闘神都市III


珍しくはずれと言うか………





シナリオB(70点)

それなりにちゃんとしたシナリオがあります。

ただ主人公が妙に子供っぽいのが引っ掛かる。

RPGとしてうろうろしたり戦ってる時間が長いので

あまりシナリオが身に入ってこないと言う問題も。

まぁ悪くは無いですよ、どんでん返しからの展開は盛り上がるしギャグの切れ味も増す。

そこまでたどり着くのに20時間近くかかって大変な上に

そこから終わるまでも更に時間がかかって飽きてきますが………

あと、持ち上げて落とすは1回で十分です、長々と苦労して話を進めてきて

2回も3回も落とされたらたまったもんじゃありません。

あぁでも、えちぃゲムのRPGに良くありがちな

初えちぃまでに10時間以上かかるとか言うことも無く

序盤から結構な頻度で濃くも薄くも入ってくるからお腹いっぱいになります。

回数は面倒で数えてないから細かい数字は分かりませんが

キャラによっては複数回ありますし

本筋と関係ないところで収集的なえちぃも豊富にあります。

内容的にもシチュエーションも色々とありますし

えちぃだけは妥協して無いので満足です。

最終的に、RPG部分とかで時間が掛かることを抜かしてシナリオだけで見た場合

テンポが悪く無駄に引き伸ばされてる感があったりするけど

悪くは無い出来だったと思います。





グラフィックA(90点)

立ち絵

流石にキャラが多いだけあって数は多い。

ただ基本的に立ち絵自体は変わらずテキストウィンドウ左の表情アイコンだけ変わるのは残念。

1枚絵

流石に貫禄の170枚、出来も申し分ないし満足です。

背景

種類はそこまで無いけど、そもそも背景が大量に必要なゲームでも無いし

出来も良いからこんなもんで十分かと。

戦闘がらみ

見慣れたモンスターが3D化して動いてるのは妙な感じだな(笑)

エフェクトが妙にまぶしいのだけはどうにかして欲しかった。

OPムビ

静止画ムービーだけど、空白の1年のダイジェストでもあるっぽい。





ミュージックB(75点)

BGM

45曲、多いなぁ………

戦闘なんかはいまいち今までよりノリが足りてない印象。

ただ、ラストダンジョンの曲はさすがアリスって感じです。

つってもOPのアレンジなんだけどね。

OP、ED曲

同じ曲、のはず………

何かアリスって感じ(ぇ

いかにもファンタジーって感じがするアップテンポな曲。

この曲調をいつまでも残して欲しいね。

CV

こっちは文句なし。





総評B(70点)

システム

インターフェース面は戦国ランスのそれとほぼ同じ。

まぁアリスは自社で汎用システム構築してるし当たり前か。

ただ今作からは起動してもIMEの言語バーが消えなくなったのは本当にありがたい。

そんなわけで問題なし。

んで総評。

プレイ日記で色々書いちゃったから同じようなことばかり書くことになりそうだけど

どこに行くか決めて、その場所で誰と話すか決めて

一昔前の総当りAVGをやってる気分になってきてなんとなくわくわくする。

戦闘に関しては難易度が高いわけでもなく低いわけでもないのですが

スキルや付与があっても個性が出せるほど幅が無く、戦闘でやれることが限定されて

雑魚でもボスでも戦い方が一緒になってしまい

話を進めれば進めるほど退屈になるので、ゲームの肝の部分が足を引っ張ってしまっている。

出来や発想自体はそこまで悪いってわけではないのですが

プレイ時間の長さを考えると、単調すぎるのが致命的。

シナリオはつまらないわけじゃないですが、前半は明確な目的が無く入り込めない上に

肝心のRPG部分もお使いやらなにやらで時間が掛かるばかりなので

戦闘や育成に遊びが無い分、長い前半を終えるまでに飽きるし

盛り上がってくる後半も、結局やることが同じなので既に飽きが来てる。

その上で先が見えないくらい長いから最終的にうんざりすることが多い。

正直組み合わせが悪くて二進も三進も行かない状態。

せめて雑魚戦とダンジョン探索をサクサク進められるつくりなら

シナリオはこのままでも、評価が上がっただろうと思うだけに勿体無い。

無理に敵を3D化とかしなくていいから、ゲーム部分にしっかりと手を入れて欲しかった。

プレイ時間は1ダンジョン1レベル上げることを前提にプレイすると

40時間くらいはかかりそうかな?

シナリオに分岐が無い分、1本に纏めて長くしたんだろうけど

そのせいで冗長になってる部分があるのは否定できない。

最後までプレイすれば、そう悪い作品では無かったかなとも思いますが

ある種、開放感によってそう思ってる部分が多い感じなので

2周3周とプレイする気にはなれないし、根気が無いと最後までプレイするのも辛いでしょうから

正直あまりお勧めは出来ません。


戻る