うつりぎ七恋天気あめ


Snowの時点でまさかとは思ったが、本当にそのまさかとはな………





シナリオB(70点)

序盤はギャグがなくて、開始から暫くは退屈な展開ばかりだから

どうにもこうにも引きも掴みも無く、テンションが上がらなかった。

全体的に展開が唐突なことや、同じ内容の会話を繰り返したり

荒もあるけど、そこまで悪くは無い。

後半はジーンと来るシーンもあるし

何故か固有ルートに入ってからのギャグが増えて笑える部分も出てくるし

キャラクターもいい感じのキャラが多いしね。

長さは案外短め。

攻略キャラが7人もいるからちょうどいいくらいでしょう。

ただ、上に書いたとおり、短いのが災いして唐突な感が否めないし

キャラクターの心理描写も薄いから、感情移入もし辛い。

えちぃシーンは1〜4回、極端に差がある。

つか、妹とひよりのえちぃが1回しかないってどういうこと?

そこが一番期待してたところなわけで………

漣紫音さんがだいぶしんなりしましたよ?

それと、キャラメル箱恒例の、えちぃシーン辺りから妹キャラが

『お兄ちゃん』と呼ぶようになるアレもあったにはあったけど

今回はちょっとパターンが違うから微妙と言うか、兄貴のままの方が良かったなぁ(を

さておき、どうにも最初の掴みで失敗してはいるけど

最終的には可もなく不可もなくって感じだったかな。

今までの作品と見比べると、どうにも見劣りしてしまうのだけどね。





グラフィックA(80点)

1枚絵

………妹の枚数が何でこんなに少ないですか?

こちとらそれを楽しみに、興味のないキャラもプレイしてたのに………

枚数は1人8〜14枚

他のキャラは12〜14枚なのに、妹だけ8枚

全体の枚数としてはシナリオが短めなのでこんなもんだろうし

クオリティ的にも申し分ないんだけど、そこだけがどうもね………

立ち絵

ゲーム画面だからって、過去作品のキャラの絵を使いまわすのはどうなのか(笑)

お陰でシャマナがやりたく………

それはさておきとして

ま、いつもののり太氏の絵で種類もあるので問題ないかと。

ただ、名前も無いサブキャラの女子高生の立ち絵が皆一緒ってのはどうなのか………

一応クラスメイトには違うのもあるにはあるんだけど

クラスメイト、図書委員、妹のクラスメイトと兼用されてる絵があって気になった。

背景

校舎内が古臭い感じだが

そもそも木造建築の校舎なんだから、古臭く感じるのが正解なんだし

意図的なものだろう。

枚数もそれなりにあるし、荒も特に無い感じだね。

OPムービーは普通の静止画ムービーで、特に見るところもない

ごくごく平凡なOPですね。

しかし、神月社氏のムービーを平凡と言う日がこようとは

5年前には考えもしなかったな………





ミュージックB(70点)

BGM

OP、ED、挿入歌あわせて25曲

曲数はそれなりだし、特に言うことも無いかなぁ(を

エリンのテーマは結構好きだけどね。

OP、ED曲

両方とも特に悪くは無いって程度だなぁ

好みじゃないとレビューをどう書いたものやら………

挿入歌はかなり良い感じだったけどね。

CV

北都南さんが4役(笑)

しかし、北都南さんのなのはっぽい声は久しぶりに聞いた気がするな。

ま、それはさておき、なんとも有名どころが揃ってますな。

北都さんのキャラにシナリオが無いのは非常に残念ではあるが

安玖深 音さんや大花 どんさんがいるのは良い。





総評B(70点)

システム

流石にもう長いこと安定供給を続けるブランドだけあって、特に不備は無いんだけど

1つだけ、SKIPとNEXTはやめて欲しい。

ちなみにSKIPが既読スキップでNEXTが未読もスキップね。

確かに未読スキップが別ボタンであるのは便利だけどさ………

せめて並べておくのをやめるか、どっちが既読スキップか分かるようにして欲しいところ。

や、マニュアル読めばどっちがどっちかなんて分かるんだけどね………

んで総評。

まさに可もなく不可もなくというか

凡作って程つまらなくは無いけど、良作って言うほど何かあるわけでもなく

普通にプレイして普通に楽しめます。

最近のえちぃゲムの平均的な作品がこんな感じ?

それにしちゃ攻略キャラが多くて、個別のシナリオは短いが………

極端に面白いかつまらないかしてくれないと、レビューを書くのに困る(をぃ

でも、キャラメル箱の作品で、ほしまる氏がシナリオをやってるゲームは

今のところ、自分の中で外れたことは無いので、その点、安心してプレイ出来るのは良いね。

ま〜あれだ、ロリキャラ勢のえちぃの少なさにがっかりしないなら買い。

数が少ないってだけで、薄いってわけじゃないから

買うなと止めるわけじゃないけどね、ふきふきとしーしーまであって堪能したし(を


戻る