ショコラ


おぉ、掘り出し物って感じ?







シナリオA(85点)

ツインビームてシューティングゲームじゃないんだからさ(笑)

主人公が天然トラブル体質で、いい性格してるのが良いね

好きな映画ゴッドファーザーかよ

それでメイド喫茶の店長って、絶対何か裏があると思われるだろ(笑)

不動産屋さんが非常にいい人だ

この主人公を見てると、とらハ2の耕介を思い出すなぁ

あっちはリスティにしかばれてない(知佳も知ってるかも)けど

こっちは全員にばれてるがな(笑)

うわははははははははは!!

翠の固有ルート最初っから馬鹿すぎ!!(爆笑)

お前ら何やっとんねんマジで!!

でも翠にすげぇ萌える!!(爆死)

照れる翠が可愛いのなんのって!!(萌々)

萌えるついでに、笑もついてくるからたまったもんじゃないよ!!

このバカップルども!!(爆笑)

で、ギャグとは裏腹に状態は深刻なわけです

ここまで来るのに真子さんと、さやかをクリアしたわけなのだが

真子シナリオは主人公がヘタレすぎてあまり面白くなかったし

さやかシナリオは基本中の基本、まぁそう来てそう来るだろうなって感じ

それに対して翠は予想外と言うか………もう少しバラさんを絡ませてもいいんじゃないかと

うむ、最後は綺麗にまとめてくれたな

『お姉ちゃん』て単語に反応する翠にまた笑わされたが(爆)

突っ込みどころはそこじゃない

まったくだ(笑)

どう考えてもこれじゃあ、世界一怪しいメイド喫茶だ(爆笑)

主人公の周りはいい奴等ばっかやなぁ………

まったく、手の込んだことしやがってからに

萌え度MAX!!

最近はシスプリの影響か、安っぽい妹キャラが増えまくっていたが

やはり『義妹』はこうじゃないとあかんですよ!!(絶対に間違ってる)

なんか『私騙されてる、絶対騙されてるよぉ』とか言う声が聞こえてきそうな展開(笑)

………お前1ヶ月は溜め込みすぎ………体に悪いぞそれは(何)

いや、本当に主人公の周りはいい人間ばっかりだな

すずシナリオでは特にそれが顕著だ(いつの間にかチロルとすずをクリアしてる)

しかし、ラストの展開はそこらに氾濫してる義妹シナリオとは一線を画す展開だったな

チロルシナリオは、とあるキャラを攻略してから再プレイすれば

違うシナリオが出てくるんじゃないかと思わせるシナリオでしたね

攻略ページを見る限りだと、それは無いっぽいですが………

あぁ、主人公がドツボに嵌って………

つ〜か、むっちゃシリアスな場面のはずなのに、何故か笑ってしまう

完全に誤解してる主人公と、気付いてもらえたと思ってる香奈子さん

それから脇でみてる真子さんの構図が良い(笑)

滑稽なほどすれ違ってんなぁ………むしろ、香奈子さんキャラクター違いすぎ

あ〜………確かにそんなドラマあったなぁ………

生徒と先生が恋に落ちて最初のは心中

2回目のは最終回見て無いから分からんけど、多分死んでると思う………

なんちゅ〜不吉な話だをい(爆)

を〜う………美里ちゃんがすっげく可愛い!!

あぁん………美里ちゃん家の嫁に来ない?(ぉ

このゲームは特定のキャラと結ばれると、急激にバカップル化しますぁな(笑)

な〜んか、バラさんが裏でこそこそやってそうな予感

ぜ、ぜってぇファミリーて意味間違ってるよお前ら!!(爆笑)

マジでメイド喫茶がマフィア組織のように………

で!? 結局バラさん何者!?

話の展開がどうのこうのよりも、そっちの方が気になって仕方ないだけど!!

え〜と、香奈子及び美里クリアしました。

シナリオを総合的に見ると非常に良い

特に、色々と大暴走する天然トラブル体質の主人公が良すぎ

ギャグセンスが自分と完全にマッチしてて非常に笑えるし

シリアスなシーンもしっかりとあり、多少矛盾点もあったりするが

それでも十分良作の部類に入るかと

ただし、テキスト量はそう多く無い。





グラフィックA(85点)

なんか、立ち絵に違和感があるというか………

微妙にキャラの絵に違和感を感じたのだが

結局のところ寝て起きれば慣れるわけで

クオリティそのものは非常に良いので、問題なし

なんか、美里のえちぃ絡みの1枚絵が妙に力が入ってる気がするというか

激しく萌えるわけなのですよ

立ち絵のバリエーションもそれなり

1枚絵の枚数は少ない上に、殆どがえちぃシーンのもの

だが、テキスト量が少ないので、あまり枚数が無いようには感じられない。





ミュージックB(75点)

………CVが………非常に聞いたことある声なのだが………

聞いたことはあっても、名前が思い出せない………

特に、すず………もう喉元まで出掛かってるのに思い出せない………

滅茶苦茶聞き覚えのある声なのだが………うぅ〜ん………

………エンディングテロップで確認した結果、鷹月 さくらさんとのこと

マブラヴの純夏の中の人らしい………

なんか、みずいろの雪希の声優さんの声と似てるような………別人だよなぁ?

名前が違うだけで当人って可能性もそりゃああるんだけど………う〜む………

びみょ〜に違うような、それでいてびみょ〜に似てる………

そっか、喋り方が似てるから似た印象を受けるのかもな

ところで………拍手の音が何度聞いても拍手の音に聞こえないのです………

別に、拍手の音なんて大したものでも無いんだし、しっかりと用意せぇよ………

BGMの曲数は18曲、あまりコレといった曲は無いものの

不思議と耳に残る曲が多い。







総評A(85点)

なんか、世間ではシステムがクソとか言われてるんだけど………

自分には、何処が悪いのか分からないのですが(爆)

バックログはあるし………って、スキップの既読未読判定無しっすか………

この時代にそれはちときついが、世間様で酷い酷い言われるほどでは無いと思うのだが

ま、それはそれとして、総合的に見ると非常に良作。

戯画のゲームはぷちチェリーで外れを引いてるので

バルドシリーズ以外は買わないようにしていたのですが

たま〜にこういう良作を出す辺りが侮れない。

シナリオは平凡ながらも良く出来ていて

CGもしっかりとしている。

SEに多少不満はあるが、BGMは問題なし。

システム面も、バックログが多少短いのと、スキップの未読既読判別無し以外は問題なし

強いていうなれば、プレイ時間のわりに、テキスト量が少ない………

固有ルートに入っても、共通のシーンがあったりするし(選ばなければ出てこない)

シナリオがぶっつんぶっつん途切れて、喫茶店の仕事を溜めないように

店長室に引き篭もったりフロアにいる女の尻追いかけたりと

イベントは起きないのに、昔のゲームのように場所を指定してどこかに行かんとあかん

その点さえ何とかしていれば、90点にしてもよかったかと

まぁ、それでも十分やる価値はあります。

………でさぁ、結局バラさんって何者なんだろうね?(爆)


戻る