幻月のパンドオラ


ブラコン率の高い良い世界だ(笑)





シナリオB(70点)

共通部分。

学年が上がって何となくやる気を出して、部活に入ることにした主人公が

妹と一緒に生徒会長が部長を兼任するゲーム部に入部しに行ったところ

部室から温泉が噴出し、そこから謎の美少女が現れ

ゲーム好きの魔界人がゲーム機に取り付いたりして

なんのかんのあって、その魔人に協力して魔界への通路を作ることになる。

と言うのが序盤のあらすじなわけだが、まぁそれほど目新しさはないか。

ただ、温泉辺りの件は前振りのない展開に面食らう。

話の流れとしては人間の欲望をメインとして扱っていて

犯りゲーに近い感じで、序盤からサブキャラとのえちぃも多くいい感じではあるんだけど

シナリオの一部って感じでえちぃそのものは薄いから、その辺りには期待しない方が良い。

サブキャラも可愛いキャラが多いから残念でならない。

展開的に見てもこれと言って特筆すべき点はないかな。

ご都合主義的な部分は半ばギャグ化して上手くこなしてる感じだし

強いて言うなればテキスト量が多い割りに、思ったより日数が経ってないってことと

選択肢がやたら多いってことくらいか。

まぁヒロイン達は誰も彼もやたらと可愛いから、萌えだけはしっかりあるけどね。

個別ルートそれぞれの感想。

うに先輩ルート

共通部分では見られなかったうろたえっぷりが可愛い。

あと、ギャグっぽさが増すのもいい感じ。

しかし企画段階から2週間足らずで体験版が完成するってどんだけ優秀なんだよこいつら………

話の展開はいまいち軸がしっかりしてない。

色々と事が起こりすぎて同時進行したり、あっさり解決しすぎたり

題材があっちこっち行くせいで、山場がなくまとまりが悪い。

しかも主人公大している意味ないし………

先輩は可愛いし、話そのものも悪いわけじゃないんだけど

構成の段階で躓いてしまってる感があるシナリオでした。

詩乃鈴ルート

このブランドは妹キャラの作り方が上手い。

素のモードの無邪気さが可愛くてたまらん。

内容はいかにもな兄と妹の話ではあるんだけど、他の作品で語られるような部分は軽くこなしつつ

魔人なんかの設定を付け加えることで、上手いこと調理してる。

伏線もいい感じにその時点では気付けないように張られてるし

先輩ルートと違って、発生する問題が繋がってるから素直に楽しめました。

真姫ルート

もうやたらと可愛くて仕方がない!!

ある意味一番えちぃゲムらしいシナリオ。

他のシナリオに比べてエレディーユの問題が大きく扱われてて

いかにも本筋って感じだし、物語の起伏はあるんだけど

発情設定が活かされていないのが残念。

どうにもエレディーユの言動が軽いって問題も相変わらずだし

ちっと詰めが甘いかなぁって印象。

えちぃは1人4〜5回と、サブキャラに1回ずつ。

回数はそれなりだけど濃さは微妙。

上に書いたとおり、サブキャラのはシナリオの一部って感じでそもそもエロさが足りないし

個別入ってからもいちゃラブの延長線上ではなく、何かしら別の理由があってしてる事が多くて

やらされてる感があって消化不良だし、全体的にいまいち。

長さは共通長め、個別短めと言ったところ。

攻略対象が3人と、他と比べると少なめなので、ボリュームもちと少ないです。

総合的に見て

フィンランド人の血が入ったキャラがいる辺りとか

妹キャラが絶妙に可愛らしい辺りが

まぁなんともQ−X作品っぽい。

ヒロイン以外にも魅力的なキャラが多いだけに、それらが攻略できないのが勿体無い。

それから個別入ってからもシリアスになりきれず

キャラの感情の動きも雑で、トントン拍子で事が解決する事が多いから

いまいち盛り上がりに欠けるし

かと言って、最近良く見かけるようになった、山場も何もなく

兎に角、面白さと萌えだけで押し通すってことにもなってないから

どうにも中途半端というか………

全体的には悪くはないんだけどねってところで止まってしまっている。

もう少しエレディーユの言動に説得力が持たせられれば良かったんだろうけどね………

萌えだけはしっかりあるのが救いか。





グラフィックA(80点)

立ち絵

メイン:制服、下着、裸、私服、水着、キャラによっては部屋着

サブ:制服、裸、キャラによっては下着と水着

適当にメモしただけなので間違ってるかも。

サブキャラにも裸絵があるのは良い。

と言うか、貧乳キャラの乳の描き方がGOOD

表情パターンはそれなりで、出来は良いです。

1枚絵

枚数は1人23〜24枚、その他18枚、総数108枚

えちぃシーンが多いと言うのもあるが、このボリュームのえちぃゲムとしては枚数多め。

ただ、絵の出来自体は良いんだけど、えちぃシーンだとアングルや構図がよろしくない絵がある。

主人公が被っちゃって殆ど見えないってどういうことよ………

それから、下の毛も描かれてるえちぃゲムってのは最近だと珍しい気がする。

少なくともこういう純愛(?)系えちぃゲムだとここ数年は見た覚えがない。

いくつか微妙な絵もあったけど、総じて出来は良く、特に塗りが柔らかそうでいいです。

背景

種類、出来ともにそれなり。

OPムビ

普通の静止画ムービーだけど、奥行きを意識した動きがあっていい感じでした。





ミュージックB(75点)

BGM

曲数は27曲

耳に残ると言うか、やけに耳に馴染む曲が多い。

明るい曲のが出来が良い気がする。

OP曲

メニューで流れる曲と同じかと思ってたんだけど違った。

曲の出来云々以前に、歌い手の歌唱力が絶望的でそっちしか印象残ってない(笑)

ED曲

アップテンポで楽しい曲。

OPと違って歌唱力が絶望的ってわけじゃないから安心して聴いていられます。

あと、メニュー画面とかでも歌があるけど

こっちもテンション高めでいい感じです。

CV

最初は詩乃鈴の素の方の声に違和感を感じた。

声自体は好きだからすぐ慣れたけどね。

まぁ文句はないです。





総評B(75点)

システム

総じて問題なし。

総評

亜方逸樹さんの絵は相変わらず素晴らしいね。

えちぃゲムではQ−X作品で3年に1度しか見られないのが残念でならない。

と言うわけで、ブランド買いと言うか絵買いなわけだけども

出来は思いの外良かったってところ

シナリオに多少問題はあれど、それ以外のところの出来は良いし

えちぃシーンをもっと頑張って欲しかったってのはあるけど

ヒロインもサブキャラも兎に角可愛いので、萌えはおなかいっぱいです。

絵柄が好きなら、買っておいて問題ない出来ではありました。

実妹の可愛さも流石Q−Xって感じだしね(笑)























エチホが攻略できないことは納得いかないが

それ以上にパンちゃんルートが欲しいのは自分だけか………


戻る