クリスマス夕食会

平成30年1月

ホームでは12/25にクリスマス夕食会を行い、都合で一人不参加でしたが皆でいつもと違う料理を楽しみました。この日を楽しみにしている方もいますが今年入居したSさんとNさんは初めてになります。

ベビーリーフのシーザーサラダは世話人が作りカリカリベーコンにクルトン、温玉をトッピングしました。フライドポテトはサテライトのSさんが手伝ってくれて程よい揚げ加減に仕上げてくれ、他にもスープにピザもあり、今日はソフトドリンクもOKとのことでコーラとオレンジジュースも用意しました。またメインのレッグチキンは一人分が大きく食べごたえもあり皆おいしそうにかぶりついていました。ピザとポテトもよくおかわりし、最後のデザートのケーキは苺ショート、チョコレート、モンブランなど6種のショートケーキの詰め合わせの中から各自が好きなものを選んでいただきました。

年に1回のクリスマスの夜、おいしい食事と共に楽しい夕食会となりました。

年末年始の様子

平成30年1月

例年なら年末年始のホームは年越しそばやおせちにお雑煮を食べて新しい年を迎えることが多いのですが、今回は入居者さんが実家等に帰省される方が多かったので、いつもに比べると静かな年を迎えました。

年末年始どんなふうに過ごされたのか聞いてみました。「念願の東京ディズニーランドに家族で行ってきた」「のんびり過ごして毎年恒例の神社初詣にいきました」「近所の商店街の初売り出しで洋服買った」「寒いから家で過ごしてた」等々思い思いに過ごされ、無事戻ってこられて新しい年のホームでの生活が始まりました。

昨年はインフルエンザに一度に3人もの人が罹ったことがあって大変でした。共同生活のホームではどうしても飛沫感染しやすいこともあるので、とにかく今年も予防に十分に努めようとみんなと話しをしています。元気にこの冬を過ごしていきたいと思います。

年末大掃除

平成29年12月

ホームでは12月9日(土)、10日(日)に毎年恒例の年末大掃除を行いました。9日はサテライトのSさんと一緒に行い、世話人と分担して掃除しました。この夏に移ったのでSさんにとってはサテライトでは初めての大掃除です。カーテンも外し洗濯を行い玄関など汚れがこびりついている所は洗剤を使って汚れを落としていきます。Sさんも担当したトイレ浴室、居室を時間かけ丁寧に掃除しました。翌10日は10月にホームに入居したSさんと大掃除。入居して初めての大掃除でしたが居室と皆が使う共有部分を一緒に掃除しました。共有部分はテーブルと椅子を拭き、カーテンは洗濯を行い、汚れの目立った窓とサッシ、玄関靴箱は念入りに掃除しました。Sさんもよく動き根気強く行っていました。掃除は大変ですが終わった後はすがすがしく気持ちがいいものです。今回一緒に行ったSさん2人ともしっかり取り組んでくれ本当にお疲れ様でした。まだこれから大掃除の入居者さんもいます。すがすがしい気持ちを味わって新しい年を迎えましょうね!

一人夕食会 ~ ごちそう健康三彩セットの巻 ~

平成29年12月

ホームでは12/10(日)から12/15(金)まで一人夕食会を行いました。今回は「ごちそう健康三彩セット」という冷凍食品を使いました。この冷凍食品は1回の食事で「主菜1品+副菜2品=計3品」を一緒に食べるセットものです。今回はその日の当番の人が、野菜2品入りの味噌汁(またはスープ)を作り、この冷食3品以外を加えて一人夕食会のメニューとなりました。この3品のメニューが、例えば「ほっけ加賀焼き、五目入り卵、里芋の煮ころがし」とか「さば味噌煮、枝豆入りおから、こんにゃくとごぼうのきんぴら」なんていう感じの健康的なメニューが10種類もあり、なんと3品の平均カロリーは247㎉です!冷食なので、湯煎するかレンジで温めるだけなのでお手軽です。この冷食を取り入れたのは、バランスの良いメニューを体験してもらえたらということと、将来の一人暮らした時に配食サービスを頼むこともあるかもしれません。その配食のメニューのイメージに近いものを体験してもらえたらというのがありました。健康な毎日を送るためには、バランスのとれた食生活を続けることは大事な事ですが、なかなか自分で作ったり考えたりすることは難しいです。たまには楽にできる健康食を味わうのもよい体験になるかと思います。ただちょっと量が少なめなので、若者の入居者さんには物足りない量かなと思いますが、味噌汁とご飯を多めにするとちょうどいいくらいになるかなという感じでした。当番の人の作る味噌汁は好評でした。

