Routes


発売から1年以上経ってますね………





シナリオA(85点)

えっと、まだリサをクリアしただけなのですが………

五月雨堂と長瀬の名前が出てくる以上、リーフ歴代の世界なはずなんだけど

長瀬そのものは出てきてない気がするんだが………もしかして、これには出ないのか?

このゲム、前情報も何も仕入れてないし………葉の作品は買おうと思って買うわけではなく

やることがなくなったから買ってみるが基本だからなぁ………

そんなわけだから、発売から1年も経った今頃になってプレイしてるわけです(笑)

さて、全部クリアしたので感想でも

1人に対するシナリオの長さは普通かちょっと短いくらいだけど

それ以外のシナリオもあったりするので、総合的に見ると長い方

んで、姉シナリオが思いっきり平和なまま終わっていくのが気になったね………

いや、それはそれで自分はいいと思うんだけど

主人公エージェントの意味ないじゃん………と………

それから、ゆかりシナリオでの伏線、皐月の軽犯罪がどうのこうのが

ゆかりシナリオでは全く使われてなかったのは気になったね………

だがしかし!! それよりもなによりも!!

皐月シナリオでのバカップルぶりが救いよう無い!!

ゆかりじゃなくたって逃げ出すわこんなもん!!(笑)

皐月、ゆかり、リサが仕事シナリオで、夕菜と七海が休憩。

この配分はなかなか良いのではないかと思います。

まずは前者3人しかクリアできなくて、2回目は後者2人

3回目以降は好きなキャラをクリアできるわけだけど

前者3人のシナリオは目的が同じようなものだから、だれる可能性もあるし

交互にやっていけば緩急がついてちょうどいい感じ。

ただ、前者3人のシナリオは完全に解決しきっていないと言うか

なんとなく間の抜けた印象があるけど

それは5人全員クリア後の話で解決されてるし、まぁ許容範囲内かな?

個人的には七海シナリオが一番楽しめた?

シナリオそのものと言うより、解析されるデータの内容を読むのに何故か嵌った。

でも、このシナリオ主人公がやけに抜けてるのが気になったね………

あと、最後まで謎だった白い粉がラストで水に触れて泡立った(?)のを見て

ドライアイスのような物体かとも思ったのだが………

ま、その辺りは話さないで置いて、5人クリア後のRoutesシナリオが終了次第

Rootsシナリオが始まるわけだが………

この突拍子も無い展開について来れるかどうかがまずは問題ではないかと………

まぁ、変な設定って意味ではえちぃゲムをやってる人間なら大丈夫だろうけど(笑)

それは兎も角、自分は『いくらなんでもそれは』と最初思ったのですが

よく考えてみれば、毒電波も宇宙人もメイドロボも魔法もあるような世界で

この程度の設定ならば何も問題ないと気付きました(爆)

しかし、Routesシナリオのギャグの冴えはいまいちだったのに対して

こっちのギャグはかなりツボに入ってきます。

特に景清のキャラが良すぎ(笑)

本来ならば、シリアスで重たい話になるつくりなのになぁ………

そして、今まで全ての伏線がここに収束していくわけだが………

突拍子も無い部分以外は殆ど先に読み取れるのは残念かな。

もう少し、ヒロインの血縁やら何やらを絡ませてくれると良かったと思うのですが………

その点も含めて総合的に判断すると………

非常に面白いし、後味の良いシナリオだったのだが………

序盤の展開と言うか、最初の5人をクリアするまでがいまいちな感じだし

終わりよければ全てよしと考えるわけにもいかんしなぁ………

良作であることは間違いないんだが、名作には流石に届かんか………

つ〜わけで、85点ってことで。

あ、最後になったけど長瀬はしっかり出てきました。





グラフィックA(95点)

OPムービーは………なんだろう………なんとも言えぬ良さがあるような………

決して派手なわけではなく、1枚絵と背景を使いまわして

演出を加えただけのものなのだが、センスが良いというのもなんか違うし………

兎も角、自分は気に入ったって事で、まずは1枚絵。

塗りのレベルが高いってか、やけにえっちぃ(笑)

