ジオグラマトン


流石に○神家はどうかと思った(ぇ





シナリオB(75点)

題材は悪くないし、メカ類の設定も良いんだけど

キャラの掘り下げが少なすぎるんだよなぁ………

主人公が『特別』な存在すぎるのも気になったし………

それぞれのキャラとの交流が少なすぎるせいで、どうにも感情移入がしきれないというか

状況が状況だけに、主人公に惚れるのはいいとしてもだ

共通部分を除けば、各ヒロイン固有のシナリオがえちぃシーンと

最終決戦の決着に、エピローグしかなく

小説で言ったら数ページで終わるような程度なので、そこが物足りなすぎる。

あと、とあるキャラの能力とかの説明が無いまま話が進んだりするから

唐突すぎてなにがなにやらって状況になったりする場合も………

シナリオそのものは、各ヒロインの固有部分が薄いとは言えど

片方の主人公は、ヒロインとはあまり関係ないところでエンディングが何個かあるし

2人ともクリアした後に、更なる展開が存在するから、短くは無いんだけど………

骨格はよくても、肉付けの仕方が少々まずかったね。

ほんのちょっと………各ヒロインのちゃんとしたシナリオや

ちょっとした矛盾点(?)の発生を防ぐこと、これだけ徹底していれば

間違いなく良いシナリオになっているだろうと思われるだけに

非常に惜しいシナリオではあります。

それでもまぁ、終盤の展開はまさに時間を忘れさせられたが………

(まだ1時半くらいかと思ってたのに、気づいたら3時半だった(爆死))

えちぃシーンは、作品の方向性が方向性だし、こんなものかとは思うけれども………

つっても、片方のはそれなりに回数あるし、エロいんだけどね。

やはり、えちぃシーンを含めた各ヒロインの固有ルートの量の少なさが問題です。

一応ヒロインのエンディングは2種類あったりするけれども

それにいたるまでの展開が一緒だからねぇ………

本当に惜しい、兎に角惜しいシナリオでした。





グラフィックA(80点)

基本的に問題は無い。

まず全体的なクオリティだけど、背景がな〜んか微妙な部分があったりするが

基本的には細かく描きこまれていて、悪い印象は無い。

多少、立ち絵が浮いて見えるような気がするけどね………

で、1枚絵なんだけど………これもクオリティは悪くないんだ。

戦闘シーンにしてもえちぃシーンにしても………

ただねぇ………枚数が少ないのがちょっと不満かなぁと

多くても1人18枚だしなぁ………いや、それ以外の戦闘シーンやその他の1枚絵は

一部背景的な使われ方をしているものも存在するものの

差分含めず101枚もあったりするんだが(笑)

つ〜か、それならもう少しえちぃシーンや通常シーンの枚数を増やしてくれといいたい。

それ以外は背景も立ち絵も問題ないけれども

立ち絵はテキストウィンドウの横に表情が表示されるから

絵そのものはあまり変わってない感じがする………

いや、表情アイコンの方を見てたから、あまり覚えてないんだよね(爆)

兎も角、キャラ単独のCGが少ないだけで、それ以外は良い感じです。





ミュージックB(70点)

BGMの曲数は全部で17曲………くらいだったか?(を

全体的に可もなく不可もなくって感じかなぁ………

全くといっていいほど印象に残ってないし………

戦闘シーンの曲は、悪くは無いものの今ひとつ盛り上がりに欠けるしなぁ

OP曲がそのまま挿入歌になってたりして、盛り上がるシーンで使われてるんだけど

そのシーンが短すぎていまいち効果的じゃないし………

OPED曲に関して、OP曲はまぁ悪くないんだけど、迫力が足りないんだよなぁ………

いや、えちぃゲムでそこまで求めるのは酷だってぇのは分かってるんだけど

歌ってる人の声が細い気がするんだよね………もう少し腹から声を出してる感じで

曲も重低音が強めなら、もっと良い曲になってると思うんだが………

その辺りは、個人の趣味次第でもあるか………

ED曲に関してもまぁ………ね?(ぇ

曲は悪くないんだけどさ………歌手の声が高すぎるんだよなぁ………

曲は悪くないだけんに、勿体無い………





総評B(70点)

名作になれる可能性を秘めていた作品ですね。

ま〜、はっきり言って現状だと終盤の展開はよかったものの

それ以外の点で色々さっぴかれて、凡作程度だとは思いますが

それでもやはり、題材が自分好みってぇのもあるし

細かいところに気を配れば、もっと良い作品になっていたと思う作品です。

つ〜か、戦闘シーンはCGだけでやってくれれば十分だと思うんだけど

選択肢で戦況が変わる(?)システムは、はっきり言って無駄だと思う。

やるなら徹底的にSLG形式にするか、バルドみたいなアクションにする

もしくはデモンベインのような、文章だけで表現する

これのどれかにしておけば、もっと戦闘シーンは盛り上がったと思う。

まぁ、1度クリアした戦闘は、スキップできるのが唯一の救いか。

んでだ、システムについてなんだが、これは戦闘シーンのそれ以外は特に問題なし。

と言うか、戦闘シーンのシステムも動作が重いとかそういう方面で悪いわけではありません。

ただね………バグと言うか、ちゃんとデバッグして無いだろってところがちらほら

台詞の横に表情アイコンが表示されるんだけれども、たまに違うキャラが表示されたりします。

いきなり主人公の台詞で主人公の顔がヒロインになってたときは驚いたよ?(爆)

これがまぁ、1箇所くらいならばいいんだけど、数箇所あってしかもそれがバラバラにあるから

忘れた頃にまたそれを思い出させられるので、結構気になりました。

まぁ、自分達で作ったものってぇのは、基本的に先入観を持ってるものだから

後で見返してもミスに気づかないことがあるというのは、物書きとして知っているけれども

商品として販売して、客から代金を取る以上

こんな分かりやすいミスを見逃すのは流石にどうかと思います。

ま、この点に関してはそのうちパッチでもあたれば直るだろうし

ゲムそのものが進まなくなるようなバグでもないので、さして減点はしません。

総評は、最初に言ったとおり、名作になれる可能性を秘めていたとは言えども

凡作がいいところで、あまり他人にお勧めできる作品ではないです。

なんというか、こまごまとした粗が集まりすぎた感じが………

案外と酷評になってしまってる感じはしますが

一応フォローしておきますと、悪い作品ではないのです。

根底から悪いような地雷ではなくて、根底は良いのに色々こけている部分があると………

ある意味評価が難しい作品でもありますね。

悪いと言い切るほど悪くないけど、良いとは言えないという

兎も角、ど〜しても気になると言うのであれば買ってもいいかも知れませんが

それで後悔しても自分は知りません(を


戻る