ご近所さんとハロウィン楽しみました

平成29年11月

昨年に引き続き今年も、ご近所さんの「産後サポネットinあらかわ」さんのハロウィンに参加しました。かわいいベビーちゃんとお母さん達が思い思いの服装を着て待っていてくれました。その日はデイケアがお休みで、ホームにいた入居者さんと一緒にお菓子を配りました。 サポネットのスタッフさん達も素晴らしいコスプレで気合が入っているので、私たちも工夫しなきゃと思っていましたが、準備が間に合わず何かあるもので工夫するしかないなと思っていたら、なんと入居者さんのその日の洋服がまさにコスプレ?を思わせるアニマル柄の服を着ていたのでビックリでした!「この日の為に考えてくれたの?」と聞くと、偶然だったということでしたが…今日の日にはバッチリでした!ここまできたらさらに顔にシールを貼り、かわいいカチューシャをつけたり、面白マスクをつけ、ベビーちゃん達の前に登場していきました。反応を心配してましが、ベビーちゃん達怖がることなく受け入れてもらえ、ホッとしました。 ここ最近日本でもハロウィンの盛り上がりっていて、顔に血糊を塗ったゾンビや魔女、アニメのキャラクターに扮した若者が繁華街に繰り出し、各地で行われた華やかな仮装パレードが練り歩く沿道は数万人の見物客であふれかえっているくらいです。荒川の街でも、年々盛り上がりが出てきているようです。ご近所のかわいいベビーちゃんとの交流に、ひと時癒された入居者さんと職員でした。

一人夕食会 

平成29年11月

ホームでは11/12(日)から11/17(金)まで一人夕食会を行いました。今回のテーマは野菜料理。当番の人と世話人で一緒に2人分を作ります。日曜当番のSさんとはもやしをたっぷり使った豚肉もやし炒めを作り焼き肉のたれで味付けしたので少し甘めにおいしくできあがりました。どんな野菜を選ぶのかその人の好みも出るので一緒にメニューを考えるのも楽しいものです。月曜当番のKさんとは麻婆ナス。Kさんが好きなメニューで普段の夕食会でもよく作るので今回も手際よく手早く上手に作っていました。その日の当番以外の人は各自決められた予算内で自分の分を準備しますが皆さん一人夕食会を始めてだいぶ経つので栄養も考えバランスよく予算内でやりくりしていました。料理好きのSさんは月曜の献立にあんかけ焼きそばを作り見た目も綺麗に上手に仕上げいました。

交流会~くらしの知恵と節約術を学ぶ

平成29年10月

今回の交流会は、OBの方の参加は少なくて1名のみでしたが、皆さん目からうろこ状態の新情報を得て、驚きの声が飛び交う?交流会でした。「お金が貯まる節約術」を教えますね!

Q1:家庭で1番電気を消費するものは、テレビである→☓

消費するのは冷蔵庫、照明、テレビの順番です。


Q2:冷蔵庫の消費電力は、入っている量に関わらず同じである→☓

冷蔵庫は、送風ファンなどを使って冷気を広い庫内にまわしていますから詰め過ぎは、冷気がうまく循環しなくなり電気代が高いですね。でも、冷凍庫は逆で中がスカスカのほうが冷凍庫の構造上、非常に冷えた(-18度以下)氷の固まりのような状態なので、冷凍庫はすきまは少しだけ残してたくさん詰めておけという事のようです。


Q3:朝炊いたご飯、夜食べるまで炊飯器で保温するより、レンジで温め直す方が節約できる→◯

1膳分のご飯を冷凍してレンジ600ワット3分で電気代0.3円で保温を1日5時間すると6円かかりますし、保温していると、お米の水分が抜け、せっかくのご飯がパサパサご飯になってしまいます。


