするなら 91’「ズンドコベロンチョ」 出演:草刈正雄(当時38歳) だそうである(笑)
91’101回目のプロポーズ 脚本:野島伸司 P:大多亮 演出:光野道夫/石坂理江子/林徹 チャゲ&飛鳥「SEY YES」
  出演:武田鉄矢(当時42歳)/浅野温子(当時30歳)/江口洋介(当時24歳)  ダンプに飛び込み「僕は死にましぇん!」はPの実話
91’東京ラブストーリー 原作:柴門ふみ 脚本:坂元裕二 P:大多亮 演出:永山耕二/本間欧彦 小田和正「ラブストーリーは突然に」
  出演:鈴木保奈美(当時24歳)/織田裕二(当時23歳)/江口洋介(当時24歳)/有森也実(当時23歳) もう1つ主題歌候補があった
91’学校へ行こう! 脚本:信本敬子 P:亀山千広 演出:中野昌宏 ・「・」
  SMAP稲垣吾郎(当時17歳)/中居正広(当時18歳)のフジテレビ初登場ドラマ 役は浅野ゆう子演ずる教師のクラスの生徒役
92’愛という名のもとに 脚本:野島伸司 P:大多亮 演出:永山耕二/杉山登/中江功 ・「・」
  出演:唐沢寿明(当時28歳)/江口洋介(当時24歳)/鈴木保奈美(当時25歳)/石橋保(当時26歳)/中野英雄(当時27歳)/中島宏美(当時24歳)
  洞口依子(当時27歳)/加藤善博 最後の1人のキャスティングがなかなか決まらずにいた頃 スタッフが偶然見た「笑っていいとも」に出演する
  唐沢を見てなんてキラキラしてる奴なんだと思って決めた またこのドラマで深津絵里(当時19歳)がフジテレビ初登場した
92’二十歳の約束 脚本:坂元裕二 P:大多亮 演出:永山耕二/中江功 ・「・」
  出演:稲垣吾郎(当時19歳)/牧瀬里穂(当時20歳)  斬新な台詞のオンパレード「ヒューヒューだよ」「カキ〜ン」
93’ひとつ屋根の下 脚本:野島伸司 P:大多亮 演出:永山耕二/中江功 チューリップ「サボテンの花」
  出演:江口洋介(当時25歳)/酒井法子(当時22歳)/福山雅治(当時24歳)/大路恵美(当時17歳)/いしだ壱成(当時18歳)/山本耕史(当時16歳)
  マラソンのシーンでは リアリティを出す為 実際の市民マラソンの中に混じって走る江口の絵を撮りたかった しかし序盤トップで走っていないと
  いけない設定 その為江口は 草むらで隠れていて途中で飛び入り 難なくトップを走る江口の絵が撮れたのである
93’お願いデーモン 演出:森脇健児/戸田菜穂 SMAP香取慎吾(当時16歳)がフジテレビドラマに初登場したドラマ
96’ロングバケーション 脚本:北川悦吏子 P:亀山千広/杉尾敦弘 演出:永山耕二/鈴木雅之/臼井裕詞 ・「・」
  出演:山口智子(当時31歳)/木村拓哉(当時23歳)  スーパーボールは奇跡の一発OK
94’~06’古畑任三郎 脚本:三谷幸喜 P:関口静夫/柳川由紀子 演出:星譲/河野圭太/鈴木雅之/松田秀知/佐藤祐市
  出演:田村正和(当時50歳)/西村雅彦/石井
  第1シリーズ犯人 1話「死者からの伝言」中森明菜 2話「動く死体」堺正章 3話「笑える死体」古手川祐子 4話「殺しのファックス」笑福亭鶴瓶
  5話「汚れた大将」坂東八十助 6話「ピラノ・レッスン」木の実ナナ 7話「殺人リハーサル」小林稔侍 8話「殺人特急」鹿賀丈史
  9話「殺人公開放送」石黒賢 10話「矛盾だらけの死体」小堺一機 11話「さよなら、DJ」桃井かおり 12話「最後のあいさつ」菅原文太
  SP「笑うカンガルー」陣内孝則
  第2シリーズ犯人 1話「しゃべりすぎた男」明石家さんま 2話「笑わない女」沢口靖子 3話「ゲームの達人」草刈正雄 4話「赤か、青か」木村拓哉
  5話「偽善の報酬」加藤治子 6話「VSクイズ王」唐沢寿明 7話「動機の鑑定」澤村藤十郎 8話「魔術師の選択」山城新伍
  9話「間違えられた男」風間杜夫 10話「ニューヨークでの出来事」鈴木保奈美 11話「しばしのお別れ」山口智子 SP「黒岩博士の恐怖」緒形拳
