ヴェルディア幻奏曲


ラッティに萌えてしまうのはどうしたものか………





シナリオB(70点)

文章が読みづらいってのが第一印象。

主人公が1人でいるときのモノローグの言い回しがやけに詩的だから

文章の流れとして読もうとするとどうにも引っかかる………

それ以外の会話とか、会話中の思考とかは

まぁ後者には多少上で言った部分が混じってはくるけど

別段問題なくすらすら読めるので、その引っかかりは残念だったかな。

とは言え主人公の職業とか物語を考えれば、あって然るべき部分でもあるとは思うけどね。

話としては全体的にいい人が多い、ってか悪い人がおらんので

田舎ってわけでもないんだけど、田舎情緒あふれる感じのする話。

上流階級のサブキャラが出てきたときは、テンプレート的な嫌味なキャラかと思ったけど

次の瞬間には見事にいい意味で裏切られたし(笑)

まぁ流石にPrincess Frontierのジンには届かないがな。

ただ、主人公がナイーブ過ぎる上に情けなくて、長いことうだうだやってるのでイライラします。

一人旅をしていたって割りに打たれ弱いし、精神年齢も妙に低く感じられて違和感もある。

シナリオによるところもあるけどね。

それから仲間が集うまでが冗長的過ぎるかな。

シナリオの大筋、起こる事態は一緒で

ヒロインにあわせて中盤からの一部イベントや状況が変わる。

なので、キャラによっては他のキャラのネタバレが入ったりするから

好きなキャラは先にやっておくのがお勧め。

終盤が一緒でもエンディングの演出がにくすぎて、ちょっと暑いものがこみ上げてきたし

どのキャラでもその演出は一緒だからね。

キャラの好み抜きで、話の流れの自然さだけで言えばイレーネがお勧めかな。

共通部分は長めだけど、上で書いたとおり大筋の話が一緒なので

中盤以降は中途半端に共通固有が入り混じるからなんとも言えないところ。

全体の長さは結構長めだけど、共通部分が多めなのでプレイ時間はそこまで長くありません。

えちぃは1人3回。

内容としちゃ濃いとは言えないけど尺は長めなので悪くは無いです。

総合的に見て微妙な部分はあれど、悪くは無かったってところではまとまってます。

萌えもかなりくるものがあったしね、シンシアとかシンシアとか、他にもシンシアとか(ぉ

いや、シェルミィにも萌えたがな。





グラフィックB(65点)

キャラグラは癖が強いけど塗りがいい感じなのでなんとも微妙なラインを走ってます。

下手でないことだけは確かだけどね。

まぁ絵柄がロリよりなので、自分からしてみれば問題なし。

立ち絵

表情パターンはそれなりにあるしギャップもあって面白いが

服装パターンが殆ど無いのは残念。

話の流れを考えれば、服装が変わる必要があるシーンは多く無いんだけど

服装が変わるのがフィーナ1人、しかもストール? や帽子の有無だけってのは寂しいわ。

それから出番の多いサブキャラも、大半が立ち絵ないし

正直手を抜いてるとしか言いようが無い。

出来そのものは良いです。

1枚絵

1人12枚〜10枚、その他が11枚、総数68枚。

明らかに枚数少ないです。

えちぃシーンも2回目で使い回しが出てくるし

ただ出来は良いし、立ち絵でぺったんこなキャラが1枚絵でもぺったんこなので

そこは評価大ですよ、昔から1枚絵になると乳が膨らむとか詐欺が多いからねぇ………

OPムビ

特に言うことなし。

EDムビ

シナリオと一体となったつくりは非常に良い。





ミュージックA(90点)

BGM

流石に音楽を題材にしてるだけのことはある、と思う。

演奏会の課題の曲なんかも、仲間が増えるたびにしっかり音が増えるのも良いし

演奏しているキャラが使ってる楽器によって、ちゃんと音が変わるのも良い。

曲数は番号振ってない上に、上で書いたパターン違いのもあって

数えるの面倒ですが数が多いのは確かです。

全体的に良い曲が多いけど、ノット緊張バット興奮が一番好きかな。

ただそれを聞くとどうしても俺屍の戦闘BGMを思い出して仕方が無いのは自分だけか………

OP曲

なんかどっかで聞いたような………狼と香辛料かと思ったが違うし

シャマナかな? 兎も角、中世物っぽいイメージとしてはあってます。

スローテンポで力強くてよい曲です。

ED曲

物語の展開にあわせて『歌』ではなく『曲』なのが良い。

エンディングも物語の一部と言うのは珍しいけど、非常に理にかなったものだと思う。

CV

演技的には特に文句無いんだけど音質悪くない?

気のせいかな………





総評A(70点)

システム

非アクティブ状態で動作が停止するのだけはいただけない。

プログラムを右上の閉じるボタンから終了すると確認が出ないのも危ない。

ただ、非アクティブで動かないのは既読スキップが超高速。

それこそシーンスキップなので、そこまで気にはなりませんでした。

後は普通。

総評。

まず最初に、これをプレイする前にプレイしてたのが

『あるすまぐな!』なので、評価が甘くなってる部分があるかも知れないことをご了承ください。

やっぱ全体的にグラフィック面、背景以外の部分が足を引っ張ったなぁ

出来としては悪くなくても、枚数的に手間が足りてないからね。

まぁ妥当に凡作ってところかな。

褒められるところも特に無いし………

でも萌えだけは結構良かったので

同じ布陣のライターで次の作品を作るんであれば

下手にシリアスぶち込まんと、萌え特化できてくれれば

かなりいい方向に転がりそうな気もしないでもない。

絵柄も好きだし、まぁ次回作に期待って方向でひとつ。

兎も角、今作に関してはあまり購入をお勧めできるものでもなかったです。























………ウェンディルートがあれば良かったのに(ボソッ


戻る