VNだから、文章が表示されてるときは画面全体が暗くなるんだけど

それが非常に勿体無いと思うほど、絵が良い。

枚数は総合で72枚………多いのか少ないのか………

まぁ、あまり多い方とはいえないかな。

続いて立ち絵。

枚数もそれなりながら、やはり絵が良い。

ただ、最近のえちぃゲムのように立ち絵がぐりぐり動いたりはせず

俗に言う演出なんてものは無いと言って差し支えないのですが

ヴィジュアル『ノベル』なんだし、AVGみたいに演出をしなきゃいけない小説ってのは

逆にどうかと思うので、VNとしてはこれでいいかと。

つっても、背景やら戦闘シーンでの演出はあるけど

これもまぁ、極たまにしか出てこないから、小説で言うなら挿絵的なものでしょう。

でも、山の頂から山村を見下ろすシーンは力が入っていて良かったが。

ってそれは、背景の話ですな………

そんなわけで、背景について

これはもう一定レベル以上に達してると書くことが無いと他のレビューで

何度も言っているわけですが、例によって例のごとく

普通にクオリティ高く、文句なしの出来です。

して、全てをひっくるめてみても、やはり流石という言葉が似合いますな。

伊達にこの業界で長いことやってるわけじゃないってことでしょう。





ミュージックA(85点)

要所要所で流れる、ED曲のピアノソロ版が非常に気に入った。

と言うか、初めて聞いたとき危うく泣きそうになった………何故かは分からんけど………

ただ、使用頻度が高いのはいただけませんな………

1シナリオに1回か2回くらいならもっと効果が高かっただろうに………

よって、ED曲も良いです、OPは悪くないけど趣味じゃない感じ。

それから、さりげなくED曲が2曲あるけど、通常シナリオ(?)の曲以外はあまり………

つ〜か、RoutesシナリオのED曲はOP曲とも取れるわけだが………

何にせよ、簡単に感想だけ述べましょう

最初5人をクリアした際のED曲以外はあまり好きじゃない(をぉい

で、BGMについて

Face to Face………激しく何処かで聞いたことあるような曲名だ………

いや、あっちはtoじゃなくてofで最後のeはtだったと記憶しているが(何)

関係ない話はえいやっとあっちに放り投げてですな

上で言っているとおり、あなたを想いたいでかなりボコボコにやられてます

聞くだけで涙腺が弛む曲なんてのは、滅多にめぐり合えないだけに、非常に気に入りました。

他の曲もなかなか良い出来なのですが

Rootsシナリオに入ってからの曲はなんかいまいち相性が悪いと言うか

趣味じゃないし、悪くは無いとしても、良い曲だとは思えなかった………

まぁ、耳障りってわけじゃないからいいんだけどね

それから、CV………リーフの伝統ってかな………CVは無いのです。

無いと分かっていても欲しかったのが本音だけどね………

通しで見て………好きになれた曲があることを考えると85点か。

CVがあって、更にそれが演技の上手い人だったら90は硬かったかな?





総評A(90点)

色々と思うところはありましたが、1年前の作品だと言うのに

ここまで楽しめるのだから、十分良作であると思います。

名作とは言えませんが、それでもやる価値は十分にあるかと。

で、システム面について少々触れておきますか。

流石はえちぃゲムの流行に一役買った老舗ブランドだけあって

基本的なシステムは全て押さえつつ、バグも無い素晴らしい出来………なのですが

これはうちだけかも知れないんですけど、勝手にスキップするんですよね………

クリックやらエンターを押したわけでもないのに

文章を読んでいる間にいきなり未読の文章をスキップしてくれるのですわ………

それさえなければ、問題ないんですけどねぇ………

と言っても、上記の通り自分のPCだけで発生する現象と言う可能性もあるので

その辺りは放置するとして………ま、リーフが好きなら買っとけってところですかねぇ

まぁ、リーフが好きな人なら1年も経った今更なレビューを読む前に

みんな買ってると思うけどさ………

結局のところ、流石は老舗ブランドだけあって総合的に見ても良い出来で

非常に丁寧に作られている印象を受けます。

まぁ、ところどころ変なところはあったりしないでもないのですが

CGに関しては文句のつけようも無いです。

えちぃシーンの1枚絵なんかもうたまらんですわ!!

そのたまらんえちぃシーンの絵の中でも

七海のえちぃCGは、漣紫音さんの萌えエロアンテナ(別名海綿体)

の反応が一番よかっ(刺)


戻る