やるきばこ


このタイトルってどういう経緯でついたんだろう?





シナリオA(85点)

温泉旅行での貴子のリアクションに大爆笑

さておき………な〜んで幽霊ネタってのはこんなに『くる』のかねぇ?

んでまぁ、まずはおとぼくショートシナリオですが

前々から思ってたんだけど、おとぼくをやると何故かとらハを思い出すんだよね。

原因はいまいち不明だったりするし

思い出すって割りに、おとぼくはそんなに好きになれなかったりするわけだが

シナリオは、基本的に本編の延長線上

もしくはその本編の途中でのサブエピソードって感じ。

奏のえちぃが無かったり、由佳里のえちぃが薄かったりと

えちぃ方面に関しては、自分の価値観からすると9割以上意味も無く

話そのものが悪くないだけに、そこが勿体無いって感じか。

シャマナのシナリオは

ラビシナリオって言うだけあって、しっかりとした作りになっていると言うか

もうちょっとこう、かる〜く流すくらいで来るのかと思っていたわけだけども

その予想を見事に裏切りボリュームがあり、がっつりと食わされて腹いっぱいになりました。

いやしかし、まさかラビで萌えさせられるとはねぇ………

まぁ、それでも相変わらず漣紫音さんは妹萌えなんですが(爆) 最後、月踊亭にて、は………

どうにもこういう作品は嫌な想像ばかりをしてしまうと言うか

公式サイトにも書いてあるから、ネタバレってわけじゃないし言うけども

主人公が多少立ち直って、後輩が妹の代わりになるって宣言して

そこまでプレイしたところで、きっと後輩との絆が深まったところで

妹と同じく後輩も死ぬんだろうなぁとか、黒い想像が(爆死)

自分自身そんな展開は望んじゃいないんですけど

このパターンだとありえそうなかなぁとか思ってしまったわけでして………

そんなはなしはさておきとしてだ………

いやぁ、はっきり言って絵が好みじゃなかったし、何の期待もしていなかったんだけど

プレイしているうちに、あれよあれよと言う間に飲み込まれてしまいましたよ。

ま、流石にファンディスクについてるシナリオってだけあって

ボリューム面ではそんなに大したことは無いし

シナリオも基本的に一本筋で、分岐しても話は大して変わらんけども

面白さっちゅ〜点では十分及第点といえるでしょう。

取り敢えず最後に言いたい、『萌え』とか普通に使ってしまうヲタクは

浮気できるような甲斐性なんて持ち合わせちゃいない!!(を

んで、シナリオ全体としての評価ですが

普通のゲムとしては値段安め、ファンディスクとしてはちと高め? で

個人的におとぼくのシナリオを目当てにはしてなかったから

ちょっと損したかなぁ等と、最初のうちは思っていたものの

結局のところ月踊亭のシナリオが思った以上に良く

評価はそれなりに高めになっております。

シャマナのラビシナリオもいい感じのできになってるしね。

全体的に予想外と言うべきか、良い方向に予想を裏切ってくれてます。

贅沢を言うなれば、そろそろほしまる氏の完全新作シナリオが読みたくもあるね。





グラフィックA(80点)

まぁ、アレだね、基本的な部分は使いまわしだし問題ないです。

1枚絵の枚数は、数だけで言えば多くないけど

シナリオの長さ的にもこんなもんでしょうって感じ。

新作の月踊亭のキャラデザは、正直言って好みじゃなかったけど

例によって、プレイしてりゃそのうち慣れるものですな。

と言っても、今後この原画でゲムが出たら買うかどうかは微妙ですが………

ん〜まぁ、ファンディスクだしね、こんなもんかと。





ミュージックB(70点)

全体的には使いまわしだけど

新規の曲は、悪くは無いかなって程度です。

落胆するほど悪かないけど、まぁこの辺りは好みの問題だわな。

ちなみに月踊亭のBGMは歌もいれて10曲………だったよな?(確認すれ)

なんか同じ曲ばかり聴いてるような気がしたと思ったら

なるほどこの曲数じゃね………シナリオがそう長くないから

これ以上あっても、間違いなく使う場所が無いだろうけど(笑)

CVについて

まぁ、これはオリジナルの月踊亭以外はそのままだしねぇ

………そのままだよな?(爆)

いや、キャストとか気にしてないから、もしかしたら人が変わってる可能性も………

自分が聞いた限りでは、変わってるっぽい人はおらんかったが。

でだ、月踊亭の方もCVは下手な人がいるってわけでもないし

キャラにもあってるので問題ないでしょう。

っつか、桐花の中の人はらくえんのちびっこい先輩の中の人ですかね?

喋り方が近いし、声も似ているような気がしないでもない………

が、なんとなく違うような気がしないでもないわけで………

確認とろうにも、らくえんの公式サイトは見れないし

自分の耳だけを頼りにするなら、同一人物の可能性がかなり高いんじゃないかと。

しっかし、声も同じなら言ってることも似てるんだよなぁ………

いやまぁ、ちびっこい先輩は普通の暮らしよりも

最低で最悪な世界を最高の相棒と突き進むことを選ぶだろうけどね(何)

話がそれたな………ま〜、取り敢えずは新作の月踊亭のみで判断させてもらいましたので

こんなもんかなって感じです。





総評B(75点)

個人的には、おとぼくよりもシャマナの方が好きだったりするわけで

世間的には随分とおとぼくが持て囃されているし

作品として面白いのは自分も認めちゃいるんだけど

何故か好きになれないんだよね………面白いのに。

そんなこんなで、実はおとぼくのシナリオの方にはあんまり興味が無かったわけで(爆)

買うか買うまいか悩んだ結果、買ってしまったわけですが

まぁ、総評はシステムについて書いてからにしましょう。

システムは、ある程度安定してるブランドなら何の問題も無いわけで

さらにファンディスクともなれば、フレームなんかも使いまわしだからね。

ちなみにおとぼくの時は出来なかった

ロードしたときより前のバックログを読むことが出来るようになってます。

して総評だけども

おとぼくが好きなら買ってもいいでしょうね。

と言っても、シナリオの長さからして物足りないと思うかも知れませんが………

ん〜………まぁ、ファンディスクとしては悪くないんだけど………

なんかもう1つ物足りないような気がしないでもないですな。

取り敢えずは、キャラメル箱が好きなら買っても良いんでない?

自分としては悪くない、楽しめた、良い作品だったと思える物の

あんまり他人に勧める気の起きない作品だったりするわけで………

なんというか、微妙に評価のし難い作品でした。

ま、アレだ、結構やる人によって評価が代わってくるでしょう。

あ〜、そうそう、カードゲームもちょろっとやってみたんだけど

これは特にどうってことも無いかなぁと………

漣紫音さん的に、そこまではまる要素も無かったし………

TCGってのは、現実でカードを手に持ってやった方が面白い気がするね。

っつ〜か、カードを集めるのはやっぱりデータなんかじゃなくて

ちゃんと手元にあった方が集めたって感じがするし

ルールは結構簡単だったけど、あまりやる気は起きんかったな。

リバーシは多分キャラによって強さが違うと思うんだが

強いキャラが強すぎて、そう簡単には勝て無そうな予感………

と言っても、勝ったところで何も無いんですけどね。


戻る