聖なるかな


希美1人しかクリアしてない状態でのレビューです、ご了承ください。
それと、ちょっとした攻略もあります。





シナリオB(70点)

体験版の感想のときにも書いたけど、前作同様、最初の戦闘パートに入るまでが長い長い。

しかも、その体験版は随分省略されていたらしく、更に長くなってるし………

途中でよそ事やってた時間もあるけど、3〜4時間はかかったかな?

これでやる気をなくす人とかいそうだよなぁ………

自分も前作は、戦闘始まるまでがかなりきつかったし。

でだ、本編については

戦闘が始まるまで、まぁ長々とやった割りに

戦闘が始まってからのシナリオは、唐突と言うかなんと言うか………

どうにも全体的に説明不足な気がしないでもない。

ユーフォリアがいったい何をしにきたのか良く分からないし………

他にも前世の記憶の話とか………これは他のキャラもクリアすれば分かることかな?

それから学生が一緒についてきた意味がない………

いや、別に意味がある必要はないんだけど、途中から存在忘れがちになるのがね。

それから、時深がユーフォリアと会っても、何の反応も示さないのは変じゃないかと。

子供が生まれたことを知らんのかな?

あと、佳織ってファンタズマゴリアにいたときのこと覚えてないんだっけ?

エターナル化した兄のことを忘れているのは間違いないんだけど、どうもその辺りの記憶が曖昧。

全体的には、なんかもう1つ盛り上がりに欠けると言うか。

アセリアのときのような、悲壮感や切迫した感じがなく

違う世界を転々とするため、世界に対しての感情移入も出来ず、中だるみを感じる。

それでも最後は非常に盛り上がったし、エピローグもご都合主義全開で良かったけどね。

えちぃは全部で13回、攻略可能キャラの数からして1人1回って事はないのかな?

取り敢えず希美では1回でした。

もしかしたら前作アセリアのようにカオスルートがあるのかも知れないけども

あまりえちぃを目的に買うべきゲームじゃないね。

そもそもこれをえちぃ目的で買う人間なんて殆どいないと思うが。

シナリオの長さはかなり長いです、SLGパートが長いと言うのもありますが

そもそもの文章量もそれなりにあると思われます、殆どが共通部分っぽいけどね。

んで総合的に見ると、可もなく不可もなくかなぁ?

結構、坦々と進むので燃えとかは期待しない方がいいかも。





グラフィックA(90点)

立ち絵

キャラデザ全体の話だけど、前作とは違って癖が減った。

アセリアはアセリアで、慣れるといい感じだったけど、こっちのが好みだ。

バリエーションも豊富だし、照れた顔とか可愛いし、文句なしの出来です。

1枚絵

差分抜きで1人21〜11枚、その他をあわせて総数122枚

少ないと思ってたんだけど、実はかなりあります。

ただ、プレイ時間と比較すると出てくる頻度がかなり低いから

1枚絵殆どねぇなぁと思うかも知れません。

クオリティは文句の付け所がありません。

背景

様々な世界の背景がしっかり描かれてるし、特にけちをつけるところはありません。

アセリアの背景使いまわしてるところはあるけどね、まぁ同じ世界の同じ場所だから仕方ないが(笑)

OPムビは思ったより派手さが無くて拍子抜け。

アセリアのような感じのを期待してると裏切られます。

逆に、EDムビは普通のスタッフロールに加えて

今までの写真がコメント付きで表示されて

映画のような良い余韻の残るムービーになってます。

SLGパートのグラフィックは全体的に頑張ってるね。

そりゃ据え置きの次世代機みたいに綺麗とまではいかないし

そもそもそんなことしたらPCの要求スペックが跳ね上がるわけで

3D化したフィールドも悪くないし、戦闘シーンのチップアニメは相変わらず種類も豊富。

まぁ、フィールドは別に2Dで良かったんじゃないかって気もするが

兎も角、グラフィック面は総じて出来が良いです。





ミュージックA(80点)

OP曲

曲は悪くないと思うんだけど、あんまOPっぽくない。

ED曲

壮大な感じで良い、OPと同じ人だけど歌ってる人結構上手い?

