フォーチュンクッキーセレクト


「ありえないッ」(爆笑)





シナリオA(85点)

相変わらず不運だらけで、悲惨な目にあってるものの

それでもめげずに明るく生きている鷹弥家の面々がいいですな。

うん、この空気がいい。

テキストが良いというか、やっぱり読みやすいんだよね。

んで、ギャグは相変わらず引用ネタが多いです。

にしても恋のアレはいきなりな上にギャップがあって笑わせてもらったよ。

そして………相変わらず恋が可愛いにゃあ(壊)

漣紫音さんの中の妹ランキングでは結構上位ですよ?

して、シナリオについてですが………

本当に何てこと無いシーンなんですけど

唐突な1つの台詞でグッとこみ上げるものが………

あったんだけど………それ以外のシナリオはなんですか!!(爆笑)

激しく悪乗りしちゃったわけの分からないものが多いですよ!?

それからえちぃも結構豊富だし………

最初は、シナリオライターが複数いるから多少の不安があったのですが

その辺りは何の問題も無く、どれもこれもいい話(?)でした。

ただまぁ、シナリオライターが複数いて、それぞれのシナリオが単独のものなので

全体で見るとところどころ整合性が取れてないのですが

それは考えるべきではないですわな。

そもそも、えちぃゲムのアフターストーリーなんて

誰のエンディングの後かで状況ががらっと変わるんだから

整合性なんてもの欠片も存在しないし(笑)

まぁ、この場合は多分同じキャラのエンディング後の話でも

違う状況になってたりするから、多少目に付くわけですが

そんな細かいことを気にしていたら駄目です(マテ

と言うわけであれだ、ぶっとんだギャグと豊富なえちぃシーン

それから家族同士の絆の良さ。

大本のよさを残しつつ、FDらしい悪ふざけもやってるので、評価は高めで。







グラフィックA(80点)

これの前にやったのが友達以上恋人未満だったので

相対評価してしまって、点数が低くなるのを抑えるのが大変でした(爆)

いや、クオリティも枚数もしっかりしているんだけど

友恋のグラフィック面の出来が良すぎたため、どうしても物足りなさを感じてしまうのですよ。

と言うわけで、一旦頭をリセットして見直してみると

取り敢えず、背景と立ち絵の評価は変わりません。

新キャラが出てくるわけでも無し(いや、1人だけ出てくると言えば出てくるけど………)

街ががらっと変わってしまったわけでも無し

背景はシナリオによっては多少の追加要素的なものもありますが

それも良い出来ではありますので、問題はないでしょう

で、1枚絵についてですが

総数31枚、枚数だけ書くと少なく感じますな。

つ〜てもこれはファンディスク、枚数的にはこんなもんでしょう。

特にこれと言って荒も見当たらないし、自分好みな絵だし(をぃ

ま〜こんなところだろうね。





ミュージックA(90点)

BGMが懐かしいの一言ですな。

フォーチュンクッキーのBGMは好きだったので

懐かしいと共に、また好きだった曲が新しいシナリオと共に聞けて嬉しい限りです。

まぁあれだ、これは大本と変わってないので評価も変わりません。





総評A(85点)

まずシステム面で気になったのが1つ

『フォントにアンチをかける』

いや………アンチってなぁ………アンチエリアスのことだってのは分かるけど

アンチエリアスが何の事か分からん人には

わけのわからん文章になってるぞと(笑)

さておき、なんとなくオレポケを思い出させるような雰囲気があって

その辺りも相変わらず好印象。

あと、主人公の名前がやっぱり自分と同じだし(漢字は違うけどね)

と、殆ど大本と同じ事を書いてますな(爆)

システムは基本的に問題ないのですが、やはりセーブロードの確認が無いため

失敗すると泣きを見ることになりますな………

その辺りの改善は今後して欲しいところです。

それから………折角えちぃシーンが結構あるのに、シーン回想が無いのはどうか………

まぁ、シナリオそのものがあまり長くないから、シーン回想使わんでもなんとかなるけど。

総合的に見て、派手なところは無いものの、丁寧にまとまっている感じがします。

それもこれも、フォーチュンクッキーは2004年の上半期ランキングにランクインしてないけど

いい作品であると言うのが前提だったわけですが

今後もこのブランドにはかなり期待できそうです。

まぁ、多少物足りないかなと思う部分もあるにはあるわけですが

それに関しては、5000円程度のFDですから

これだけやってくれれば十分でしょう。

フォーチュンクッキーが好きな人は、是非買ってプレイすべきですな。

というかまぁ、ファンディスクなんだし好きじゃない人やプレイして無い人は買わんか(笑)


戻る