アヤカシ


右手が変化したり光ったり………ARMSやスクライドをちょっと思い出す(爆)





シナリオA(85点)

まず最初に、クリア後に派生するストーリーの方はクリアしていません。

そっちの方は好みのキャラおらんし、クリアせんでも問題なさそうなので。

でだ、シナリオは章仕立てで、1人辺り7話から5話くらい。

攻略可能なヒロインは4人で、バッドエンドは多め。

特にクリアするつもりの無いヒロインの好感度を、下げるような選択肢を選んでると

共通ルートの時点で、いきなりバッドエンドに突入するので注意

(↑1話でいきなり死んだやつ(爆))

んでまぁ、そのシナリオなんだが………序盤はいったいなんなのやら………

やたらシリアスで始まったかと思ったら、妙に和んでみたりもするし

ギャグもそれなりにあって………うぅむ?

それはさておきとして、いまいち主人公にシンクロできない。

なんと言うか、どっち付かずで中途半端なやつなんだよなぁ………

特に幼馴染に対しては………

言っても聞かないことは分かりきってるなら、殴り倒しておけばいいのに

逃げて廻るだけだし、言い聞かせるにも口調が柔らかいし………

お前は本気でそう思ってるのかと思うようなシーンばかりなのが辛かった。

さておき………全体としては………

うぅむ………難しいね、非常に良いとは思うんだけど、主人公にシンクロしきれなかったりで

面白いと思う反面、微妙だなぁと思うことも………

いや、それでも時間忘れるほど、熱中しているから面白いには変わり無いか。

展開としては非常にありきたりで、どこかで見たような展開もちらほら

基本的にシリアスではあるものの、変なところでギャグが入ってきたりする。

良いところが多いけど、全体的に燃えが足りなかったのは勿体無い。

あ〜、そうそう、織江シナリオは、トゥルーだけじゃなくノーマルエンドも見ておきましょう。

そっちの方が良いって意味ではなしに、ノーマルエンドを見ると

おまけシナリオが追加されますので。

まぁ、何はさておきエイムに萌えた(を

えちぃシーンは………濃い………と言うか無駄に長い

本当に無駄。

1回をそんなに長くされても困りますよ?

それならもう少し回数増やしてくれって話です。

つ〜か主人公、お前どんだけ溜め込んでんだよ………

あと、ネタバレになるけど、○学生に鎖で縛られて

抗うことも出来ずに童貞を奪われる主人公ってぇのもどうなんだ(笑)





グラフィックA(95点)

