祝福のカンパネラ


頬を染めるゴーレムは素でキモイ(笑)





シナリオA(80点)

主人公がナチュラルにハーレム築いてて笑った。

やたら鈍感なのはえちぃゲムの基本とは言え、流石に不自然なレベルで鈍感な気もする。

導入部分はそれぞれのヒロインの目的も明確に示されるから入り込みやすいし

雰囲気も良く非常に良く出来てます。

ただ、前半でクエストが始まると、それがメインになってしまい

日常描写が殆どなくなり、シーンもぶつ切りになってしまうのが勿体無い。

作中に流れる雰囲気の良さもなりを潜めるしね………

クエストの内容も似たり寄ったりだし、展開に代わり映えが無いし正直ちょっと中だるみする。

1周目はいいんだけど2周目以降は特に………

シナリオは章仕立てになっていて、章の終わりごとに本編中で語られなかった

ヒロイン同士の会話や心理描写などを見ることが出来、キャラの掘り下げに一役買ってます。

ギャグ面もキャラ同士のやり取りが面白いし、さらっとパロディが入るのも良い。

後半からは本領発揮って感じで

また雰囲気の良さが戻ってくるし、心理描写はしっかりしてるので

違和感無く物語に入り込むことが出来ます。

おかげで終盤は典型的な展開が待ってても燃える(笑)

少々ご都合主義が強い感もあるけどね。

シナリオの長さは結構長め。

特に共通部分のクエストが多いので、個別ルートに入るまでが厳しいです。

個別ルートも長いには長いですが

こちらは上で書いたとおり文句なしの面白さなので問題ありません。

えちぃは1人3回。

回数も濃さも十分でしょう。

それから、勿体無くてまだ見てないけど

サブキャラだと思ってたキャラにもおまけ的なシナリオがあって

1回ずつえちぃもあるっぽいのは嬉しい。

総合的に見て。

多少変な部分がある、事前の会話で知っていることを知らないことになってたりね。

にはあるけど、出来は良い方かと。

えちぃもしっかりとしてるし萌えもしっかりある。

主人公がやたらいい奴で、カリーナさんがそれに輪をかけていい女で

それ以外の周りのキャラもいい奴らでシナリオもいい雰囲気で進んでいく。

今まで書いてきたとおり、問題が無いってわけでもないけど

そこを含めても良作ではあります。

まぁ、カリーナさんがいい女過ぎて、ルートに入ってメインヒロインになるよりも

他のキャラのルートに入ってサブに回ってる方が輝いてるのは問題だがな(笑)





グラフィックA(90点)

立ち絵

種類も十分で良く動くし満足満足。

普通の絵も砕けた絵も可愛いしね。

カットインじゃなくて通常の立ち絵としてここまで砕けた絵を使うのは珍しいな。

1枚絵

1人17〜20枚、その他34枚、総数110枚。

ただ複数のキャラが映ってる絵の場合、それぞれのキャラの欄に表示されるので

それを差し引くと100枚前後ってところだと思う。

だとしても数は十分だし出来も良く文句の付け所は無いです。

幕間に出てくるアイキャッチもいい感じ。

背景

通常背景と3D背景があります。

通常背景はモブもしっかり描かれてるし出来も枚数も十分。

3D背景は何か出来が中途半端と言うか………

えちぃゲムだしそんな高精細な3DCG使って必須スペックを上げる理由も無いし

そこがメインじゃないからこんなもんで十分だと思うんだけど

現行の箱○やPS3のようなHD機に慣れてしまった人には物足りなく感じると思う。

ただ、正直3Dにする必然性が無いので普通の背景で良かったんじゃないかって気もする。

OPムビ

3D背景を織り交ぜた静止画ムービー

アニメ的なアングルが印象的。





ミュージックA(90点)

BGM

おまけシナリオやら無いと開放されない曲があるので

細かい数字は分かりませんが、OPやED合わせて46曲あります。

良い曲が多いです。

OP曲

テンションが高く力強い曲です。

ちょっとシリアス入ってて、無闇に明るい曲を予想してたから面食らった。

ED曲

ヒロイン毎に違う曲があります、どの曲もいい曲ですね。

宮川なつきさんは流石に上手い。

CV

メインから脇まで有名どころで押さえて、非常に豪勢。

なのはいいんだけど、アニエスとタンゴの会話はえちぃゲムやってる気が薄れて困る(笑)





総評A(85点)

システム

基本的なものは揃ってます。

シーンスキップがアイキャッチャ毎に止まるのは微妙だけど

無いゲームのが多いことを考えればあるだけありがたい。

総評

正直言うとそこまで期待してなかったんだけど………

いい意味で期待を裏切られた作品だった。

中途半端なRPG要素はいらんかなぁと思わなくも無い。

ゲーム性があるわけでも無く中途半端だし………

とは言えアレが無いなら無いで、戦闘テキストがやたら多くなりそうだし

選択肢としてはありなんじゃないかなとも。

発売直前に色々とありはしたが、そこまで酷い問題でも無いし

総合的に見て良作と言えるでしょう。

シナリオの共通部分がどうにかなってれば名作一歩手前まで行きそうなんだけどね………

ういんどみる作品の中では最高の出来であることは間違いないかと。

























カリーナさんに惚れた(ぇ

恋愛感情的な意味ではなく、男が漢に惚れる感情に近い意味で。

ある種、尊敬の念に近いものもあるか。

それからタンゴとアニエスの可愛さは異常。


戻る