Q4:野菜の下ごしらえは電子レンジを使用したほうが節約になる→◯

もちろん、調理する頻度にもよりますが、一人暮らしの場合だと野菜をゆでる場合は、水からガスで沸かすよりも、さっと水洗いしてレンジで下ごしらえをしたほうが、ガス代、水代を使う事を考えると、レンジは1分0.1円なのでお得ですし、栄養分も保て、煮崩れ防止にもなります。

Q5:電気ポットを再沸騰させるのは消費電力が高いので、長時間でも保温状態にしておいた方がいい→☓

ケトルで沸かすと0.5円、鍋で1リットル沸かすと3円


Q6:お風呂を入れる時は、給湯器の湯をはるよりも、水から沸かしたほうがガス代が安い→☓

追い炊きは冷めた状態の水の温度によって、かかる金額が異なるため、夏と冬でもガス代が変わってきます。ただ、いちからお湯をはるよりも、水を使いまわして追い炊きするほうが、ガス代も水道代も節約できるというわけです。ちなみに、シャワーのガス代は、1分5.5円で、15分82円ほど、それに水道代を入れると15分67円で、1日15分のシャワーをすると年間54,385円支払っていることになり、電気代も合わせるともっとかかっているということです。給湯器は、お風呂1回沸かすのに70円~80円ほど明らかにお風呂を使用したほうが節約になります。

 

Q7:蛍光灯は短時間ならつけっぱなしの方が実は節電になる→〇

平均寿命1万時間の40Wの蛍光ランプの場合、1回の点滅で約30分寿命が短くなると言われています。一回点灯させる度に、蛍光ランプの寿命が短くなり、点灯するたびに0.1円かかります。1日に何回つけたり消したりするかにもよりますが、30分程度の外出ならつけたままの方がいいかもしれません。


Q8:エアコンは冷房より暖房の方が電気料金が安い→☓

1kw25円、6畳1時間冷房10円、暖房15円

このクイズを皆でやりましたが、全問正解者は一人もいなくて、半分以上正解の人もわずか。なかなか難しいというか、今まで知らなかったし、考えたこともなかったし、気にせず使っていて、節約してなかった事がたくさんあることを知りました。皆もびっくりでしたね。


節約したお金を大切なもの(物・人・事)に使えるといいし、将来への不安を減らすために、お金を貯めることも大事なことですから。ただし、節約を意識しすぎるのではなく、節約生活を楽しめるようになれたらいいですね。今後のホームの光熱費の動きどうなるでしょうか…。

勉強会の後は、皆でたこ焼きパーティを楽しみ、知識もお腹もいっぱいになりました。

交流会①

交流会①

交流会①

夏の大掃除

平成29年9月

 今年の夏も、自分のお部屋と共有部分の大掃除を入居者と世話人とで手分けして行いました。
まずは、居室の掃除、掃除箇所はエアコン・窓・サッシ・扉・照明・カーテン洗いとなっています。
始めは、嫌な顔をしながら「掃除しなくてもきれいですよ!!」と話してましたが、いざ、雑巾で拭くと付いてくる汚れに思わず「汚れてるね~。」と苦笑い。

 照明カバーを外し、小虫の死骸に驚いたりとしていましたが、年に3回も行っているので皆さん手慣れたもので、手際よくこなしてました。
続いては、共有部分の掃除です。
今回は、いつもは5人で手分けして行う大掃除ですが、現在、ホームとらむの本体の方は2名の入居者となっているため、いつもより多くの場所を受け持って頂くことになりました。
Wさんが担当したのは、冷蔵庫・交流室(カーテン・座布団干しカバー洗い・窓・サッシ・テーブル・椅子)です。
まずは座布団カバーを取り外し、その間に冷蔵庫の中の棚を洗い、続いて、窓ふきと網戸拭き、テーブルに洗剤をかけて汚れが浮き出てくるのを待ちながら、椅子を拭き、終わるころには、真っ白だった雑巾が真っ黒に変色してました。
1時間以上はかかるかなと覚悟して取り掛かったのですが、作業時間は2人で50分程度で、すべて終わりました。
Kさんが担当したのは、靴箱・玄関・扉・草むしり・ゴミ箱洗いです。