キャラデザに癖がある。

ってか………虎子がどうしてもアライブシリーズのヴァルに見えて仕方が無い………

絵柄的には似ても似つかないんだけど、雰囲気とかがね。

でだ、まず立ち絵なんだけど、主人公と同じ学校の制服を着ているキャラは

横に広い………要するに太って見える、絵の描き方に問題があるんだろうな。

私服なんかだと話が別なので、余計にそう見えるわけで………

その辺りを抜かせばクオリティも高く、名前の無いサブキャラも結構しっかり描かれてるし

メインキャラクターの差分はかなり豊富、口パクもある。

よくもまぁ、ここまで面倒なことをするものだと感心(マテ

つか、キャラクターが着やせしすぎ………

公式サイトのキャラ紹介で、立ち絵を見る限り、ほとんどぺたんキャラで

ひゃっほうとか思っていたら………

以下1枚絵

えちぃシーンとかイベントのCGになると途端に胸が大きく………

物凄く裏切られた気分です………気分と言うか、事実裏切られた。

でまぁそれはさておきとして、1枚絵の枚数が半端じゃありません。

使い回しも少なくないけど、それでもすごい量。

それでいてクオリティも高いのだから、尊敬に値する。

枚数は、攻略可能なメインヒロインだと39枚〜56枚とばらけ気味

その他は、数えるのが面倒なほど………

それらを合わせた総数は、多分501枚くらい………何この数………

ある意味背景的な絵も混じってるから、多少は減るにしても、それでも十分異様な枚数ですね。

しかも差分を含めると更に増えるから凄い………

でだ、えちぃシーンのCGは表情がやけにエロいです。

ってぇか、これどれくらい制作費かけてんのかなぁ………

普通のえちぃゲムと比べたら、かなりかかってそうなんだが………

さておき、連続した1枚絵の繋がりに矛盾点があることがある。

戦闘シーンで服破けたCGが表示されたのに、次のシーンで直ってる。

これは破ける前のシーンのCGを使い回してるからなんだが………

その辺りも気を配って欲しかったところ。

戦闘シーンのCGはかなり使い回しが多かったのも残念。

そう言うところを抜かせば文句の無い出来です。

背景

メイプルカラーズと同じく、アニメっぽい塗り方。

全体的にクオリティが高く、モブの描き込みもしっかりしていて好印象。

でだ、ここのブランドはOPムビがやっぱり凄い。

アニメなんだけど、これがまたかなり高いクオリティです。

下手なアニメのオープニングとならいい勝負できますよ?

ちなみに、シナリオが章仕立てなのはシナリオで書いたとおりですが

OPもEDも1話ごとに流れます。

EDは基本的にその話のCGの使いまわし、ラストでちゃんとしたEDとかはなし。

総括として………全体的にグラフィックのクオリティは高いものの

絵柄に癖があり、メイプルカラーズの絵が嫌だった人にはお勧めできません。

もしそれを知らん場合は、公式サイトでの情報を頼りにしましょう。





ミュージックA(80点)

まずは、OP曲について

曲は良いし、ムビの方もかなりの気合の入り具合

ただ、なんか………こう、声に力強さ………と言うか、迫力が足りない気がする。

もうちっと声量の高い人に歌わせると、もっと良くなりそう? 自分素人だから分からんが(をぃ

EDは2曲とも静かな曲。

個人的にはもっと明るい曲が良かったかなぁとも思うが

流れるタイミングがタイミングだから、これでいいのかな?

BGMの曲数は34曲、OPED合わせると37曲

ミュージックモードで、何故か29番の曲が2曲あり

片方はピアノバージョンとありますが、自分が聞く限り同じ曲です。

曲は明るい曲から静かな曲、激しい曲までなんでもござれ。

戦闘シーンの曲も、しっかり戦闘シーンっぽい物に仕上がってるので安心。

好きになれた曲はあまり無いけれども、それでも全体的に出来は良く

悪い部分は特に無いです。

CV

兄貴が………つ〜か鉄仮面て名前はタイミングが良すぎるぞ(笑)

いや、『アレ』が放送される前から、その名前は使ってたんだけどね。

メイプルカラーズにも出てるし。

さておき、全体的には問題ないけど、叫ぶシーンとかだと

多少不自然かなぁと思うところもあったり。





総評A(85点)

今のご時世にしちゃ、画面サイズが珍しく小さい。

どうにもフルスクリーンでのプレイを前提として作っているらしいが

自分はフルスクリーン大嫌いなので

(ウィンドウモードが無いゲームだったら、それが判明した時点でプレイやめるほど)

しかしまぁ、相変わらず凄い気合の入りっぷりだわな。

で、まずはシステムだけど

基本的には問題なし。

必要な物は揃ってるしね。

ただ、非アクティブになると停止することと

それと、1話ごとのEDが飛ばせないのは辛いね………

1度見たEDは飛ばせるけど、固有ルートに入るとそれぞれ扱いが別だから

非アクティブにして、何かしら他の事やりながらスルーも出来ず

いらんもんを長時間見続ける羽目になる。

あと、スキップに関して、既読未読の判別をする状態にしていると

未読文章の強制スキップが出来ません………

えちぃシーンを毎回しっかり見る人には問題ないんだろうけど

自分みたいに後で使うために、殆ど飛ばすって人間には辛いっす。

全体的には………流石にメイプルカラーズを作った人たちだけあると言うか

方向性の違いはあれど、クオリティの高さは相変わらず。

タイトルからして、伝奇物っぽく見えるし、ジャンルも伝奇バトルADVとありますが

実際のところ、伝奇的な物はアヤカシの名前くらいで

それ以外は普通にバトル物のADVです。

アヤカシをサーバントにすれば、そのままFateにでも出来そうな感じ(を

まぁ、どこかで見たことあるような展開や設定とかが気になりつつも

結局のところ良作レベルの作品であったことに変わりはなく

今年自分がプレイしたゲムの中でも上位の作品ですね。

メイプルカラーズもあったし、良い作品である事は確信していたけども

良い意味で予想を裏切ってくれました。


戻る