あかね色に染まる坂


タイトルだけ見ると、猟奇殺人とかのホラー物にしか思えない(マテ





シナリオB(70点)

パロディが多すぎる。

パロディそのものは嫌いじゃないと言うか好きなんだけど、頻度が高い、とにかく高い。

ギャグシーンもそれに頼ってる部分が多いし

パロディが余程好きな人でもない限り間違いなく辛い。

今作はまぁまだ何とかなってはいるんだけど、前作はそれが酷くて序盤で投げたからなぁ(笑)

でだ、前作でもそうだったような記憶があるんだが………

話の間に別のキャラクターの視点でのサブイベントとかが選択式で入ってくるから

そのおかげで視点が散漫になって仕方がない。

話の流れとして必要な部分で、強制的に別キャラの視点が入るのはいいんだけど

選択式とは言え、こうも連続して入ってくるとどうにもね………

いや、見ないで飛ばすことも出来るから、見たくなければ見なければいい話なんだけどさ

レビュー書くにあたって、見てませんじゃ拙いからなぁ………

どうにも本筋のテンポが阻害されてる気がしてならない。

ただ、終盤では上手いこと使ってくるシナリオがあるから、一概にどうとは言えないが

どっちかってぇとマイナスのが大きかったかな………

それとその視点が散漫になる問題に関連して

シナリオは章仕立てで話が進んでいくのですが

その1章1章が短く、上で書いた視点変更がボロボロ出てくることになるわけです。

っつ〜か、これは章仕立てにした意味あるのかなぁ?

こっちもやっぱただ単に次回予告でテンポの阻害をしているだけにしか見えないし………

あと、章の始めにその章の終盤の話から入って、最初に戻るってパターンが多く

話が長いならいいんだけど、短い話の中でそれを何度も繰り返されると、流石に辟易とする。

で、悪いところをひたすらつらつらと書き連ねたわけだが

ここからは良いところ………良いところ………良いところ?(マテ

ん〜とね………取り敢えず、主人公がそれほどヘタレじゃないのはとても良い。

じゃなかったら上に出ている悪い部分がある時点で放棄してる。

シナリオの展開とかは、山場が薄いキャラと濃いキャラがいて、全体的にご都合主義。

ま、個人的に薄い方のは嫌いじゃないから、そこはあまり評価に絡まんし

濃い方は濃い方で、熱い展開だからこっちもまた好みで良い………のだけど

ただ、ラストは伏線も含めて色々と丸投げしてる上に

ご都合主義がきつすぎるシナリオもあるわけで………

3つに分かれるから、ライターが複数いるのかと思えば1人だし

いったいこの流れの違いはなんなのかと………

文章書いてるのは1人だけど、プロットは複数人とかあんのかね?

えちぃシーンの尺はそれなりにある感じ。

ただ、上に書いた選択式のサブイベントとして入ってくるから、見ずにスルーも可能。

コンシューマ化を大前提に作ってる感じね。

さしずめ亜矢先輩はコンシューマでの追加攻略キャラってところか。

でも、あえてえちぃシーンを選択式にしたのは上手いね。

見なくても話はつながるから、コンシューマ化においての作業軽減にもなるし

見なくても良いと言う選択肢を用意することで

えちぃシーンへの入りが強引だの、話の流れを阻害するだの、えちぃがある必要がないだの

そう言った不満点を出させなくする効果もあるからな。

そこはある意味感心。

回数は1人3〜4回

で、点数は70点。

キャラによって差があるけど、まぁ駄作ではないかな。

パロディ要素が鳴りを潜めればもっとって感じ。

ま、前作を序盤でつまらなくて投げたのを考えれば予想外には良かったのは確かか。





グラフィックB(70点)

立ち絵

キャラデザも好みだし、バリエーションもある。

ただ、なんかキャラによって絵柄違うよなぁと思って公式サイト行ったら原画が数人、納得。

1枚絵

原画が違うせいかキャラによっては、うぅんと思うところがある。

1人14〜20枚

正直少ないねぇ、えちぃシーンは複数回あるくせに

1回目と2回目の1枚絵使い回すし………

曲がりなりにもえちぃゲムなんだから、そこはしっかりしようよと言いたい。

OPムビ

静止画ムービー+演出って感じだけど、センスは悪くないと思う。

自分のセンスが世間一般とずれている可能性が高いので

これを見てどう思われても文句は受け付けない(をぃ

背景

起伏がないと言うか、綺麗過ぎると言うか………

ま、えちぃゲムにそこまで求めるのは酷だし、特に悪い部分もなかったですよ。

っつか、生徒会長の髪型や髪の色と言うか、全体的な見た目やキャラが

今はなきウィッチ作品に出てきそうな感じを受けるのは自分だけかね?





ミュージックA(80点)

BGM

24曲、なんか前作のタイトルの曲があって

しかもそれがタイトル画面で流れてる気がするのは気のせいと言うことにしておこう。

曲数は少なくないけど、アレンジがちょろちょろあります。

ガツンと来た曲はないけど、いい感じの曲が多い。

15番とか普通な感じがして好き。

まぁそれは置いといてだ………なごみの固有BGMはどうにかならんか………

恋人関係になっても、出会う度にそんな緊迫感ある音楽流されたらたまらんて(笑)

曲そのものは好きなんだけどね。

OP曲は、出だしは好きだけどそれだけって感じ(を

ED曲はいい感じ。

こう言うロック調? な曲は好きです。

エンディングとしてはどうなんだって気はしないでもないですけどね(笑)

CV

あんま聞いたことない名前の人が多いけど、特に問題はないかと。





総評B(70点)

feng作品のレビュー書くなんて、いったいどれくらいぶりだ?

デビュー作品くらいしか書いた記憶ないんだけど………

うわ、ちょうど5年ぶりじゃん………

レビューじゃないなら前作もプレイしたにはしたんだけどね。

どうにもやる気が出なくて途中で放棄したけど。

システム

基本問題ないんだけど次回予告がな………

文章は出ないで台詞だけのことが多いくせに、クリックしないと次の台詞にならないから

いつクリックしたらいいか分からず、何回か聞き逃すことが………

まぁ聞き逃しても文章はバックログで読めるけど

クリックせんでも台詞が流れるようにするか、文章を出して欲しかった。

それから、これはシナリオで書くべき部分なんだけど

次回予告やサブタイトルが不安感を煽るような文章だったりすることが多い割りに

別にこれと言ったこともないのは流石にあかんのではないかと(笑)

あっさり風味の味付けが良いと言うのは、シナリオの部分で書いたから、それはいいんだけど

次回予告に嘘っぽさが出てしまうのは問題でしょう。

あぁ、あとバックログだけど

かなり長い期間のログが保存される割に、スクロールバーがなく

ボタンだと1行ずつ進めたり戻したりするか、最初か最後に戻るしかないため

ある程度前の文章を読もうとすると、かなり不便です。

とは言え、そんな機会は滅多にないからそこまで声を大にしてってものでもないですけどね。

総評は、最近70点多いな(ぇ

意識してやってるわけじゃないんだけどね………

他人にはあんまりお勧めできないかな。

キャラに萌えたいだけで、キャラデザが好きで

キャラクターの肉付けもテンプレート通りでいいってんならある意味お勧め。

ただし、シナリオのところに書いたとおり、パロディが酷いし

キャラによっての落差も大きいから、買うならお覚悟を。

あ、一部キャラの切り替えや誤字なんかはあれど

普通にプレイしている限りでは、特にバグらしいバグはなかったのでそこは安心。


戻る