Like a Butler


霧子先生とのえちぃまであるとは思わなかった。





シナリオB(70点)

まず最初に、基本ハッピーエンドしか見てません。

Princess Frontier程、ノーマルとハッピーに差はなかったからね。

金持ちの子供が通う学校にヒロインと2人で放り込まれる

どっかで見たようなありきたりの展開だがまぁそれは良い。

まぁなんと言うか、いい性格(not性格が良い)をしたキャラが多い(笑)

おかげでまぁギャグシーンが冴え渡ること。

共通ルートは馬鹿な会話が見てて本当に楽しいです。

個別ルートはライター1人なのに出来に差があるような………

無茶な力技のご都合主義は好きなんだけど

キャラによっては練り込みが足りずとんとん拍子に進みすぎる感じ。

単純にそのキャラが好きかどうかの差な気もするけどね。

そこまで酷いわけではないが前提が破綻しちゃってる部分があったりもするし………

馬鹿なノリと勢いで押し通すシナリオは面白いし

『悪い』って部分も無いから及第点な出来かと。

シナリオの長さは普通。

共通長めで個別短めだから、プレイ時間としては短い方かな。

えちぃは1人3回。

内容もそれなりだし十分でしょう。

あと、誰ともくっつかない俗に言うバッドエンドルートへ行くと

霧子先生とのえちぃが1回、先生が好きなら嬉しい措置じゃないかと。

しかし、霧子先生ってどう考えてもアイギスの人だけど………

恋する乙女と〜で主人公が代替案として出した女性なんかね?

………別任務で潜入中とか言ってたが………名前までは覚えてない………

アンインストールしちゃったし、いちいち引っ張り出してくるのも面倒だし諦めるか。

兎も角まぁシナリオは普通に楽しめる出来でした。

キャラがしっかり立ってるから萌えも破壊力あるしね。





グラフィックA(80点)

立ち絵

相変わらず良く動く。

服装パターンも1つのシーンでしか使わないようなのもしっかり用意してるし

1枚1枚がちゃんとした絵って感じで見てるだけで楽しい。

とは言え癖があるのはいつもどおりで

あまり上手いとも言えない物が混じってたりするのもまた然りだけどね。

それから学園長とか、それぞれのヒロインのシナリオで

キーになるようなサブキャラの立ち絵が無いことがあるのは寂しいわ。

1枚絵

SDも含め1人40〜29枚、バッドエンド扱いのキャラが10枚、その他33枚

総数177枚、SD絵が4割近く? を占めるにしたって十分な量。

それに1枚絵になると急激にクオリティが上がる気がするし

申し分無いです。

背景

殆どが学園内の話とは言え数はしっかりあるし出来も良い。

OPムビ

昨今よくある3Dと静止画の併せ技。

結構動きは良いしセンスも良いんじゃないかと。





ミュージックA(80点)

BGM

28曲。

曲数としてはまぁ平均的か。

出来はこれといったものがなかったけど悪くもなかったです。

OP曲

やたら明るくテンションの高い曲、電波ではありません。

作中のドタバタ感とあっていて良いです。

ED曲

キャラごとにあります。

セーラの曲が好きだな。

CV

文句なし。

しかし相変わらずここは青山ゆかりさん好きね。

何か青山ゆかりさんが引退したらそのままこのブランドも消えそうなんだが(笑)

あと最近は松田理沙さんも連続で出てきてるな。





総評B(75点)

システム

問題なし。

ここのシステムはシーンスキップがあるからありがたい。

共通部分が長いだけに特にね。

総評

良作手前ってくらい。

これといった点は無いけど作りはしっかりしてるし標準的なえちぃゲム。

良い意味でも悪い意味でも予想を裏切らず

公式サイトで読み取れる作風の枠内に収まってるから

体験版をやって楽しめたなら裏切られることは無いです。

これといったものがないので書くことに困るが

ギャグも萌えもあるし下手な期待をせずにただ楽しむだけなら十分な作品でした。

























お〜ふ………

瑞穂が可愛くてたまらん、なんか口からエクトプラズムとか出そう(ぉ

中の人が松田理沙さんなのも大当たりだし

今年(2009年)も上半期はえちぃゲムが豊作になりそうだ。


戻る