ゆったりとした壮大な感じの曲はあまり好きじゃないんだけど、何故かこの曲は気に入った。

BGM

OPED抜かして35曲。

タイトルメニューの曲が好き。

………前作にもあった曲だったっけ? どっかで聞いたようなそうでもないような。

ただ、それ以外はどうも………

AVGパートは特に言うこともないんだけど、SLGパートは盛り上がる曲がない。

んだけど………ラストバトルの曲だけは卑怯です、鳥肌たったわ。

CV

女性キャラは基本的に問題ないんだけど、沙月の声がところどころ違う。

具体的に言うと、戦闘システム周りの説明をしているときだけ声が高くなって不自然になる。

声を張った結果なのかも知れんが、そもそもそこで声を張る意味が分からない。

普通の会話シーンと説明は収録に間が空いたりしたんかねぇ………

男性キャラは、何でこんな棒読み? と思うようなキャラが………

演技の良し悪しに差がありすぎる。





総評A(80点)

まず最初に予想外だったのが、最初の世界ってアセリアの元の世界と違うこと。

発売前に公式サイト行って知ったことだけど、同じ世界だと思ってた。

で、一番最初で書きましたが改めて、希美しかクリアしてない状態でのレビューです。

まずはシステムだけど

戦闘シーンでアニメーションが開始するまでにタイムラグが発生することがある。

バニッシュスキルとかが絡んで、1回の攻撃で一気に色んなスキルが発動すると良く発生するから

結果の演算やらグラフィックの読み込みに時間がかかってるんだと思う。

頻度も少なくないので、テンポが阻害されてなんとも………

それから、システムで非アクティブ時の動作の可否を選択できるんだけど

動作するようにして非アクティブにしても

クリックしたりエンター押したりすると、スキップが止まるので何の意味もありません。

2周目以降はつらそう。

SLGパートも、全体MAPがないのが辛いね。

アーティファクトを撤去するときに、いちいち画面を動かすのが面倒。

それでそのSLGパート部分についてだけど

難易度はそれなりに高め。

考え無しに突っ込むとあっさり死んで、考えればクリアできる非常に程よい難しさ。

特に序盤は一歩間違えると詰む。

ただ、後半キャラが増えるにしたがって、難易度はどんどん下がる。

特に全キャラそろった終盤は、かなりさくさく進めるようになってしまう上に

とあるキャラが入ってからは、そのキャラ1人いればボスにすらあっさり勝ててしまい

一気にゲームバランスが崩壊する。

流石にラスボスは1人じゃ無理だったけど、そこにたどり着くまで崩壊しっぱなし。

出来れば序盤のように間違えたら詰む難易度のまま最後までいってほしかった。

とは言え、序盤はある意味やり直し前提だし、時間がない人には終盤くらいの方がいいのかな?

まぁ、プレイ時間が40時間越えるようなゲームだから

そもそも時間がない人には向かないんだけど

んでそのプレイ時間だけど、クリアデータでは44時間20秒

ところどころでアクティブ状態のまま飯食ったりとかしてたから

非アクティブ状態でプログラムを停止させておけば40時間くらいで済むかな?

ただし、これはあくまでセーブロードを含まない時間であって

やり直しだのなんだのがあるから、純粋なプレイ時間は50時間を越えると思う。

そこらの据え置きゲームと変わらんくらいの時間楽しめるから

えちぃゲムとしてのコストパフォーマンスはかなり高い。

ただし、シナリオのところにも書いたが

そもそもえちぃゲムとして買うのは間違いな類のゲームでもある。

ま、えちぃがあるのは嬉しいけどね(笑)

ある程度歯ごたえがあるSLGが好きで時間がある人にはお勧め。

ただし、過剰な期待は禁物だし、アセリアはやっておくことが前提です。


戻る