N

M

L

K
J
I
H
G
F

E

D

C

B

A

@

【岩屋公園の説明】
 西暦547年 宝珠石(「星の玉」とも呼ばれている)が岩屋に飛来したと伝えられています。
大きな光(権現岩)の懐に包まれ、宝珠石は、御神体として岩屋神社に祀られ、延々と今日まで
村人の心のふるさととして受け継がれています。
 宝珠とは、仏教用語で「何でも願いが叶う不思議な宝石」といわれています。
 岩屋公園内は、岩屋神社を中心に、彦山山岳修行の第3窟として重要な修行場でありました。
鎌倉時代の記録には、「行者は、必ず岩屋神社の宝珠石に祈らなければならない」と書かれています。

 岩めぐりでは、岩屋公園の奇岩群を訪ね歩き、行者の修行の跡を偲ぶことができます。
 岩屋の奇岩群は、昭和35年8月5日 福岡県天然記念物に指定されています。

岩屋公園岩めぐりのお問い合わせは、東峰村役場企画振興課へ
電話:0946-74-2311 

2007年9月16日(日)、東峰村岩屋公園で岩めぐりウォーキングが開催されました。
下の散策マップの番号をクリックすると、岩めぐりの見どころを写真と解説で紹介します。

岩屋公園岩めぐり