とらいあんぐるハート1・2・3 DVD EDITION


いまさらだが、やっとプレイができた………んじゃ、最初に一言。

とらいあんぐるハートは永久に不滅です

では、主観だけで書いたレビューをどうぞ(をぃ





シナリオS(100点)

良かったとしか言いようが無い………

………何も言うことが無いというか、何を言っても無駄。

考えるな感じろ………

しかし、とらハを初めてプレイしたのは真一郎と同年代だったのに(マテ

気づいてみれば耕介の年齢を上回ってるんだよな………

随分と長い付き合いになったもんだ………

ちなみに、おまけシナリオはそれぞれさりげない複線が張られています

ノエルのノクトヴィジョンなんかは思わぬ複線だった。





グラフィックS(100点)

おまけシナリオにおいて、1の立ち絵は書き下ろされているが

それ以外はそのまんま、ただ本編に出てないキャラが新規に出てきた場合は書き下ろし。

なんつ〜か、文句のつけようが無いです。





ミュージックS(100点)

おまけシナリオ1のBGMについて

基本的にはおまけシナリオオリジナルだけど、ところどころ3の曲が流れたりする。

他のおまけシナリオについては変化なし

初代とらハのED曲が追加されているけど、それも問題なし。





総評S(100点)

これ単品で見ると、コストパフォーマンスが激しく良いです。

とらハ1,2,3とファンディスクのシナリオ2本+新規おまけシナリオ3本が入って

1万円ちょっと………正直言って、安すぎます。

とらハシリーズはアミューズメントディスクもあわせて、どれもこれもレベルが高いのですが

最後の最後に来て、これ以上無いとんでもないものを出しましたね。

内容を全く変えずにXPに対応させただけで

定価8800円のゲームを出すようなブランドに見習って欲しいものです。

んで、シリーズ全部を総合的に見て………

歳を取ったから涙もろくなってるってのもあるかもしれないけど

これほど、嬉しくて、悲しくて、切なくて涙を流したゲームはない。

俗に言う、泣きゲーとは違って、突飛な展開で泣かせるわけではなく

あくまで自然な展開で、気づいたら涙が流れている。

そして、とらハの代名詞『萌え』は語るまでもなく………

シナリオ、CG、音楽、どれをとっても良い。

自分の中ではこれ以下はあっても、これ以上は無い名作。

………なんか凄く短いレビューになってしまったけど

これ以上は何を書いても無駄と言うか………

兎に角、このとらいあんぐるハートというシリーズに出会わなければ

自分はえちぃゲムにここまでのめり込むこともなく

このHPが作られることも無かったと思う………

本当に、とらいあんぐるハートを作ってくれた皆様に感謝します。

最後に………























ロリコン漣紫音にはあるまじき行為かもしれませんが………

身長は伸びてないけど、ちょっとばかり大人っぽくなって髪を伸ばした

小鳥萌え!!

いや、まさかおまけシナリオ3で出てくるとは思ってなかったからびっくりですよ。

おまけシナリオ2で出てきたときは、2で出てきたときのCGだったし

3のは完全書き下ろしだからなぁ………

他のキャラも色々と出てきたし………ま、何にせよ思わぬところで萌えました(笑)


戻る