ウィザーズクライマー


適当に何週かし終わった時点での感想です。





シナリオB(60点)

ある意味いつも通りっちゃいつも通りで

まぁ特に何があるわけでもなく………

書くことも別に無いです(ぉ

長さとしては、1周目はまぁそれなりですが

文章量がそれほど多いわけでもなく、戦闘や訓練、アルバイトのシーンを飛ばすと

結構さくさくと終わります。

と言ってもエンディングの種類が豊富で

複数回プレイすることが前提のシステムとなっていますので

嵌ればゲームとしての寿命は長いです。

えちぃシーン

相変わらず回想枠が多く、回数だけは多いくせに

1回1回の尺が短く使い道もなく、1枚絵の使いまわしも多く

期待してはいないとは言え、またかと言う失望感が拭えない。

それから、このブランドの作品の主人公は

どうしてえちぃシーンになると急に自己陶酔を始めるんだろう?(笑)





グラフィックA(80点)

立ち絵

表情の差分はそれなりにあるけど、服装の差分はそんなに無い。

キャラはそれなりにいるし、キャラデザに多少癖があるけど

それが嫌いじゃなければ問題ないでしょう。

1枚絵

総数338枚だけど、差分含めてなので

差分がかなり多く、含めずに数えたら100枚いかなそう。

全体的に出来は悪くは無いんだけど、たまに出来の悪いのが混じってます。

それよりも、相変わらずあからさまなロリキャラがおらんのはどうにかならんかね。

やたらぼいんぼいんなキャラばっかなのが、このブランドの作品の最大の問題だ。

背景

あんま多くは無い、出来としてはそれなり。

後は戦闘シーンなんかのドット絵だけど

これは案外しっかり作られていて、結構ぐりぐり動きます。

魔物なんかはただの色違いとかも多いけど

この部分で、AVG部分の微妙なところが救われてます。





ミュージックB(70点)

BGM

40曲と曲数は多め。

出来としては可もなく不可もなくかな………

特に気に入った曲もなかった。

OP、ED曲

どっちとも同じ曲。

電波系よりの曲、いきなりイントロを口ずさみ始めて噴いた。

電波系なだけあって、明るい曲だけど………どう評価したもんかね………

取り敢えずいまいち好みではなかった。

CV

文句なし。





総評B(70点)

まずはシステム。

暫く前の作品からだったと思うけど

右クリックでスキップするかしないかを、オプションで変更できるようになったのが良い。

前は右クリックは強制スキップで固定されていて

他のゲームと同じ感覚でウィンドウを消そうとしたりメニューを表示しようとしたりして

必要の無いところでスキップをしたりすることが多かったからね。

それ以外のところはAVGパートだと、セーブがいちいちする枠を選択した後

上の方にある保存のボタンを押さないと保存されないのが煩わしいが、まぁそれくらいか。

育成部分はこれと言った問題なし。

戦闘部分はある程度指示を与えたらあとはAIによるオート戦闘で

指示は随時変更可能なのはいい感じ、こっちもまぁ問題なし。

総評。

ゲームバランスはあまりよくないかな………

特定のスキルが極端に強いし、基本的に1対多の戦闘がメインなので

近接戦闘は凄く不利になるから、そこはどうにかして欲しかった。

あとはセリスが好きになれるかどうか次第だろうね。

愛着さえ湧けば、育っていくのが嬉しいし楽しいです。

ただ、1周目では目標達成はかなり難しいし

(何とか達成できないかと挑戦中、成功したらプレイレポートを攻略として上げます)

基本的に、同じことを繰り返す作業ゲーだし

シナリオや音楽が特に優れているわけでもなく

何かしら気に入る部分や、ディスガイアのようにひたすら同じことを黙々と繰り返し

キャラが育っていくことだけで満足するような人間で無いと

プレイしてもつまらないだけだと思います。

取り敢えずは体験版をプレイしてみて、それが面白かったら裏切られることは無いですが

それ以上と言うこともありませんので、ある意味安心な作品です。


戻る