Nega0


物分りの良すぎる両親というのも考え物だ(笑)





シナリオA(80点)

掴みの部分でこれだけ雰囲気出せるなら

もう普通のえちぃゲムにしちまっていいんじゃって気がする。

っつ〜か、れーこが可愛くて仕方ないんだけどこれ(笑)

どうにも自分はテンション低かったりネガティブだったりする娘に惹かれる気質っぽい。

サブキャラのAとBの苗字に作為を感じる(笑)

取り敢えず、会話の流れやキャラの癖の強さは

あぁ七烏未奏さんのシナリオだと納得させられるそれっぽさがにじみ出てる。

んで話の流れとしては

世界の崩壊を食い止めるため、他人の幸せを全力でぶち壊すアンチ魔法少女物。

こう書くと何とも酷い話ではあるが、実際そのままなのでどうしようもない。

前半は魔法少女物としてテンプレート通りな展開が続くので特に言うところなし。

心理描写や作中の空気の作り方の上手さは流石。

後半………と言うか正確には2周目以降に入ると

やっぱエターナルだなって超展開が待ち受けています。

伏線は張ってあるし、前振りが滅茶苦茶分かりやすいので

超展開って程じゃないんだけどね。

2周目以降の共通部分がスキップするだけじゃなく

ちゃんと面白味を持たせてるので、アイデア自体は悪くないと思うんだけど

殆どが共通部分になってしまっている上に、変わる部分も話の流れが同じなまま

文章が多少変わるだけで、同じ文章でもスキップできない部分が出来てしまっているのは問題か。

それとシナリオの攻略順が完全に固定されてるのもちょっと………

いや、攻略順が固定されてると言うよりか

完全にシナリオが1本道って表現のが正しいんだけどね。

周回を重ねる毎に真相が明らかになっていくのはワクワクします。

一応、えちぃゲム的な個別ルートもあって

個別に入ってからはどのヒロインも可愛くてたまらんですよ。

しかし、主人公がヘタレなんだかなんなんだかよく分からん(笑)

話の出来そのものは悪くないんだけど

構成上、1本1本の話はどうしても丸投げになってしまうのは勿体無かったな。

長さはそれなりだね、テキスト量だけだと少なめだろうけど

プレイ時間としては普通のえちぃゲムとさして変わりは無いかと。

えちぃは1人、2〜3回くらい。

なにやら妙にエロいです。

ヒロインじゃないキャラにもおまけ的にあるにはあるんだけど

そっちはもっと濃くして欲しかった。

総合的に見て

話が変則的で下手なネタバレ打てないからレビューがしづらいな………

魔法少女だ世界の停止だ、言ってることは大仰だけど

話の根幹に流れるものは同ライターの前作と同じく『幸せ』で

問題となるのはあくまで個人の心

誰も彼もアレで鬱々する上に、ご都合主義を真っ向否定するシナリオだから

進めるほど状況が悪くなってテンションが下がる(笑)

設定やら何やら難解な部分があるのに、少々説明が足りないって部分もあるし

ご都合主義ドンと来いのハッピーエンド至上主義な自分には厳しいものがあったけど

出来そのものは良いし、伏線の張り方が見事で、どんでん返しもしっかり決まってて

やってて時間を忘れるほど楽しめました。





グラフィックA(85点)

アイキャッチがいちいち可愛い。

立ち絵

服装パターンは制服、私服、水着くらい、キャラによっては裸もあり。

サブキャラにも結構種類があるし出来も良いので文句ないです。

1枚絵

1人21〜11枚、その他35枚、総数90枚。

何となく物足りなさは感じるけど、戦闘シーンのチップアニメとかもあるしこんなもんか。

えちぃシーンの1枚絵になると、急に印象が変わるのは気のせいかしら?

まぁ、アングルやら構図にとどまらず、表情から塗りまでやたらエロくてよろしい。

背景

種類はなんか足りないような気がするけど出来は良いし問題なし。

戦闘シーン

結構動くしいい感じかと。

OPムビ

2つあります。

1つ目は歌詞が気になって最初はろくに見られなかった(笑)

結構動いてはいるけど突出して出来が良いってこともない程度。

2つ目はテンポ良く画面が切り替わるのがいいね。

内容はバトル物っぽい感じ。





ミュージックA(80点)

BGM

31曲

記憶IIがお気に入り。

戦闘シーンの曲も悪くないし

全体的にいい感じです。

OP曲

これは酷い(笑)

アップテンポで歌う歌詞じゃねぇ

2曲あります、1曲目は上で言ったとおり。

2曲目は曲調とかはアップテンポで好きな感じなんだけど

歌い方とかが気になった。

ED曲

キャラ毎にあったりなかったりします。

ファソエンドの曲が好きかな。

CV

文句なし。





総評A(80点)

システム

基本的なところは揃ってるから問題なし。

ただ表示する文章を間違ってる部分があった。

ゲーム性の部分に関しては、逆転裁判にバトル要素が加わったと考えると分かりやすい。

と言っても、どのタイミングでもセーブできるから逆転裁判ほどシビアさはなく

変なところで突っ込むと、笑える意味で酷い展開になったりして、色々と面白いです(笑)

戦闘は結構簡単と言うか、力押しだけで十分いける。

ラストバトルだけは多少頭を使ったけど、難易度は低いので詰まることは無いかと。

総評

戦闘面や遊べる部分が同ブランドの前作より簡素化去れてる分

AVGの部分で頭を使う必要があるのはいい感じ。

ただ、キャラも文章も癖が強い感じだし人を選ぶだろうねぇ………

システムや設定をうまく使ったシナリオ作りがされてるし

斬新で感心させられる部分もあって

えちぃは文章と絵が組み合わさってだいぶエロいことになってるし

シナリオ以外も含めて全体的な出来は良いんだけど、お勧めはしづらい。

最後までプレイしないと意味が無いしね………

謎解きが好きな人にならある程度お勧めできるかな?























ちさシナリオが欲しかったなぁ………


戻る