フォーチュンクッキー


思わぬところで………





シナリオA(80点)

大爆笑できるほどのギャグはないものの、まったりした感じが非常に良い。

あと、ちとネタバレだが着替え覗かれて大騒ぎにならん妹にちょっと萌えた(笑)

序盤をプレイした時点で思ったことなのだが

このゲムのシナリオライターさんのテキストは結構読みやすい。

と言うか、こう………言い表すのが難しいんだけど、文章や話の流れが良いというか

兎も角、自分にあってるので、読んでて苦にならないし、すらすら読める。

ただ、シナリオの展開はところどころ唐突な方向へ飛びます。

しかも、狙ってないキャラのえちぃに入ったりするので

攻略ミスしたかと思ったのですが、そのまま進めてみたところ大丈夫でした。

しかし、やりようによっては家族じゃなくても出来る設定と言うか

本来なら、犯りゲムの類に入る設定なのに、あえてヒロイン(?)と主人公を家族にして

話をこじらせる方向に持っていくというのは、結構チャレンジャーだなと

失敗すれば、ただの駄作になる可能性もあるってのに………

個人的には、拗らせたりせず馬鹿っぽく平和に終わって欲しかったが………

それでもシナリオは十分面白いと思うんだけど………

なんか主人公の主張がころころ変わったりするのが目に付いた………

それから、ラスト直前に共通部分があったりして、ちょっと萎えた………

でもまぁ、総合的に見ると自分個人としては結構お気に入りです。

ジーンと来るシーンもヒロイン毎に用意されてるしね。

ただ、攻略可能キャラが3人しかいないし、シナリオも長くはないので

結構短時間でクリアが可能です………

つっても、えちぃシーンを毎回飛ばさなければそれなりの長さになるかな?

最初に言っている通り、ギャグは大爆笑するほどのものではないにせよ

やたらとネタの引用があったりするので、そういうのが好きな人は笑えると思います。

と言うか、自分も笑ったくちですけどね。

『三年後に植物状態から目覚めた少女は

自分の恋人が友人に寝取られたのを知って、沖縄に日本刀を買いに行った』

とか、遥さんがご乱心なされてます(笑)

あ、ちなみに電子機器は水で濡れただけなら乾かせばまた使えます。

まぁ、ジュースとか牛乳だと糖や脂肪でやられちゃうから乾かしても駄目だけど

その場合、水洗いして乾かすと復活すこともあったり………

通電している状態でショートしたらどうしようもないけどね………

で、最後にやはり自分は妹キャラである恋に萌えたわけですよ!!

オレポケのエルに似てる気がするし………

もう1人似てるキャラがいるんだけど、それはネタバレになるから言わんとして

兎に角、それがまた良いのですよ!!

………ところで、なんでフォーチュン『クッキー』なんだろうか?





グラフィックA(90点)

まず、メニューページを見た瞬間に思ったことは、とらハ3?(マテ

や、ゲーム画面自体は全然違うんだけど、家の前の背景とか、絵の感じとかが

似てるような気がしないでもない………

ま、その話は置いといて、OPムービーの出来はなかなか良い。

舞い散る花びらや葉っぱがいい感じ。

じゃ、まずは1枚絵について

1人辺り20〜24枚、えちぃシーンの回数が多いので

枚数だけを数えるならシナリオの長さからしても多い方

ただし、9割近くがえちぃCGだったりするので、多いといっていいかどうか………

クオリティに関しては申し分なく、非常に萌える絵です。

続いて立ち絵。

種類が結構豊富で、首から下も変わる、見ていて飽きません。

スクリプト制御によって、立ち絵そのものも動くので、演出も最低限は抑えてるかと。

最後に背景。

あまりCGっぽくないと言うか………画用紙にでも書いたような感じの絵

細部にわたって結構細かく描かれているので、見てて苦痛になることはありません。

レベルは十分高いと思います。

つ〜ことで、総合的な点数は90点。

えちぃシーンはもう少し少なくてもいいから、通常シーンの1枚絵を増やして欲しかった。





ミュージックA(90点)

OPとEDは同じ曲………だと思うのですが、これがなかなか良い。

自分好みというのもありますが、えちぃゲムの歌って感じではなく

どっちかと言うとJ−POPに近いような感じがする。

BGMはOPED含めて全部で19曲。

ピアノメインの曲で結構良い曲が多いです。

『箱の中の真実』なんてモロに自分の趣味をついてきてます。

正直BGMには期待していなかったのですが、思った以上に良い曲が多く、その点は満足。

SEも1回しか使ってないような音もしっかりと作られています。

総合的には、思ったよりもしっかりと作られていて好印象。

特にOP曲は自分の好みに合っていて非常に良い。





総評A(85点)

企画、原作がアイヴォリーの人で、シナリオに1人フライングシャインの人がいる。

さりげなく漣紫音さんとしては好きな会社の人達なので、OPのクレジットを見たときは

ちょっとばかりテンションが上がりました(笑)

あと、書くか書くまいか悩んだのですが、さりげなく主人公の名前が自分の本名と同じ

(苗字は違うし、漢字も違うけどね)

しかも、名前変更が出来ないから、しっかりと声ありで名前を呼ばれます。

微妙に嬉しいようなそうでもないような、変な気分ですな(笑)

グラフィックの欄でも言っていますが、総合的に見てもなんとなくとらハに似てると言うか

同じ家で暮らす、血の繋がらない若々しい母とちょっと歳の離れた姉に同い年の妹。

とらハ3のシチュエーションと殆ど同じなんですよね。

まぁ、似ているからといって評価には含めませんが………

では、真面目に総評いってみましょう。

システム面において必要なものは殆ど揃っています。

オートモードはなかったりしますが自分は使わないから問題ないですし

ただ、セーブとロードで確認が出ないのは不便と言うか………危ないです。

いちいち確認が出ると面倒と言う人もいるんでしょうけど

これは出ないと間違って上書きしたり、ロードしたときは凹みますし………

あと、バックログはロード以前のものは読めません。

これもまぁ、最近でもないものの方が多いと思うので特に問題ないかな。

して、それも含めた上での総合評価なのですが

この作品が多分処女作のブランドなんだけど、次の作品も買い確定ってくらい気に入りました。

なんと言ったらいいか分からないけど………ゲムの中の雰囲気と言うか………

困難に立ち向かう、優しさにあふれた人々ってのが自分は好きなんでしょうね。

更に、自分が名作判定を出す基準の1つでもある、サブキャラの役割もしっかりしてるし。

十分に良作の範疇に収まる作品ではないかと思います。

ただ、シナリオがほんの少しだけど暗い方向に向かうので

そういうのが嫌いな人にはあまりお薦めできないかな………

では………最後にこれを………

な〜んで真由奈ちゃんをクリアさせてくれないかな!!

物語の最初で幼稚園児とか言っちまってるし!!

CV榎津 まおさんなのよ!?

なんつ〜かもう………それだけで激しく凹むね………


戻る