 Kさんは2日に分けてお掃除を行いました。1日目は、靴箱と玄関と扉です。
おしゃれが好きな女性が多いため靴箱は靴でいっぱいでしたので、靴の出し入れが少し大変でしたが、ホウキで掃いてから雑巾で丁寧に拭き、玄関やドアも磨き上げました。
2日目は、ゴミ箱洗いと、草むしりです。

 暑い日だったので、水浴びがてらのゴミ箱洗いをし、ホームの周りの路地にうっそうと生えた雑草を世話人2人とKさんで1時間ほどかけて草むしりを行いました。
虫が苦手なKさんですが、時折、奇声をあげながらも黙々と頑張ってくれ、途中ガマガエルさんが出てくるハプニングもありましたが、70Lで5袋分を処理しました。
今夏も入居者さんたちの協力のおかげで、交流室も、ホーム周りの雑草もきれいになりました。また、年末よろしくお願いしますね。

防災の知識どれだけありますか?

平成29年8月

ホームとらむでは、定期的に防災・避難訓練を行っています。

皆さんは、行っていますか?この訓練は、施設にいるからだけではなく、単身生活をしていく上でも必要となってくると思います。

ただ、一人暮らししていると中々そういう気持ちにならないし、気持ちのどこかで「何とかなるよ。」とか「きっと大丈夫だよ。」と思ってしまいがちです

今回は、ホームとらむで実施した防災クイズ(三択問題)を一部載せてみますので、是非チャレンジしてみてください。

***防災の知識どれだけありますか?***

(地震編)
問題:家でテレビを見ている時に突然の揺れ!最初にとるべき行動は?

「A.廊下やテーブルの下など物が倒れてこない場所に逃げる」、「B.台所へ行き火元の確認をする」、「C.急いで家から飛び出して避難をする」

(火災編)
問題:日本の中で起きる火災の原因として一番多いのは?

「A.放火」、「B.たばこの不始末」「C.天ぷら油など料理中の引火」

(避難編)
問題:次のうちいちばん危険が迫っているのは?

「A.避難勧告」、「B.避難指示」、「C.避難準備情報」

防災・避難訓練

(答えと解説)
(地震編)答え:A
調理中であれば、火の確認第1になりますが、調理中は火元からまず離れてはいけませんよね。台所には食器棚などがあり、倒れてくる恐れもあります。揺れている中、急いで家から飛び出すのも上から何かが落ちてきたりするので危険です。揺れがおさまって、身の安全を確認してから行動するのがいいそうです。

(火災編)答え:A
意外な答えかもしれません。これは、自分ではどうにもならない事ですが、燃えるごみの日以外にゴミを出さない、家の周りに燃えやすいものを置かないとかで対策しておくことが必要ですね。

自分の出したゴミが原因で火事が起こる事を考えるとゾッとしますね。

(避難編)答え:B
避難指示とは、危険が迫っているので直ちに避難するように命令しているものです。
避難勧告とは、住民を安全な場所に移動するように促しているもの。
避難準備情報とは、避難するための準備をしてくださいと呼びかけているものです。
最近は、ニュースやテレビの緊急速報なんかで目にすることが多くなってますので覚えておくといいかもしれません。

いかがでしたでしょうか?この機会に「きっと、大丈夫だよ。」という考えを確かなものとなるように防災に関する知識を深めてみてはいかがでしょうか。

交流会「OB・OGに一人暮らしについて聞こう」

平成29年7月

 6/30の交流会はOB・OGに一人暮らしについて聞こうというテーマで行われました。

ホームの入居者は将来一人暮らしできるよう日々の生活で練習しているので現在一人暮らしをしている先輩達から話を聞けるのはとても有益です。

 今回はOGの2人のMさんと滞在型グループホームに移ったOさんが参加してくれ話をしてくれました。
どうやって部屋を見つけたか、引っ越しにいくらかかったか、部屋の広さはどれくらいか、食事はどうしているか、寂しいときはなどいろいろ話してくれました。

現在サテライトのSさんは一番一人暮らしに近いこともあり病気の時どうしているか入居者のKさんは月にかかる光熱費や食費はどれくらいか
それぞれ自分達の知りたいことを積極的に聞いていました。

