The World of Marklin HO (and N) railroad models

Presented by T.Shimizu from Japan.

Originally since 28th/July/2002

You are the visitor #

since Dec/2010

and

until Dec/2010 from July/2002

e-mail : tohrus2010 atmark xg8.so-net.ne.jp (replace 'atmark' by @)

North-American N-scale layout with my original signaling system


English pages

Union Kingdom Railway Signaling System version for modelrailroad signaling system----- 2012/Sept new

My North-American N-scale layout with an signaling system (the embedded signal rule is 2009 version. Now the signal rule has been modified. )

How to assemble North-American signaling systems --- Download softwares have been updated. ----- (2012/8, largely modified as below)

BNSF and CSXT versions were newly added in addition to UPRR and CROR. Also, UPRR and CROR versions were updated for few software bugs.

Homdemade stationary decoder for NMRA-DCC format. DCC address space was extended. ----- (2010/2/4)


Japanese pages


お知らせ、更新情報 

信号区係員の鉄道模型 掲示板へ(連絡事項、活動報告など)

-------------------------------------------------------

Type-A,-B基板頒布(第一次)は終了しました。第二次は未定です。----- (2014/9/20)〈p〉

「Type-A、-B基板の接続事例」などをアップしました。 ----- (2014/9/9)

「頒布用Type-B基板の組み立て方」をアップしました。 ----- (2014/8/23)

「頒布用type-A基板の組み立て方」のページは上リンクに引っ越しました----- (2014/6/24)

信号機制御回路の日本版Type-Aグループ1用HEXコードを少し修正しました。利便性を考えて、デフォルト(SW1-1=Off,SW1-2=Off)の連動パターンを6灯式から3灯式へ変更。 ----- (2014/8/29)

こちら(jpn-signal-a43.HEX)をダウンロードしてください。----- (2014/8/29)


グループ-1
SW1-1,SW1-2(修正後の基板上のジャンパ線の状態)
ON,   ON,   6灯式 for R=>Y=>YG=>G=>GG
Off,  ON,   5灯式 for R=>YY=>Y=>YG=>G 
On,   Off,  4灯式 for R=>Y=>YG=>FYG=>G
Off,  Off,  3灯式 for R=>Y=>G
追記:お勧めの注文リスト(2014/6/25th):

仕掛けや回路が複雑でどう注文していいのかわからない方のために、お試し用のリストを作ってみました。 これでエンドレス上に6閉塞をつくり、日本型の5灯式やGG6灯式の現示連動がフルに再現できます。

Type-A基板------5枚 = 2500円

PIC16F648A(下記のプログラム書き込み処理済)-----5式(基板数と同じにする) = 3000円

Type-A完成基板------1枚 = 2200円

信号機基板------1枚 = 1900円

PICプログラムは「信号機制御用PIC16F648Aごと」に日本型ならグループ‐1またはグループ‐2を選びます。 Type-A基板上のジャンパ線の着脱により各グループ内の以下の4つの連動パターンのひとつを指定します。 なお、FYGはYG点滅現示です。

グループ-1
 5灯式 for R=>YY=>Y=>YG=>G 
 4灯式 for R=>Y=>YG=>FYG=>G
 3灯式 for R=>Y=>G
 6灯式 for R=>Y=>YG=>G=>GG

グループ-2
 5灯式 for R=>YY=>Y=>YG=>FYG=>G 
 4灯式 for R=>YY=>Y=>G
 6灯式 for R=>Y=>YG=>FYG=>G=>GG
 4灯式 for R=>Y=>YG=>G
以上、2014/June/25th記



Type-A基板と信号機用基板の受注告知(2014/6/24th)-----一次頒布は2014/9終了しました。二次頒布は時期未定。

注文品リスト:

Type-A基板一枚500円

プログラム書き込み済PIC16F648A一式 540円

(Type-A基板一枚分です。一枚に3個取り付けます。内訳は、信号機制御用2個とDCCデコーダ用1個、なお信号機制御用は複数のプログラム用意していますので、ご希望の信号機タイプを指定してください。日本型は2種類あります。詳しくは以下リンクの「日本型の信号制御回路の製作」のページ参照。または、指定の仕方が分からない方はメールでお問い合わせください。)


