天神乱漫


バントホームランって現実では再現可能なんかね?





シナリオB(70点)

妹のブラコンっぷりが清々しく、見ていて面白い(笑)

不幸体質の主人公って設定はありがちな設定だが、主人公の鈍さが血筋ってのは珍しい気がする。

で、よくある不幸体質で起こる事件とかはありがちなものだけど

それのせいで家の鍵を持たせてもらえないとか、1日の小遣いが200円とか

実生活に密接に関わる、身につまされる細かい設定があるのが良い。

不幸慣れしてるから地味にスペック高いし

その不幸によって自分だけじゃなく他人に迷惑を及ぼす可能性を考慮できるなかなかの好漢で

主人公に関してはこれと言った文句も無い。

ギャグは特定のキャラが絡むと急にパロディが増える、ってか先行者とか懐かしすぎるだろ(笑)

共通部分は日付が結構ぽんぽん飛ぶのがちょっと気になったかな。

イベントを切り貼りしてる感じで、日常シーンの描写が足りないと言うか………

それでもキャラが良くギャグもシリアスもいい感じではありました。

個別入ってからは神様なんてけったいな存在がいるから、妙なことになったりもするけど

基本、個人の感情が問題の焦点になるから別段変わった展開は無い。

と言っても、それなりに丁寧に作られてはいる印象。

共通と同じく一気に日付が飛ぶけど、キャラが絞られてるからそれほど気にはならない。

ただ、ライターが2人いる影響か

えちぃシーンの後からは微妙に蛇足になってしまっている場合があるのは気になった。

終盤のいいシーンでパロディ入れてくるのもどうかと思うしね。

………まぁまさかARMSでくるとは思いもしなかったが(笑)

長さは共通が長めで個別があっさりめか普通、攻略対象が最近としては多いので

プレイ時間もそれなりに長くなります。

えちぃは1人3〜4回とそれ以外のおまけが1回

内容は頑張ってる感じで、まぁ悪くない。

全体的に見て

テンションが上がる部分が無いと言うか、山場はあるけど静かに進んで行く感じで

問題がおきても解決までがあっさりしてる。

そういう意味で展開的に盛り上がりとかを期待してると肩透かしを食らうけど

キャラに萌えるだけなら十分楽しめるし、最近にしては攻略キャラも多い方だから

全員外れるってことも無いだろうし、出来としては平々凡々かと。





グラフィックA(80点)

立ち絵

佐奈のニヘラっとした笑顔がたまらなく良い。

話のスパンが長いため夏服冬服があり、水着もあるので

種類が豊富で出来も良く、文句の付け所が無いです。

1枚絵

先行者に女学生の制服を着せた絵で笑い死にかけた、その発想はなかったわ………

股間のキャノンの盛り上がりがシュールすぎる(笑)

枚数はSD含めて109枚

キャラで分かれてないので数えるのが面倒だから1人何枚かは分かりません。

枚数は十分、出来も申し分ないです。

背景

種類は十分で出来も良く、細かい差分が結構あったり

目立たないところで日差しのエフェクトがついてたり、気合が入ってます。

OPムビ

静止画、3D、セルアニメを使って頑張ってる。

ダンスのセンスには突っ込まないでおいてあげるのが人情ってものか。

アニメ部分は、作画はいいけど枚数足りてなくてちょっとかくついてるね。

でもまぁそう悪いものではないです。





ミュージックB(70点)

BGM

34曲。

3番『とってもエブリデイ』がやけに耳になじむ。

あとOP曲のピアノバージョンがいい。

これと言って突出した出来の曲があるわけじゃないけど

全体的にいい感じでした。

OP曲

作品のイメージそのままな明るい曲。

電波ソングの手前くらいな感じ。

ED曲

テンション高め、あまり深刻にならないシナリオにはあってるかと。

CV

文句なし。





総評B(75点)

システム

問題なし。

ワイド画面だけど画面サイズ変更できるし

バグらしいバグも無いので至って快適です。

総評

シナリオ並、CG良、BGM並

CG面での出来が良い、普通のえちぃゲムと言ったところかと。

萌えられればそれなりに楽しめますが、それ以上でも以下でもありません。

シナリオに期待せず絵買いなら損するってことは無いかな。

取り敢えず、妹の性格がツボに入ればかなり楽しめることは保証します(笑)























渉さんと朋花のルートをください。

あと前原と生徒会委員Dも(ぉ

しかしなんだ、ところどころ腹黒い妹が可愛いな(笑)


戻る