雪桜


うむ、良かった。







シナリオA(85点)

普通に良かったです。

多少、ヒロインが何で主人公を好きかの説明が足りなかったりするところもありますし

主人公がヘタレっぽく見えることがあるのですが

それでも、この手のゲームにありがちな、固有ルートに入ったら

主人公とヒロイン以外の人間は存在が消えてなくなるなんてことも無く

キャラクターが最後の最後までしっかり生きているのが非常に良かったです。

ただ、シナリオそのものは多少の感動要素はあるにはあるものの

昨今、巷で流行っている泣きだの鬱だのと言う展開はありません。

また〜りと話が進んで、ちょっと修羅場があって、それを解決して終わり。

それでもギャグセンスがなかなか良く、萌えもしっかりあります。

少々展開がありきたり過ぎる気もしますが、普通に恋愛ゲームするならこれくらいで十分。

長さはそこそこ、共通部分をスキップすると結構短くなります。

少々目に付いた矛盾点もありますが、そこまで悲惨なものではないので

評価を一気にダウンさせるほどのものでもないですし

自分としては、泣きだの鬱だのが無くても、十分楽しませていただきました。





グラフィックA(90点)

クオリティは並か並以上です。

1枚絵の枚数は12枚〜16枚、これだけ見ると少ないように感じますが

ギャグ系の絵がキャラとは別のその他で扱われているため

そっちにも、それなりの枚数があり、そこまで少ないとは感じません。

違和感を感じることもありますが、これはえちぃゲムだそんなもの気にするな(マテ

でもまぁ、正直少々気になる部分もありましたが、全てが全てというわけでもないので。

立ち絵は、結構種類があります。

問題点を上げるとすれば1つ、妙に顔が小さい気がする………

というか、気だけじゃなくて、確実に小さい………

原画さんの癖でしょうな、まぁそれ以外は特に問題なしと。

最後に背景。

しっかりと描きこまれてます、特に悪いところは見つかりません。

雪国だけあって画面が白いですが、漫画じゃあるまいし気にする必要も無いです。

まぁ、総じてクオリティが高いので問題なし。





ミュージックA(80点)

普通………(ぉ

OP曲と後1曲好きな曲はありますが

曲自体は特に良いわけでもなく、普通にえちぃゲムで流れてる曲って感じがします。

かといってクオリティが低いってわけでもないので

聞いてて苦痛になるとか、そういうことはありません。

それから、CVはみんな良いです。

特に下手な人もいないし、ミスマッチってわけでもなし。

個人的に沙紀のCVがエルの中の人だってので満足(爆)





総評A(85点)

個人的には大好き。

理由はシナリオの欄でも言っていますが

サブキャラたちが最後まで生き生きとしていて、役割があるからです。

それがしっかりしていて、後は最低限のクオリティがあれば、自分は良作判定を出します。

このゲームもその中の1つと言うと少々語弊がありますからしっかりと言っておきますが

別にCGと音楽のクオリティが低いわけでもありませんし

システム面もちゃんとしているので使いにくいわけでもありません。

よって、今回は多少個人的な主観も混じりつつも、良作です。

これでシナリオが練りこまれてれば名作になってました。

ただ、変に凝り過ぎるより、シンプルイズベストなのも悪くは無く

最近の鬱な展開の多いシナリオが好きだけど嫌になってきている自分としては

ハッピーエンドで終わってくれるゲームは大好きです。

誰にでも問答無用でお勧めするわけではありませんが

オレポケやねがいの魔法のような、まったりとシナリオが好きな人にはお勧めです。

ただし、泣きだの鬱だのを求める人にはお勧めできません。

お勧めキャラは沙紀と美咲………萌えますよ!?


戻る