まじぷり


萌えはなかなかに………





シナリオA(80点)

まず一言、序盤のギャグが寒い。

というか、主人公の妄想が滑ってることが多いです………

あと、地の文章というか、主人公の思考が多いため会話のテンポが悪め。

まぁ、なれてくれば気にならなくはなるが。

中盤辺りからは、結構笑えるギャグも増えてくるしね。

シナリオは、意外とあっさりしていると言うか

山場でごたごたしそうなところが、滅茶苦茶あっさり解決してしまうことが多く

少々盛り上がりに欠ける印象が………

と言っても、シナリオは良作判定を出すのにためらいが無い程良いものです。

特に、エンディングはハッピーエンドで後味も良く、余韻に浸れる。

長さはまぁちょうどいいくらいですね。

ただあれだ、一番大きな問題点は妹に全く萌えられないってことだね。

なんというか、非常に嫌いなタイプのキャラだし………

未亜シナリオだけやけにつまらなかった感じが………

ま、その代わりと言ってはなんだが、不遜な後輩アルクに萌えたが(笑)





グラフィックA(85点)

OPムビがフルアニメーションなのは驚いた。

それが流れるまでは結構時間掛かるものの

いやいや、なかなかにクオリティ高いですよ。

それなりに荒は目立ったりするものの

気合入ってるのが良く分かります。

まずは、立ち絵について

怒った未亜の立ち絵(犬(?)耳が立ってるやつね)を見て

ラーゼフォンを思い出したのは自分だけだろうか?

いや、直前にスパロボMXやってたのが原因だけど(笑)

バリエーションは結構豊富というか、エモーション(?)が色々と出る。

変わるのは表情だけってわけじゃないし、クオリティも高い。

続いて1枚絵について。

全体的に出来は良いのだが

差分のある1枚絵は、変化する部分が背景から浮いてるようなのがある。

それ以外は特に問題ないが、こう………萌えが………凄く萌えが!!

露天風呂のアルクなんてもう、もう!!(悶)

枚数は1人辺り20枚前後。

シナリオの長さから考えるとそれなりにある方じゃなかろうかと。

んで、演出が妙に凝ってます。

ちぅか、数回しかないけど、死んだ(?)主人公を生き返らせるときの演出は良かった。

あとはまぁ、雨が降ったり紅葉が舞ったりと、そこまで驚く演出は無いけどね。





ミュージックA(80点)

悪くは無い、嫌いじゃない………結構好きな部類なのかも知れない

でも良いとは言えない………OP曲はそんな感じ。

BGMは可も無く不可も無くってところです。

良い曲はあるものの、全てが全て突出してよいわけでもなく

まぁ、聞いてて嫌になる曲は無いので問題なし。

ED曲も同じくって感じです。

あ、最後に、SEで鈴(?)の音が多様されているのですが

どうしても錫杖の音を連想してしまい、北辰でも出てくるのかと(ぉ





総評A(85点)

システムはそう悪い物でもないんだけど

セーブの上書き確認が無い、ロードの確認が無い

この2つはちぃといただけませんな………

特に、セーブの方はワンクリックでそのままセーブされるので

しっかりとセーブされたかどうか不安になったりします。

まぁ、これは現在の画面が小さくなって表示されるから

違う場面だったら特に問題は無いのですが。

それと、未読スキップ不可にしてると出来ません。

えちぃシーンは片っ端から飛ばす人間としては、ちょっといただけません。

あと、これはシステムじゃないんだけど

エピローグの前にスタッフロールが入って、それからエピローグになるのですが

その後にまたエンディングが流れて、そっちにもスタッフロールが………

途中で挿入されるスタッフロールの意味が全く分かりません………

それなら、エンディングを途中に挟んだほうが良いと思うんだけど………

システム面に関してはこれくらいにして総評。

バランスの良い良作?

シナリオの後味が良く、時たま強烈な萌えが襲い掛かってくる。

CGの枚数もクオリティも平均以上で、音楽もそれなり。

多少、シナリオが唐突な気がしますが

これはオーガストの作品に慣れてる人間としては問題なし(笑)

絵柄が好きなら買って損はしませんね。


戻る