恋する乙女と守護の楯


2009年積みゲー消化年間2本目、ちょうど1年半前の作品。

ここのブランドの男キャラはどうしてこう………





シナリオB(70点)

まず最初に、バッドエンドは見ていません。

普通のえちぃゲムみたいに他人の好意に鈍感とかじゃなくて

他人の気持ちを全く汲み取れないのはある意味凄い。

しかも女装して潜伏中なもんだから、何かもう妙なことに(笑)

共通部分が結構長めな感じだけど、ギャグも面白いしシリアスさも失わず

緩急のつけ方が上手いからやってて面白いです。

まぁギャグについては女装物のテンプレートをそのままやってるって感じだけどね。

それでも面白いからよしとする。

終盤、シリアスになってからの展開もテンプレート的ではあるし

展開としてはありにしても、下積みが足りてなくて強引に見える部分があったり

戦闘シーンの描写がいまいちかなぁと思わなくも無いけど

しっかり締めてるし間延びした感もないし、普通に面白かったです。

シナリオの長さはそれなりに長い感じ。

ただ、共通部分が長くて個別はあっさり目なので

シーンスキップがあることもありプレイ時間はそこまで長くありません。

えちぃは1人3〜2回

取り敢えず言いたいことは1つ、主人公、怪我してるのにハッスルしすぎだろ(笑)

濃さは十分でしょう。

萌えはあんま感じなかったかな。

総合的に見て、ギャグはいいけどシリアスになると出力が足りなくて

良作と言うには一歩足りない感じだったけど

こういう方向性の作品が嫌いじゃないなら十分楽しめる出来でした。





グラフィックA(85点)

立ち絵

ゲンガーは瀬之本久史さんなんだけど、何かいつもと絵柄が違う感じ。

まぁ相も変わらず良く動くし、種類も豊富。

出来も文句なしです。

1枚絵

SDのカットインや小物なども含めて

1人32枚〜21枚、その他が60枚、差分無しで総数201枚。

やたらSD絵が出てくるとは思ったがこんな枚数になってたのか………

普通の1枚絵の出来には斑があるけど

相変わらずSD絵は可愛いし、枚数考えれば十分過ぎるくらいでしょう。

背景。

必要な分はしっかり揃ってるし出来も申し分ありません。

OPムビ

普通の静止画ムービーで特に言うことも無い。

センスが飛びぬけてるわけでもないしね。





ミュージックA(80点)

BGM

23曲。

まぁ普通の出来かな、19曲目と23曲目は好みだった。

OP曲

アップテンポだけどゆっくりした曲(ぇ

正直、この歌を歌うには歌唱力が足りてないと思う………

ED曲

3曲ある………けどEDは1回見ると飛ばせてしまい、1曲しか聴いてない(爆)

取り敢えず全部聞いてみた限り、3曲ともゆっくりとした曲です。

CV

やけに豪華な印象。

取り敢えず北都南さんがいるので満足満足。





総評B(75点)

システム

必要なものは揃ってます、シーンスキップもあるしね。

ただ、同ブランドのチュートリアルサマーと同じく

非アクティブからの復帰時に、暫く操作を受け付けなくなるって問題がある。

Princess Frontierんときは気になった記憶が無いし、この作品までの問題かな?

総評

サクサク楽しめるけど後に残るものは何も無い、そんな作品。

シナリオもキャラもグラフィックも音楽も悪くないんだけど

ただ悪くないだけで終わってしまっている。

こういう作品が一番レビューが難しいんだよね。

貶すことも褒めることもできないし………

欠点らしい欠点が無くて無難にまとまりすぎてる。

いいことなんだけど、かと言ってのめりこめるわけでもなく………

キャラデザに癖があるけど、そこさえ気にならないなら

公式サイト行って情報見たり、体験版(あるのかな?)やったりして

面白そうだと思ったら過度な期待さえしなければ買って間違いない出来です。


戻る