月は東に日は西に


略して『はにはに』なわけですが、オーガストっぽい作品だったかなと





シナリオA(85点)

ボリューム満点

1回目クリアするには結構時間がかかります

相変わらずぶっ飛んだシナリオで勝負をしかけてきてますが

オーガストっぽいとか、榊原さんのシナリオっぽいとか思える様になれば勝ちです(ぉ

まぁ、出来としてはラストの展開が急すぎるのと

世界設定がぶっ飛んでるのは、最早オーガストのお家芸だから言うこと無いし

それでも、グッと来るシーンはあったし、今までより良い出来な気がします

ただ、ちょっと萌えが減ってるような気がするのですが………

あとサブキャラが最後になると出てこなくなるのもな………

結構いい味出してるキャラがいるんだから、最後まで絡めて欲しかった………

でもまぁ、思ったより長く楽しめたし、おまけシナリオもちゃんとあったのでこの点数です。





グラフィックA(90点)

相変わらず萌ゆる絵

ただ、1人辺りの1枚絵の枚数が約16枚と、シナリオの長さには物足りない感じ

結構CGが欲しいと思うシーンもあったし………

立ち絵の種類はそれなり、背景はしっかりしてる、1枚絵のクオリティも高い

これでもう少し枚数があってくれれば、良かったのだが………

でもまぁ、今回はチビ絵に結構気合入ってたし

セピア色のCGも破壊力が高かったから問題はなし。





ミュージックA(80点)

OP曲は結構好き

それ以外の曲は、普通と言うか………

悪くは無いけど、普通の学園物の曲って感じだやね

ただ、29番と31番は個人的にかなりお気に入り

意外と曲数は多いし、聞いてて不快になることも無いので

及第点かそれよりちょっと上くらいですかね。





総評A(90点)

相変わらずシステム面が充実してます

ただ、プレイ日記風レビューの方でも言っている通り

クイックロードと、選択肢選択後のスキップ継続が欲しかった………

それ以外はシステム面に問題はなし

なんつ〜か、最後の最後までオーガストっぽかったかなと………

1作目から非常に安定していて、買って損はしないけど

名作判定は出せないという、微妙な位置をキープしつつ、非常に萌える

安心して買えるという点では評価できるが

もう少し掘り下げれば、もっと面白い作品になるのが分かるだけにちと勿体無い………

だからといって、名作を作られるとオーガストっぽくないとか言いそうな気がするが

………難しいところですな(爆)

でもまぁ、相変わらずバグは無いし、全体的なクオリティも標準以上

絵が好きで、急展開についていける自信が有るなら買って良し、と(笑)

今回は、プレイ日記風の方で色々叫んでるんで叫びは無しってことで。


戻る