Type-A完成基板一枚2200円(メイン(マスター)基板として完成状態です。ただし、Type-A基板を5枚以上注文していただいた方に一枚だけ)

信号機用基板(11機分)一枚 1900円

信号機用基板(10機分、GG6灯式ひとつを除く)一枚 1700円(注、こちらは数に限りがあります。先着順です。)

送料も実費です。郵パック510円を想定していますが、ご希望がありましたらできるだけ対応します。

組み立て説明書は上記リンクよりダウンロードしてください。 上記以外に、組み立てに必要な材料は秋葉原や日本橋ですべてそろいます。 部品代は基板一枚あたり1500-1700円程度です。 Type-A完成基板はDC5V電源とDCCコマンドステーションを接続すればすぐに動作しますが、 その動作を確認するには、信号機(基板)を組み立てる必要があります。


北米Nレイアウトの設定ファイルを公開します。信号制御回路、DCC簡易コントローラとの連携の 設定、両渡りポイントの交差経路の運行設定も含む具定例です。---- 2014/1/27

Download of my RRandCo Ver.8 yrw-setup file ----- (2014/1/27)

Download of my RRandCo Ver.8 yrs-setup file ----- (2014/1/27)

Download of my RRandCo Ver.8 yrr-setup file ----- (2014/1/27)

信号機制御回路の新回路type-AsRt -AsLtの作り方。DCCデコーダで日本型5現示を直接制御するタイプ。 つまり、信号機制御専用デコーダ。 ----- (2013/6/30)

DCC簡易コントローラ回路のページ各部を修正、更新。さらに、量産版の作り方(暫定版)と使い方の説明資料を追加 ----- (2013/6/22)

InputUnit3回路図(図4-1改,4-2改)のPIC16F877AのRD4ーRD7の配線が逆順でした。上リンクのページを修正しました。 -----2013/6/1

パソコン自動運転ソフトRailroad and Company V7 使い方 (フリーソフトRocrailの使い方2を更新) ----- 2013/3/30

Union Kingdom Rwy : イギリスの鉄道信号機と信号機制御回路用ソフト公開 ----- 2012/Sept new !!!

DCCコントローラ回路の補足(トラブルシューティング)  --- Additional technical information of DCC Loconet control unit ----- (2012/8, recovered from disconnection)

DCCコントローラ回路InputUnit3と信号制御回路の連携の事例  --- How to use DCC Loconet control unit for signaling system. ----- (2011/7, recovered from disconnection)

DCCモニター回路の製作、PIC用ソフトウエアも公開 --- DCC Loconet monitor unit. Download softwares have been updated. ----- (2011/7)

日本型の信号制御回路の製作、PIC用ソフトウエアも公開 --- still under construction. Japanese version Download softwares have been updated. ----- (2010/6/1)

2010/2/4 --- NMRA-DCC アクセサリーデコーダのバージョンアップ(設定可能なDCCアドレスを拡張。しかもハードウエアは以前のままでも可)

2007/5/29 --- 「実物の信号機のはなし」瀬戸大橋線をアップ





目次 


鉄道模型のパソコン自動運転(古い資料) 英語版のみ

パソコン自動運転ソフトRailroad and Company V7 使い方 ----- 2013/Feb

Miscellaneous tips for HO and N scale models--- ゲージ問わず雑多な情報 、ただし一部リンク欠落したまま。

---- ムービー(様々なレイアウト、走行シーンなど)

---- パソコン使わない自動運転装置 (Viessmann5214)

---- 車載ビデオカメラ (RF-System)

---- Trix HO, Roco HO, Kato HO のAC3線式改造

---- HOゲージのDCCリモート解放カプラー (Roco, Krois, Marklin)

---- Faller Car System ---- (New!!!)

---- リモコンのいろいろ,MicroAce RC set, Digitrax DT400IR, OakTreeSystem HH-1




Link page