家族計画〜そしてまた家族計画を〜


よかった。





シナリオ−

末莉シナリオの後日談だから、末莉シナリオが嫌いならいきなりアウトだろうねぇ

自分は末莉大好きだから問題なし。

エンディングを見た後、初めからでまたプレイすると2回ほど話が延びます。

3回プレイして選択し全部選べばOKってこと。

つか、それでも滅茶苦茶シナリオが短いわけだが………

どうだろうね? 自分としては満足なんだけど(笑)





グラフィック−

背景なんかはそのまんま、立ち絵も新規追加分以外はそのまんま。

1枚絵の枚数は全部で17枚。

普通のゲムだと考えるとはっきり言って滅茶苦茶少ないですが

シナリオの長さを考えると結構多いです。





ミュージック−

ゲーム開始直後からいきなり懐かしいBGMが流れる。

って、まぁ当たり前だが(笑)

OPEDの曲は無し、BGMモードは無い。

BGMはそのまんま、CVは無し。





総評−

これで7140円(小売希望価格、税込み)は高すぎるだろ。

と『これだけ』なら間違いなく言うわけですが

128Pのムックと、2千円分のプリペイドカード(これは初回限定ネット接続版のみらしいけど)

に、他2つ付いてるから

それを考えると、自分の感覚だと妥当な値段かなぁってところ。

約110P程度の公式ファンブックが相場だと2千〜2千500くらいで

プリペイドカードが2千で約4千、他2つはコミケや同人ショップだと

あわせて千円くらいで販売されててもおかしくないし、これで5千

そう考えるとゲーム部分は2千円程度になるわけだ。

さらに、小売店価格で値引かれるから、自分としては高いとは感じないかな。

金欠状態でこれを買えと言われたら、かなりきついだろうし

ガチャピンムックだけ単体で売ってくれと思うだろうけどね。

で、ゲームとしてどうなのかと言うと、システム面問題なし。

シナリオは末莉好きなら楽しめるでしょう。

かなり短時間でコンプリートできてしまうけど、それはそれとしてシナリオは面白いし

ちょっとばかしホロリとくるシーンもあった。

家族計画、特に末莉が好きなら企業側に踊らされておけってことです。

ただ、自分はこれで十分楽しめたけど、あまりお勧めはできないんだろうね。

つ〜か、某メイドの偉い人が兎に角酷いと言っていて、かなり覚悟していたわりに

思っていたほど酷くは無かったと言うか、普通に満足できてしまったわけだが(笑)

懐に余裕があるのと、次に桜待坂が控えてるから、精神的に余裕があるのも原因か?

ゲム以外の部分については、これはゲームレビューだし何も書かないでおきます(笑)

取り敢えず、漣紫音さんは久しぶりに末莉で萌えられて満足満足。


戻る