PRINCESS WALTZ


主人公が通っている学校は、実は○学校なんじゃなかろうかと思うのは自分の気のせいか?





シナリオB(70点)

物語の展開は王道中の王道

ただなぁ………王道過ぎて戦闘の結果が見えてしまってるのが、いまいち燃えを加速させない。

最初の1戦の次からは、展開から結末が分かってしまっていて

非常に勿体無いことになってしまっている。

話の流れとして先が見えている分には、別に構わないんだけど

戦闘に関しては、特に主人公の関わらないところではもっとワクワクさせて欲しかった。

あと、やっぱ王道だから斬新さは無いし見ていて驚く展開も無かった。

ラストも少々ご都合主義が過ぎる感じもしたし

そんなわけで主人公の性格が実直すぎるほど実直

なんと言うか、世界観の設定とかもあわせてプリっちを思い出すけど

アレほど各キャラの掘り下げも無く、特に姫達はもっと背景が欲しかったね。

個人的には、もう少し深みが欲しかったのですよ。

出来れば捻りも加えて欲しいけど、下手に捻られすぎるより真っ直ぐなのが好みなので

そこについてはそこまで問題視していません。

シナリオの長さは普通かな。

一本道なのでボリューム的には少ないです。

戦闘をイージーモードですっ飛ばせば1日でコンプ可能でしょう。

問題はえちぃシーンの回数

総数7回って何よ? ブランドがブランドだけに結構期待してたのに裏切られました。

つ〜か、このスタッフが作った前作のお願いお星さまは

一昨年辺りの年間ランキングに入れた記憶があるし、えちぃも多かったんだが………

せめてクラスメイトとのえちぃも欲しかったですよ? マジで。

姫だけじゃなしにさ………

それから複数回も欲しかったけどね………

あとは………リーゼルだわなぁ………詳しいことは言わんけども

多分、色々な人がリーゼルのえちぃシーンには文句をつけたいはず。

自分は片方はこだわり無いけど、もう片方にこだわりがあったからね。

全体的に尺はあるししっかりえちぃ感じなので、それに関しては問題なし。

プルトップの過去作品をやって、えちぃ面にも期待してるって人はちと注意です。





グラフィックA(80点)

1枚絵の枚数は67枚

枚数としては少ないけど、シナリオの部分で言った通り一本道で

違う1枚絵が表示されるのはえちぃシーンだけなので総合的に見れば少なくは無いでしょう。

戦闘シーンでの使い回しは多少気になりましたが、差分の量が結構ありますしね。

えちぃ絵もしっかりえちぃし、クオリティ的にも気になる部分は無かった。

立ち絵は種類はそれなり、表情とか活き活きとしてるのは相変わらずで非常に良いです。

背景についても文句は無く

文章で読まされる戦闘シーンの演出も十分

ゲームとしての戦闘シーンは、必殺技とかが無いのでパターンが決まりきってますが

出来そのものに悪いところは無いので大丈夫です。





ミュージックA(80点)

歌は3曲、OPED挿入歌

OP曲は曲だけ聞いてるとED曲っぽい気もするけど

まぁOP曲だわな(ぇ

ED曲は2曲? 多分2曲(を

片方は挿入歌にも使われてるはず。

で、そのED曲に使われてる挿入歌が

何処かの電子の妖精ってCDで聞いた曲に似てると思ったのは自分の気のせい?

まぁ、曲のイメージは被ってますが、挿入歌としては良いです。

ちなみにOP曲も挿入歌に使われてます、地球に優しいリサイクルですな(違)

BGMは27曲

戦闘物の曲だけあってピリピリした曲が多いです。

かと言ってそう言う曲だけではなく、日常のゆるっとした曲もあるので安心。

戦闘がらみの曲は、なんか物足りなく感じてしまうのだが

多分、曲の好みが完全にマッチしなかったんだろうな。

CVについては問題なし、つい最近やったわんことくらそうの

エロ弟子の声に聞こえてしまうキャラがいるのは気のせいって事で(笑)





総評B(70点)

まずシステム面

問題なし、しっかり必要な物揃ってます。

戦闘シーンのカードバトルも、バグとか無いしゲームバランスも悪くない。

緩いには緩いけど、理不尽な難しさよりは良いしね。

バックログはロード以前のものも読めるので、直前の話を忘れても安心。

ただ、戦闘面において、クリア後にステータスの引継ぎが出来ないのが面倒

1人クリアしても1からやり直す時は1からになってしまうのはどうにかして欲しかったかな。

まぁ、ストーリーを追うだけならイージーモードにすればいいんだけど

それならば、2周目以降は戦闘シーンスキップできるようにして欲しかったね。

どうせステータス上げる意味も無いんだし。

あと、これはある意味潔いとも言えるが、意味のある選択肢が殆ど無いです。

あるにはありますが、展開上影響を及ぼさないシステム的な選択肢と

話の大筋とエンディングは変わらないけど、多少話しが変わる選択肢が1種類だけ。

ぶっちゃけて言うととえちぃシーンと台詞が多少変わるだけで

他に違いが無いので、面倒くさくて仕方が無いです。

んでまぁ全体としてだけども

まず全員クリアするとエンディング後にちょっとしたおまけが見れます。

本当におまけ過ぎて、そんなことされたら余計すっきりしないわって感じに………

と言うか、やっぱり各キャラの個別シナリオと、それに付属するCGが欲しかったね。

クラスメイトはいるだけで何の意味も無いし………

シナリオの展開もCGも音楽も、不満らしい不満は無いし良い出来だと思うんだけど

ゲームとしては不満点が結構積もってます。

つまりまぁなんだ………全体的に平均な作品?

可もなく不可もなく、それでこの値段はちと高いかなぁって気もするけど

戦闘をカードゲーム的なものにしたから、その分金がかかってるのかね?

まぁ、過度な期待を抱かなければ買いかなぁ?

お勧めできるってほどでは無いにせよ、つまらなかったわけでも無いし

出来が悪いってほどでもないから、点数が下げにくい。

そんなわけで、買うかどうかは自分で判断しなされ(レビューしといて丸投げかよ)


戻る