ソルティアンジュ魔法倶楽部


真琥がどうにもヴィータと被って見える。





シナリオB(70点)

全体的にちょっと展開が強引過ぎる。

特に文化祭に関しては、どうしてアレで解決するんだって感じ。

それから、主人公がヘタレってわけではないんだけど

いぢられるタイプのキャラだから、性格がSに偏ってる人にはあまり向かない。

ただギャグは結構笑えるのが多かったな、こってこての基本を突っ込んで来たのが良かった。

後半になると、馬鹿さが増すのも良い感じだし。

っつ〜か、ファンタジーバトル物だとは思わんかった………

別にそれ自体は悪いことではないんだけど

最初に言っている通り展開が強引で急だから

前振りも掘り下げも足りなくてなんともかんとも

おかげでシリアスさも足りてないから、盛り上がりに欠ける。

戦闘シーンは馬鹿っぽくて燃えるところもあったいるすけどね(笑)

んなもんだから、あまり深く考えずに適当に楽しむには良かった。

ただし、シナリオは基本一本道。

攻略するヒロインによって多少会話が変わったりしなくもないけど

根底の問題が同じものなので、展開そのものは大きく変わりません。

よって既読スキップできる部分がかなり多く

元のシナリオも普通のえちぃゲムより短いので、プレイ時間そのものはかなり短くなってます。

えちぃは1人3〜4回、ただし前戯のみとかスマタだけとか

本番行為に及ばない場合があるので、本番ありにするとちょっと減るキャラがいます。

キャラデザが好みなのが大きいと思うけど、妙に興奮した。

つ〜か、生徒会長はあるのに何で鹿子と七のえちぃがないのやら………

あぁ、最後に。

ユダヤ教?(メタトロンとかいる)辺りの天使の設定を使ってるんだけど

説明なしでいきなり専門用語使ってくるので

多少なりとも知識がないと何を言ってるか分からない場合があります。

まぁ、会話の内容でなんとなくは分かるし

主人公も理解してないと思うから、分からなくてもいい気がするけど一応。





グラフィックA(80点)

立ち絵

ゆったりとした制服だから………と言うよりは

キャラデザの問題が強いと思うんだけど、1枚絵との乳の大きさの乖離が凄い。

枚数はそれなりにある。

服装は制服とマントと魔法服と………あとあったっけ?

表情も顔だけじゃなくて体も変わるからよし。

1枚絵

まず最初に、モザイクが薄いと言うか範囲が小さい絵があるんだけど………大丈夫?

枚数は1人17〜8枚、その他が18枚。

総数は106枚、デフォルメ絵も入ってるけど、シナリオの短さの割りには多い。

えちぃ絵との比率は半々くらいで、できの良さもかなり良いかと。

多少えちぃシーンで人体の構造が………ってのはあるけどね。

あと、キャラデザが結構ロリに傾いてるから好き嫌いは分かれそうかな。

背景

種類は多くないけど、可もなく不可もなくな出来だと思います。

OPムビ

3Dもちょこちょこ使われてるし、なかなか良いのでは?

結構動く割になんか画質がいいなぁとか思ってしまうのは

近頃動画と言えばニコ動の低画質な動画ばかり見てるからだろうか………





ミュージックB(70点)

BMG

28曲、数はあるけどこれと言って………

静かな曲が多いのはいいんだけど印象に残らないし

戦闘シーンの曲も、どうにもインパクトに欠けた。

OP曲

テンポが良く明るい曲。

曲は悪くないんだけど、やっぱ歌ってる人の歌唱力がね………

えちぃゲムのOPでそれを突っ込むのは野暮なのは分かってるけどさ。

ED曲

静かなようなそうでもないようなそんな歌(ぇ

なかなか良い曲だと思うですよ?

しかしなんだな、歌や曲に関しては言葉で伝えようがないから

どうにも曖昧なレビューになってしまってよろしくないわ。

自分がもっと音楽の知識を持ってればどうにかなったかねぇ………





総評B(70点)

システム

Ctrlキーで強制スキップする際に、タイムラグがあるのが気になった。

1秒くらい? 押し続けてないとスキップ開始しない。

PCのスペック上の問題とは考えられないし

間違って押したときに飛ばしてしまわないようにって配慮かな?

正直、素直にスキップさせて欲しいところではあるけどね。

それ以外は特に気になるところはなかった。

総評

章仕立てで、1話ごとにOPとEDが流れたりするんだけど

あまり章仕立てにする意味はないね。

ちなみに、EDは最後に流れるED曲と同一。

シナリオには難もあるけども、シリアスになっても重くなりすぎないから

気楽に楽しめるし、ツンデレタイプのキャラ立てが上手いので、萌えも上々。

と言うか、これでキャラに萌えられなかったらかなり厳しかっただろうけどね。

まぁ普通に凡作でしょう。

別段悪すぎるところがあるわけでもないし

萌えのポイントが分かっていてキャラの作りも良かったし

上でも書いたけど、何も考えずに気楽に楽しめると言う点は評価が高い。

要は、過剰な期待をせずキャラに萌えられれば凡作、出なけりゃ駄作な作品でした。

ただまぁ、最後に1つ言うなれば

これ別にバトル物にしなくたって良かったような気もするんだけどね(最後の最後で全否定かよ)


戻る