直接話を聞けたことで入居者も一人暮らしのイメージが以前より掴めたと思います。

 夕食は高級ホテル横浜ロイヤルパークホテルのカレーでこれを楽しみにしていた方も多く皆さんおいしいと言って食べていました。
デザートのゼリーや水ようかんも頂き有意義な交流会となりました。

消防・避難訓練

平成29年7月

 ホームでは、7月の連休最終日に2種類の消火器(投げるタイプと噴射式タイプ)を使った消防訓練と避難場所の確認を行いました。

まずは、噴射式の消火器を使用する訓練です。

他の所でもやったことがあると話す入居者さんにリーダーさんになってもらい、世話人が見本を見せた後に順番に行いました。

 消火器の使い方を教えてもらった後に実践!!

「①ピンを抜いて、②ホースの先端をしっかり持って、③レバーを押す」という工程に少々戸惑った方もいましたが、
きちんと思い出して、しっかり使うことが出来ました。

 次の訓練は、お部屋に備え付けてある投げるタイプの消火器を模したペットボトルを的に向かって投げる練習です。

一発で的に当てることができた人もいましたが、的を絞って当てるのはコントロールや投げる力が必要なため、なかなか難しい様子でした。

 夕飯を取った後、散歩がてら避難することになる中学校と災害時の臨時の集合場所を確認し、帰りにスーパーでアイスを買って帰りました。

 もしもは、無いことが一番ですが、もしもの備えとして消火器の使い方や避難場所の確認しておくことが大事だと入居者の皆さんと再確認した1日でした。

消防・避難訓練① 消防・避難訓練②

入居者さんたちの引っ越し

平成29年6月

ホームとらむでは、5月の中頃から、6月末にかけて、滞在型グループホームに移動される方1名、単身生活へ移行される方1名、ホームとらむの共同生活から単身タイプのアパート型へ移動する方1名と3人の方が引っ越しされる事になりました。

ホームとらむは通過型グループホームなので、年に1回程度は引っ越し作業があるのですが、3人が同時期に重なるのは珍しいことです。
入居者さんも平日は作業所やお仕事に行っているので、週末や休みを利用し、世話人も業務の合間をぬって入居者さんと一緒に引っ越しの準備をすることになります。

引っ越しの準備は、荷造りだけではなく、引っ越し屋さんの手配や値引き交渉(入居者談:世話人さんが、びっくりするほど値引きます。)、物品の購入、電化製品の購入(入居者談:ここでも世話人さんの値引き交渉術に思わず笑ってしまいました。)
引っ越し日までは引っ越しの業者によっては段ボールをこちらで準備しなくてはいけないため、段ボールをお店に貰いに行ったり、段ボールの箱作りと同時に荷物の詰め作業まで入居者さんと一緒に行います。

箱詰め作業の時は、入居者の皆さんは「使うかもしれない」、という思いに翻弄されてしまい中々、荷造りが進まないことも、その時は「3泊くらいの旅行に行くと思って。」とアドバイス。
不用品の処分も「捨てるべきか、持って行くべきか」との思いとの戦いです。

入居者さんたちの引っ越し

いよいよ、引っ越し当日、引っ越し屋さんが来るまでに、当日までに使った荷物を急いでまとめ、引っ越し屋さんが新居に荷物を運び終わると同時に荷ほどき開始、
荷解きは、入居者さんと世話人2人の3人体制で次から次に段ボールを開けていきますので、3時間ほどで終わります。

見る間に、部屋らしくなったところで作業終了、終わるころには、普段持たない重さの荷物の上げ下げをしたり、移動させたりとするため、世話人も入居者もグッタリ(*´Д`)。

とりあえず、知力、体力共に忙しかった2か月でしたが、無事に新居へ移り、新生活を始めることができました。
3人の方、お疲れ様でした。ぜひ、新生活を楽しんで下さいね。

と、いうわけでホームとらむは只今、2室空いています。
入居待ちの方はいますが、お部屋を見られるこの機会に是非見学してみてはいかがでしょうか?