  SP「古畑任三郎 vs SMAP」SMAP( 99’1.3放送 )
  第3シリーズ犯人 1話「若旦那の犯罪」市川染五郎 2話「忙しすぎる殺人者」真田広之 3話「古畑、風邪をひく」松村達雄
  4話「アリバイの死角」大地真央 5話「古い友人に会う」津川雅彦 6話「絶対音感殺人事件」市村正親 7話「哀しき完全犯罪」田中美佐子
  8話「完全すぎた殺人」福山雅治 9話「雲の中の死」玉置浩二 10、11話「最後の事件」江口洋介 SP「すべては閣下の仕業」松本幸四郎
  ファイナル犯人 1話「今、甦る死」藤原竜也/石坂浩二 2話「フェアな殺人者」イチロー 3話「ラスト・ダンス」松嶋菜々子 
  最初の一言 : 「犬を飼ってる人に一言・・」  田村正和には「刑事ドラマはやらない」というポリシーがあった為最初は断られていたのだが
  にも関らず 脚本家:三谷が田村に台本を強制送った 呼んだ田村がその脚本が超面白かった為引き受けた
95’まだ恋は始らない 脚本:岡田恵和 P:亀山千広/杉尾敦弘 演出:鈴木雅之/中江功/臼井裕詞/石坂里重子 ・「・」
  SMAP草g剛(当時21歳)のフジテレビ初登場ドラマ 役は小泉今日子と坂井真紀姉妹の営む花屋の店員役
95’SMAPのがんばりましょう 脚本:飯島早苗 P:栗原美和子 演出:本間欧彦 ・「・」
  毎週1回 深夜11:30頃からの放送枠10分のドラマで放送 埋蔵金を探す男達の物語
  これはフジに於いてSMAP全員(森も含め6人)出演ドラマの初である
97’踊る大捜査線 脚本:君塚良一 P:亀山千広/東海林秀文 演出:本広克行/澤田鎌作
  出演:織田裕二(当時29歳)/いかりや長介(当時65歳)/柳葉敏郎(当時36歳)/ユースケ・サンタマリア(当時25歳)/深津理絵
  緑色のミリタリーコートは織田が持ち込み 室井役が苦痛だった柳葉は殉職を希望したのだが妻に格好良いと言われ気を換えた
  真下役がなかなか決まらず 偶然TVで見たコメディアンをオーディションに呼んだら憂かったつもりになっているユースケをを一応決めた
  駄目だったら途中で殉職させればいいや位の載りだったそう・・
  98’映画 踊る大捜査線 THE MOVIE 脚本:君塚良一 監督:本広克行
  03’映画 踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ! 脚本:君塚良一 監督:本広克行
  05’映画 容疑者 室井慎次 脚本・監督:君塚良一
  05’映画 公証人 真下正義 原案:君塚良一 脚本:十川誠志 監督:本広克行
97’Beachboys 脚本:岡田恵和 P:亀山千広/高井一郎 演出:石坂里江子/澤田鎌作/木村達昭
  出演:反町隆史(当時23歳)/竹野内豊(当時26歳)/広末涼子(当時17歳)/マイク真木  コンセプト 女性監督 女性目線 8割ハダカ
97’僕が僕であるために 静岡県大会の駅伝で一丸となって走りぬき見事優勝し絆を深めるというストーリー 青春ドラマSP枠でSMAP全員出演
98’~02’ショムニ 現作:安田弘之 脚本:高橋留美/橋本裕志 P:船津浩一/小林裕幸/宮本里江子 演出:鈴木雅之/土方政人/平野眞/徳市敏之
  出演:江角マキコ(当時31歳)/他5人  コンセプト案に煮詰まっていたスタッフの一言「制服のスカートの丈を膝上にしよう」
98’眠れる森 脚本:野沢尚 P:喜多麗子 演出:中江功/澤田鎌作
  出演:木村拓哉(当時25歳)/中山美穂(当時28歳)/陣内孝則(当時40歳)/仲村トオル/ユースケ・サンタマリア
  オープニングのタイトルバックで犯人が判るという・・ 主な6人の出演者の中で真犯人の仲村トオルのみ黒ずくめの衣裳を着ているというのだ・・
