LostLife


萌えはあった。





シナリオA(80点)

サスペンス物だったら、間違いなく始まった直後に選択肢無しでバッドエンドだね(笑)

さておき、主人公がまるで何処かの2次創作のアキトみたいな

天然スケコマシ入っちゃってるのに笑った。

ただまぁ、アキトほど鈍感では無いようだが。

てか、投擲して黒板に刺さるシャーペンって!!(笑)

さて、まだ2個ほど回収できて無いえちぃシーンがあるけど

トゥルーエンドは全部見たのでレビュー書きます。

シナリオは………悪くは無いんだけど………

こう、ジャンルとして押しているはずの『泣かれ』が、自分が感じた限りでは殆ど前に出てこなくて

これなら普通の恋愛えちぃゲムでもいいんじゃないかと思ってしまった。

まぁ自分は、可哀相だとか同情されるのは好きじゃない人間なので

それがあまり前面に出てこないおかげで、普通に楽しめたわけだが(爆)

えちぃシーンは特殊なシステムがあるわけですが

そのおかげで尺が長いんだか短いんだか………

回数は1キャラ2〜6回、望ちゃんと美優のえちぃは息子が過剰反応しm(折)

ただ、美優はえちぃが4回しか無いのが残念じゃのぉ………

つ〜か、いくらなんでも発覚が早すぎやしませんか?(何)

いや………滅茶苦茶ネタバレになるから詳しくは言えないけど

その早さは絶対不自然だと思うぞ? 詳しいことは自分は知らんが。

………けっ………あぁ、本編に登場するキャラクターは18歳以上か(笑)

あと、某倫理協会的に拙いとか、お前が言うかお前が(爆笑)

んで最後に、微妙にネタバレになるかも知れんが………

なんと言うか、最初は謎な部分が多すぎて、自分では分かっているんだけど

明確な答えが出されるまで、どうにも気が晴れなかった………

ただまぁ、それがいい感じに伏線になってたり

実に意外なところで意外な事実が発覚したり

色々なところで楽しませてくれる出来になってます。

ちぃと、キャラによっては展開が急すぎると言うか

少々急ぎすぎな感があるような………あと、とあるキャラのえちぃシーンが唐突過ぎるし。

ボリュームは十分なんだけど、テキストがいまいち足りないかな。

そのおかげで(?)シナリオに矛盾点が存在するし………

結構ある意味とんでもない事を平然とやってのける(?)ので

ある程度、無茶な展開や設定に耐性が無いと辛いかもしれない。

それから、基本的に設定が設定なために、エンディングはバッドエンドです。

まぁ、綺麗に纏め上げちゃってるから、あまり悲壮感とかは感じないけど

ハッピーエンド至上主義者には、納得できない部分もあるかな?





グラフィックB(70点)

妙なテロップの演出に気合が入ってます。

あと、カットインとか、妙なところに凝ってたりするけど

話の設定が設定だけに、序盤にしか出番が無いのが残念か。

んで、まずは立ち絵についてなのですが、クオリティは特に問題なし。

多少絵に癖があったりするけど………激しく好き嫌いが分かれるほどの癖ではない。

ただ、茜の立ち絵が………スクリプトの指定ミスなのか

ただ単に、データが存在しないのか知らんが

本来パジャマ姿であろう時に、制服を着ている時があったりします。

1枚絵は、少々枚数が足りませんね。

枚数はかなりばらつきがあります。

ちなみに、多くて19枚、少ないと13枚

せめてもう5枚は欲しいところではあります。

特に、えちぃシーンが物足りない感じ。

差分がかなりあるからそっちに力を入れすぎたのかね?

背景は可もなく不可もなくだけど、ちょっと無機質(?)な感じがします。





ミュージックA(80点)

じゃ、まずはBGMについて

なんか何処かで聞いたことあるような曲が多い気がする………

曲そのものは悪くないんだけど………あんまり気に入った曲は無い。

CVに関してなんだが………うぅ〜ん………あまり質が高くないね。

まだ名の売れてない新人さんでも使ってるんだろうなぁ

一部のキャラの演技が微妙だったりするのです。

OPEDは同じ曲(?)のアレンジなのですが

どっちもかなりいい曲です。

こう、久しぶりに『とらハ』の曲以外でキーボードを弾きたいと思う曲なのですよ。

ただ自分は絶対音感なんて大層なものは持ってないので、スコアが無いと弾けないし

こういうゲムの曲って、生演奏することを前提に作られてなかったりするから

たまにキーボードだと、鍵盤が足りなくなったりするんですけど(笑)

取りとめも無い話はさておいて、OPED曲に救われて80点って感じです。





総評A(80点)

まずシステムについてですが

バックログがシーンの切り替わりで途切れるから

かなり短い単位でしか読めなくて、はっきり言ってある意味が殆ど無い。

それ以外は特に問題は無いね。

えちぃシーンが多少特殊で、桜待坂みたいなタイプなんだけど

あれとは違って、絵が動くことが無いのが残念か。

あと、システムに問題があるらしく、バグで関係ない文章が付随することがあるし。

さておき………エンディングが………

シナリオのネタとしてそれが存在するのはプロローグで分かってたんだけど

まさかねぇ? そこでそうくるかって感じ………と言うか

自分が知る限り、これは前代未聞なので、その部分に関しては結構評価が高いです。

とまぁ、そんな感じ(?)なわけですが

全体的に見ると、音楽面が少々劣ってる気がしないでも無いかなぁ

いい曲はあるにはあるんだけど、少々単調すぎる曲や

どこかで聞いたことがあるような曲があったりするし

それ以外に関しては………細かいことはそれぞれの欄に書いてあるので(を

結局のところこのゲムは買いかそうでないかは微妙なところじゃのぉ

自分は損しなかったというか、かなり楽しめたんだけど

良作一歩手前の凡作ってぇところかな

ジーンとくるシーンやらいい台詞など、いい部分は色々あったにはあったし

キャラの良さ、特に先生の人柄の良さ(?)はなどは気に入ったけど

どうにも後一歩が出てこない。

悪くないなりに、何か物足りなさを感じさせる作品でした。

しかし、ゲーム内容とは直接の関係は無い(?)けどさ

サブタイトルの『だけど きみに つたえたいこと』とか

読むたびにどうしてもとらハを思い出すんだが………

いや、だってネームレスメロディズのサブタイトル(?)が

『だけど、きみにおくるうた』ですよ? 殆どまんまやんと………

ちなみに、話は変わるけど

やりはじめて暫くしてから、そらうたを先にやれば良かったかなぁと後悔(をぃ

誤解が無いように言っておくけど、LostLifeがつまらないと言うわけではなく

そらうたの方が気になってしまってしょうがなかった(爆)



































ほおぉぉぉぉぉぉぉおぉおぉおぉっぉおぉぉぉぉぉおぉおぉぉぉぉおぉぁおあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっぁぁぁあぁぁぁぁっぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!(いきなりなんだ!?)

いやいやいやいやいや、望ちゃんへの萌心が暴走してしまいました。

もうたまらん!! たまらんとですよ!!

萌えと萌えが萌えを萌えして萌えで!!(落ち着け)

はっはっは、やっぱり漣紫音さんはロリコンねぃ

炉と言う名の消えない罪を背負って、人生と言う名の荒波を乗り越えていくのだよ。

(格好良さ気に言っても結局はただの変態ヲタク街道まっしぐらです)


戻る