ご興味、ご関心のある方は、障害福祉課の方や、計画相談の担当者さん、もしくは、作業所のスタッフさんと相談してお越しください。

今年もありがとうございます。

平成29年6月

メロン

ある日、インターホンが鳴り、対応すると大家さんが大きな荷物を抱えてきてくれました。
箱を見るとメロン、開けると6個も!!

ホームでは毎年、この時期になると、いつもの夕食会がセレブな食卓となり、「今日は、夕食はいりません。」と話す入居者も「メロンあるけど?」というと「メロンは食べたい。」というほど。

毎日1個、また1個と食べていきましたが、日を追うごとに完熟となっていったため、最後は2玉を入居者と世話人とで、頂きました。

入居者と世話人ともども、大家さんに感謝です。本当にありがとうございました。

潮干狩り

平成29年5月

ホームでは4/16(日)に町会行事の潮干狩りに参加しました。

町会行事に参加するのは今回が初めてでしたが4名の入居者が参加してくれました。
町会合わせて100名以上が参加したので3台のバスに分乗し、午前10時に原中正門前を出発、千葉県木更津市の牛込海岸を目指します。

好天に恵まれ、途中少し混雑しましたが、11時過ぎには到着。

海の家「あさりや」で昼食・休憩をとった後、いよいよ潮干狩り。
めいめいクロックスやビーチサンダルに履き替え、ズボンの裾も捲り準備完了。
入浜券を提示して浜に入ります。

潮風が心地よく、足元をひんやり海水が浸します。
適当なところに場所を見つけ、各自腰をかがめ熊手で砂をかき分けあさりを探します。
早速見つけたSさんが「あったー」と声を響かせます。
来る前にはフナ虫がいるから私は見るだけといったKさんも気づいたら熱心にあさりを探しています。
世話人の市村さんはコツをつかんだのかどんどんあさりを取っていきます。

気づいたら皆さん潮干狩りに夢中であっという間に時間が過ぎました。
私たちのあさりは全員合わせてもそれほど多くなくあさり検量は重さを量るまでもなかったのですが、それでもみんなで食べるには十分な量でした。

ホームの皆さんにとっても春の楽しい一日となりました。

翌日の夕食会はあさりづくしの料理をおいしくいただいたそうです。

潮干狩り① 潮干狩り③ 潮干狩り②

ゴールデンウイークの大掃除

平成29年5月

今年も、入居者総出で4月の終わりから今回もやる場所を入居者さんで担当分けを行い、大掃除をしました。

私とSさんが担当した水回りの掃除では、洗濯機の防水パンを行うことになり、洗濯機をどけてみると、洗濯機の裏側や底にヘドロが付着し異臭を放って凄い事になっており、入居者さんも思わず悲鳴を上げてしまうほどの汚れでした。

その他を担当した入居者さんたちも、それぞれ世話人と2人体制でやっているのにも関わらず、1時間超えての作業でしたが、一生懸命頑張ってくれました。

貴重なゴールデンウィークに掃除の為に時間と力を貸してくれた入居者の皆さんお疲れ様でした。

また、汚れがたまった頃にお願いしますね。

3月の交流会~ティータイムを楽しむ~

平成29年4月

3/26に交流会を行い、今回は入居者の他にOGのMさん、ホームから支援を受けているMさんも参加してくれ皆でレアチーズとチョコレートのケーキを作りました。
作り方は簡単でレアチーズケーキはヨーグルトにレモンジャムを混ぜ、お湯で溶かした粉寒天とホーエイ(ヨーグルトにたまった水分で栄養分がたっぷりある)を加え更に混ぜたものを型に流し込み冷蔵庫で冷やすだけ。皆さんおいしくできるようよくかき混ぜていました。
チョコケーキは細かくした板チョコをホットケーキミックスと少量のマヨネーズ(生地にふわふわ感がでる)と豆腐を入れて混ぜたものに加え更に混ぜそれを 炊飯器で炊くだけ。炊飯器でケーキができるなんて不思議な感じがしますね。
ケーキができるまで少し時間がかかるのでその間、世話人の岡本さんから護身術を教わりました。もしかしたら一人暮らしをしている時、暴漢に襲われる時が あるかもしれません。そんな時の対処法を習いました。
意外だったのが鍵が役立つとの事で握りしめた拳の指の間から鍵先を出して突くと相手にダメージを与えられるとのこと。その時、相手の顔の鼻の下を狙うと 効果的とも教えてもらいました。
他にも両腕をガムテープで拘束された時の外し方や相手に両手を掴まれた時の撃退法など教わりました。
護身術講座が終わるころちょうどケーキも出来上がり、レアチーズケーキはよく冷えていて反対にチョコケーキの方は温かく豆腐も入っているのでヘルシーで、 どちらもおいしくいただき、日曜の午後のティータイムを楽しく過ごしました。