98’ブラザーズ 脚本:金子ありさ/橋部敦子 P:栗原美和子 演出:澤田鎌作/永山耕三/水田成英
  出演:中居正広(当時25歳)/木村佳乃(当時21歳)/岸谷五朗(当時33歳)  ナイナイの岡村が友情出演 ふざけた警官を怒る中居
00’やまとなでしこ 脚本:中園ミホ/相沢友子 P:岩田祐二 演出:若松節郎/平野眞
  出演:松嶋菜々子(当時27歳)/堤真一(当時36歳)  若松監督の「月9はキラキラしてなきゃダメだ!」から 何も無いところへキラキラの電飾を
  散りばめ キラキラの柱 キラキラの観覧車 キラキラの芝生 が誕生する・・(笑)
01’HERO 脚本:大竹研/福田靖/田辺満/秦健日子 P:石原隆/和田行 演出:鈴木雅之/平野眞/加門幾生/澤田鎌作
  出演:木村拓哉(当時28歳)/松たか子(当時23歳)  台本に無いアドリブが実は随所に散りばめられている
  06’HERO SP 犯人:中井貴一  07’映画 HERO 脚本:福田靖 監督:鈴木雅之
03’WATER BOYS 04’WATER BOYS2  01’映画 ウォーターボーイズ 脚本・監督:矢口史靖
  原作:矢口史靖 脚本:橋本裕志/中谷まゆみ P:船津浩一/柳川由紀子 演出:佐藤祐市/村上正典/高橋伸之/吉田使憲
  出演:妻夫木聡(当時20歳)/玉木宏(当時21歳)/瑛太(当時20歳)/山田孝之(当時19歳)森山未來(当時19歳)/小池徹平(当時18歳)
  市原隼人(当時17歳)/石原さとみ(当時17歳)/鈴木えみ(当時19歳)
  ラスト名物の櫓 映画では3段 ドラマ第1弾では4段 第2弾では5段に挑戦するも本番まで全く成功しなかった 8回目?のトライで成功!!
03’Dr.コトー診療所 原作:山田貴敏 脚本:吉田紀子 P:土屋健 演出:中江功/平小林和宏/平井秀樹
  出演:吉岡秀隆/芝咲コウ/泉谷しげる/時任三郎/大塚寧々/筧利夫/小林薫  島民への迷惑で苦情が出るも第1話の上映会で和解
03’僕の生きる道 脚本:橋部敦子 P:岩田祐二/重松圭一 演出:佐藤祐市/星譲/三宅喜重 SMAP「世界にひとつだけの花」
  出演:草g剛(当時28歳)/矢田亜希子(当時24歳) 余命1年のテーマをもとに3ヶ月で10kg減量 死ぬシーンを撮る日はインフルエンザに
  掛かりボロボロ しかし 3日後「笑っていいともSP」での物真似 氷川きよしのズンドコ節を練習する草gを見てスタッフはア然としたと言う(笑)
03’~04’白い巨塔 原作:山崎豊子 脚本:井上由美子 P:高橋萬彦/川上一夫 演出:西谷弘/河野圭太/村上正典/岩田和行
  出演:唐沢寿明(当時40歳)/江口洋介(当時35歳) ドイツ:アウシュビッツでの撮影許可が降りたのは史上初! ポーランドでの手術シーン撮影
  ポーランドへ向かう飛行機の中 12時間も本物の手術を撮影したDVDを見ていた 手術シーンは全て唐沢本人が演じきった
04’プライド 脚本:野島伸司 P:杉尾敦弘/牧野正 演出:中江功/澤田鎌作/平井秀樹 クイーン「・」
  出演:木村拓哉(当時31歳)/竹内結子(当時23歳)/坂口憲二/中越典子/佐藤隆太/MEGUMI/石田ゆり子/市川染五郎/佐藤浩市
  アイスホッケー初心者の木村は氷の上に立つのがやっと・・ アイスホッケーがプロ並に上手くやる気満々の背格好の似た代役クリス(当時19歳)
  を起用するも撮影初日ホームシックでカナダへ帰ってしまった!仕方なく木村自身で滑る事になる・・ ちなみに竹内も頑張って滑れるようになった
05’電車男 原作:中野独人 脚本:武藤将吾 P:若松央樹/川西琢 演出:武内英樹/西浦正記 サンボマスター「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」
  出演:伊藤淳史/伊東美咲  オープニングのタイトルバックにはかなり力を入れており 制作費は3,000万円!
