小鳥笛を作ろう! ウインドウを閉じるときは右上の閉じるボタン
■材 料
 竹(直径2cmから3cm) ここでは黒竹を使いました。

■道 具
 ノコ、ナイフ、クラフトナイフ(ペンタイプ)、木工用ボンド(速乾性)、
 三つ目歯ギリ、剪定バサミ、サンドペーパー(あれば仕上げに)

■作り方
  @材料の竹を写真のように、それぞれのパーツにノコで切ろう。

  A胴体になる部分の竹をナイフで写真のように削って、キリを
   使って穴を開けよう。
  (できるだけ丸く、クラフトナイフで形を整える)

  Bくちばしになる枝先を剪定バサミで作り、目玉になる部分の
   細い竹を用意して頭の部分とボンドで接着する。

  C吹き口となる竹の先を約30度にカットし、胴体の穴の開いた
   部分にボンドで接着する。(反対側も少しカットする)

  D2つ割りにした竹を使って、羽のパーツをナイフで削って作る。

  E置けるように台を作るため、2つ割りにした竹の真ん中を丸く
   削り、 ボンドで胴体と接着する。

  Fボンドが乾くまで固定してできあがり。


【アドバイス】
 ※吹き口の位置と角度が、いい音が出るかどうかのポイントです。
 ※パーツの細かな加工は、クラフトナイフが便利です。
 ※接着するパーツの隙間をなくすように削り、接着する。




 道具(ノコ・きり・ナイフ・選定ハサミ・
  クラフトナイフ・木工用ボンド)


 胴体・羽・台・頭・吹き口・目・くちばし

   胴体@⇒胴体A⇒胴体B

    吹き口と頭部の接着

     羽と台を接着して完成!