3月の交流会① 3月の交流会④ 3月の交流会③

ホームの世話人の仕事

平成29年3月

ある時、「世話人さんって事務所で何してるんですか?」と聞かれたので世話人の仕事について書いてみようと思います。
グループホームとは、障がいのある人が少人数で世話人などから生活や健康管理面でサポートを受けながら共同生活を営むところの事を言います。
ご存知の方もいると思いますが、世話人とは、グループホームにいる職員のことです。
基本的にグループホームの職員配置は原則1人勤務ですが、ホームとらむの場合は、6名の入居者さんに対し明るく元気な市村さん、天使の声で鋭い指摘をする岡本さん、優しく面白い河島さんの3人の職員(前置きは入居者談)が365日交代で勤務していますので、平日は2人が勤務している事が多いのが特徴で、勤務時間は常勤の職員は、10時~18時の中番と12時~20時の遅番、代替世話人(非常勤)は、16時~20時の2交代代替世話人(非常勤)は、16時~20時となっています。
平日の日中は入居者の皆さん、作業所に通所したり、病院のデイケアに通ったりされていますので、直接世話人のサポートを受けるのは帰宅後からとなり、それまで、世話人が事務所で何しているのかというと、

ホームの世話人の仕事②

  • ①お金の計算 運営費や夕食会費や共益費お金が正しく使われているかをレシートのチェックから始まり、伝票を書き、計算表に入力し、残金が正しいのかの確認。 個別の金銭管理の人の預り金のチェック。
  • ②関係機関との連絡調整 入居者さんや退去者さんの行政手続きや病院、不動産、ご家族との電話連絡や調整。交流会や勉強会等の講師の手配。新しい入居者の調整連絡。
  • ③処遇事務 個別支援計画の作成、個別支援計画に基づいた必要書類作成。支援記録の作成。
  • ④法人事務 法人の会計業務、広報の作成、トラムレターの原稿作成、編集。
  • ⑤報告書作成事務 職員の質や入居者対応能力の向上の為に、勉強会や研修に参加した報告書の作成、会議記録を作成。
  • ⑥共有部分の掃除や片付け、備品の手配
  • ⑦会議など

と、キリがないのですが、こんな感じで事務所にて仕事をしています。
毎日毎日、入居者さんの生活状況や様子が違うので時には残業をしながら業務を行うことも有りますが、これも入居者さんや退去者さんたちが安心して生活できる事を願いながら、世話人は今日も入居者や退去者のサポートの傍ら事務所にて頑張っております。
職員の動きは、目に見える物と見えないものがありますよね。皆さんも疑問に思ったら各施設の職員さんに聞いてみるのもいいかもしれません。きっと、誠意をもって答えてくれる事と思います。

一人暮らしスキルアップ

平成29年2月

1人分調理編
一人暮らしスキルアップ① 一人暮らしスキルアップ②  9月より新たに始まった1人分夕食会ですが、9月、10月はテーマを決めずに1人2500円で日、月、火、木、金の5日分の夕食の準備を、交流会で学んだ栄養学に基づいて主食、副食、主菜とバランスのとれた食事を目指し用意していきます。
買い物の仕方や嗜好も違う入居者ですが、100円ショップで食材をそろえる人、初めは贅沢して徐々に金欠になる人、自炊しながら上手に使う人とそれぞれでした。
以下の表が、9月の一人夕食会の皆さんのメニューですが、栄養バランスはもう少し工夫が必要な人もいますが、それでも皆さん限られた金額の中で上手に使っていました。
11月からは、冷凍食品、卵料理等テーマを決めてやっていますので、またの機会にご紹介します。