  その中に登場するアニメキャラクター:ミーナは伊東美咲がモデル 放送終了後 07’1〜3「月面兎兵器ミーナ」としてアニメ放送される
06’西遊記 脚本:坂元裕二 P:鈴木吉弘/澤田鎌作 演出:澤田鎌作/成田岳/加藤裕将/高木健太郎
  出演:香取新伍(当時28歳)/深津絵里(当時32歳)/内村/伊藤  CGを酷使 ラストシーンは雨 それを晴天に
07’花ざかりの君たちへ イケメン♂パラダイス 原作:中条比紗 脚本:武藤将吾 P:森安彩 演出:松田秀知/都築淳一/佐藤源太 大塚愛「PEACH」
  出演:堀北真希(当時18歳)/小栗旬(当時24歳)/生田斗真(当時22歳)/水嶋ヒロ(当時22歳)  なんでも有り やった者勝ち の現場だった


フジテレビ映画 ★映画の裏話
69’御用金 監督:五社英雄 脚本:五社英雄/田坂啓 出演:仲代達矢(当時37歳)/丹波哲郎(当時47歳)/中村錦之助(当時37歳)
  フジテレビ映画第1作目 夢の3大スター共演時代劇 当時五社英雄監督はフジテレビ社員だった
83’南極物語 監督:蔵原推潤@脚本:野上龍雄/佐治乾/石堂淑朗/蔵原推潤@出演:高倉健(当時52歳)/渡瀬恒彦(当時38歳)/タロ/ジロ
84’瀬戸内少年野球団 監督:篠田正浩 脚本:田村孟 原作:阿久悠 出演:夏目雅子(当時26歳)
85’ビルマの竪琴 監督:市川崑 脚本:和田夏十 原作:竹山道雄
  出演:中井貴一(当時23歳)/石坂浩二(当時43歳)/川谷拓三(当時43歳)/小林稔侍(当時42歳)
86’子猫物語 監督・脚本:畑正憲 協力監督:市川崑 出演:チャトラン(子猫) 配給収入54億円を記録する大ヒット作となる
  その収入のお蔭でフジテレビは取材用ヘリコプターを購入!感謝の念を込めてそのヘリにチャトランと名付けた!(笑)
87’私をスキーに連れてって 監督:馬場康夫 脚本:一色伸幸 原作:ホイチョイ・プロダクション 松任谷由美「恋人がサンタクロース」
  出演:原田知世(当時20歳)/三上博史 時はバブル絶世期 ユーミンの曲と共に大ヒット 空前のスキーブーム到来!
98’踊る大捜査線 THE MOVIE 脚本:君塚良一 監督:本広克行
01’ウォーターボーイズ 脚本・監督:矢口史靖
03’踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ! 脚本:君塚良一 監督:本広克行
05’容疑者 室井慎次 脚本・監督:君塚良一
05’公証人 真下正義 原案:君塚良一 脚本:十川誠志 監督:本広克行
06’THE 有頂天ホテル 監督・脚本:三谷幸喜 出演:香取慎吾/役所広司/伊東四朗/唐沢寿明/佐藤浩市/篠原涼子/西田敏行
06’海猿 監督:羽住英一郎 脚本:塩田靖 原作:佐藤秀峰 出演:伊藤英明/加藤あい この映画の大ヒットで海上保安官志願者が急増!
07’HERO 脚本:福田靖 監督:鈴木雅之
08’容疑者Xの献身 監督:西谷弘 脚本:塩田靖 原作:東野圭吾 出演:福山雅治/堤真一/柴崎コウ/松雪泰子 観客動員数380万人を突破!


戻る




BACK
(TOP以外からお越しの方だけTOPへ)