ボクの手の中の楽園


シャマナと同じ世界みたいだな。





シナリオC(65点)

展開が唐突過ぎる。

何で会って2日しかたってない身元不明、記憶喪失の人間を騎士団長補佐に………

なんて話になるんだ………

他にも説明不足と言うか描写不足な部分もある。

特にヒロインの感情の動きが描写不足で

関係が発展するタイミングが早すぎると言うか………

文章量として考えれば共通はそんな短いわけじゃないんだけど

物語の中での経過日数で考えるとほんの数日だから急ぎすぎな感じ。

まぁ強引でも勢いだけはしっかりとあるから良い部分もあるんだけどね。

主人公が啖呵を切るシーンとか。

ただシーンの繋がりや会話の前後が怪しい部分がちらほらと。

ライターが下手と言うよりは、完成後に削られたとか

追記する予定だったものをマスターに乗せてしまったんじゃないかって印象すら受ける。

あと、あえて日常ではあまり見ない漢字を使ったりしてるのは

現代とは違う世界であるってことを印象付けたい狙いがあるんだろうし

それはそれでいいとは思うんだけど、人によっては読みづらいと感じるかも。

個別に入ってからは共通より更に駆け足になるからついていけない部分もある。

シナリオによっては何もかも放り投げて終わることもあるし………

出来不出来を語る前にやってて困惑するわ。

長さは共通が長めで個別は短い。

全体としてみると極端にと言うほどではないですが短いです。

攻略可能キャラが4人と少ないので結構物足りない感じ。

えちぃは枠としてみると1人2〜3回

ただ中途半端なもので枠が取られてるので実質1人1〜2回

回数も少ないし内容も薄いしで、期待はしてなかったけど残念。

全体的に見て

キャラの掘り下げ、内面描写が足りてないからキャラが薄いし

展開に間が無いからダイジェストを見せられてる気分になる。

制作期間が足りなかったんじゃないかってくらい骨組みが透けて見える。

まぁ深く考えなければ勢いがあるから盛り上るシーンはあるし

話の流れでやりたいことはわかるから、プロット自体は悪くないのもわかる。

肉付けさえしっかりしってぶった切られてなければ、良作判定を出してることは間違いないので

何とも勿体無いシナリオでした。





グラフィックB(70点)

立ち絵

テアはパンチラしすぎだろ

どっかの海産物じゃないんだから(笑)

ヒロインは少ないけどサブキャラの立ち絵は多いし

ヒロインの服装や表情パターンも必要な分は揃ってるし

出来としても十分でしょう。

1枚絵

総数70枚。

シナリオの長さを考えればこんなもんか?

それでも物足りなく感じるが。

絵柄としてはちっと癖はあるけど、慣れれば気にならなくなる程度かと。

まぁONEや痕ですら慣れれば気にならなくなるんだから

それこそ慣れても駄目な絵ってのは無い気もするけどね。

ただまぁ絵によって出来に差がある気もします。

背景

これといって言うことなし。

OPムビ

必要なことはやってるし出来も悪くないんだけど

何かやけに短い気がする。





ミュージックA(80点)

BGM

22曲

BGMモードには登録されてないっぽいけど

メニュー画面で流れる曲が異様に気に入った。

OP曲のボーカル無しバージョンなんだけど、これだけで10点は加点されてます。

OP曲

こういう曲ってなんていうんだっけか………タンゴじゃなくて………

兎も角しっかりと中世ファンタジーな感じで

アニメなんかでも極稀に聞くような曲調の曲。

作風にはあってるかと。

個人的にはボーカル無しの方が好き。

ED曲

自分の趣味からはだいぶかけ離れたところにある曲でした。

悪くは無いんじゃないかと思いますが何ともいえません。

CV

演技自体に文句は無いが、何で鉄騎士団長とかに声ついてないんだ………





総評B(70点)

システム

問題なし。

総評

シナリオはシーン単位で見ればかなり盛り上る部分があるし

シナリオ以外の部分はこれと言った文句が無いわけで

あとは一点、シナリオの肉付けがもっとしっかりしていれば

良作と言って差し支えないような出来になったであろう作品。

本当に勿体無い。

まぁ萌えも足りなかった感じだけど

その辺りも肉付けの薄さが問題だし

もう1度、しっかり作り直して欲しいってのが正直なところ。

兎も角あまりお勧めできる1本ではありませんでした。


戻る