トイレ・お掃除当番編
一人暮らしスキルアップ① 一人暮らしスキルアップ②   同じく、一人暮らしスキルアップとしてトイレ掃除とお風呂掃除が加わりました。とらむは共同生活の場ですので、基本的に自分が使用した後は掃除をすることになっており、出来ているものと思い世話人は補助程度に手伝い、入居者の皆さんに任せていました。
しかし、皆さん見える汚れしか目に入らないようで、見えない汚れが蓄積され赤カビや黒カビとなっているという事が続き、「これは、掃除の仕方を知らないのでは?一人暮らしをしたらトイレやお風呂が凄いことになっているかも」と考え、開始する事になりました。
初めは、「どうやるの?」から始まった人もいましたが回数を重ねる毎に要領を覚え楽し気に掃除してくれています。 ホームでやったことが日々の生活の中で活かせるといいなと思いながら日々、世話人は頭を捻っています。


一人暮らしスキルアップ③

12月の交流会

平成29年1月

12月13日久しぶりに卒業生との交流会をしました。今回のテーマは、「新年に向けて今の自分の1日を見直して、規則正しい生活を送るための自分の理想の生活スケジュールを考えてみる」をテーマに行いました。

今の生活を書き出すと入居者さん、一人暮らしをしている卒業生さん共に、「難しいよ~。」と言いながらも、
「起床、就寝時間のズレから服薬の時間が遅れてしまう事」
「夜遅くまで起きていることで、就寝前にお腹が空き食べてしまう事で太ってしまう事」
「休みの日に昼間たっぷり寝てしまい、夜なかなか寝付けなくなっている事」
と反省点が見えてきたようで、理想のスケジュールにはそれぞれ、反省点を生かして書き込んでいました。次は、実践!!これがなかなか難しい…。なんですが、
「体調を崩したくない」、「ダイエットしたい」という目標に向かって、できる事から是非始めてみてくださいね。

勉強会の後は、今回の交流会の2大テーマご当地ラーメンの試食会。まだ、東京では未発売のものばかりで紙飛行機を飛ばして選ぶ順番を決め、いざ試食。中には
「選ぶの間違えた~。」と言う方もいましたが、概ね好評で
「美味しかった。」「あれも食べたかった~。」との意見もあり、久しぶりにワイワイガヤガヤと賑やかな交流会となりました。また、今回の交流会では卒業生の方が会場設営から片付けまで行ってくれました。ありがとうございました。また、次の交流会でもよろしくお願いします。

12月の交流会② 12月の交流会④

恒例の大掃除&年末年始の夕食会

平成29年1月

年の暮れとなると大掃除ですね。ホームでも12月に入ると「大掃除日程表」を張り出し、共有で使っている部分の掃除を入居者さん(本体部分の)5名で振り分けて行います。建物周りの草むしりもありますし、台所はかなり広いのでシンク周り、食器棚、冷蔵庫や電化製品、換気扇、エアコン、テーブルにイスにクッション、ゴミ箱も。
世話人と組んでだいたい1時間強はかかります。さらにその後には自分の居室も大掃除をします。自分の居室は窓、網戸、エアコン、照明、家具電化製品類、カーテン等。それに布団干しとシーツ洗もあります。全部で3時間近くはかかりますね。
途中休憩取る人もますし、ぶっ通しでやる人もいます。これだけやると結構みんなクタクタです。お疲れ様です。綺麗にしてくれてありがとうございます。

そして、12月のホームの夕食会はちょっと豪華になります。
クリスマスは、ケーキとチキン、チーズリゾットもしくはビーフシチューオムライス、年末は年越しそばとお稲荷さん、年始の1日はミニおせちとお雑煮、2日は外食で焼肉を食べに行き、3日は出前のお寿司をとっていただきました。暮に大家さんから頂いた美味しいりんごをデザートに食べながら(大家さんいつもお心遣いありがとうございます)年末年始のテレビ番組の話に花が咲いたり、帰省していた人のお土産話を聞いたりしながら、新しい年を無事に迎えました。  

恒例の大掃除&年末年始の夕食会① 恒例の大掃除&年末年始の夕食会② 恒例の大掃除&年末年始の夕食会③ 恒例の大掃除&年末年始の夕食会④