色に出でにけりわが恋は


………この世界は痴女だらけか………いいなぁ………





シナリオC(55点)

開始時点で既にヒロイン3人に(意図的じゃないとは言え)手をつけている主人公が

いかにもえちぃゲムの主人公してる。

あまりのスケコマシっぷりにいくらなんでもどうなんだって気がしないでも無いが………

しかし、ここ数年お嬢様学園物を見る機会がやたら増えた気がするな。

設定語りを説明台詞でキャラに言わせるんじゃなくて

完全に割り切ってキャラに解説させてる辺りはある意味凄い。

やってると次第に、主人公はただの変態なんじゃなかろうかって気が………

と言うかただの変態だ………この性格で何でモテるんだこいつは………

共通部分の展開としては

梨桜が主軸になっているので、他のヒロインの影が薄いと言うか

梨桜のためのシナリオになってしまっている感が否めない。

これで他のヒロインのルートに入れと言われてもなぁ………ってのが正直なところ。

いや、梨桜は可愛いには可愛いんだけど、常にと言っていいほど主人公と一緒にいるから

進めれば進めるほど『もういいよ』と思ってしまう………

『こいびとどうしですることぜんぶ』みたいな割り切ったゲームならそれでもいいんだけど

そういうわけでもないからね。

ギャグもいまいち冴えないし、同じことの繰り返しで辟易と………

無駄に長いのも原因の1つか。

個別に入ってからは………

こっちは梨桜ルートはある意味酷いがそれ以外はそれなりに面白い………か?

ただ、フラグ成立しても共通部分が残ってる上に

山場も何も無く一瞬で終わっていきます………なんだこれ………

別に山場が無いのはいいんだけど、それならそれでもうちょっとイチャラブせぇよ………

一発やってエピローグって一昔前のえちぃゲムでも、もう少しマシじゃなかったか?

クリア後に一応おまけシナリオが追加されるけど

えちぃシーン含むので消化しちゃうと勿体無いからやってません(笑)

どっちにしろ本編じゃないから評価に含まないだろうしね。

えちぃシーンは1人1〜3回

基本、本編中は1回のみで、クリア後におまけが追加。

攻略対象のヒロインが2〜3回でその他のおまけで1回。

内容は濃い目でいい感じ、なだけに全員3回は欲しかった。

シナリオの長さは

共通長め、個別短い。

共通は選択肢の多さと退屈さで必要以上に長く感じてる可能性も………

個別は短いけどおまけがそれなりにあるし、攻略対象が実質6人なので

ボリュームとしては少なめって程度かなと。

総合的に見て

やたら選択肢が多すぎてテンポが阻害されるのは気になった。

それ以外の部分だと、主人公が好きなヒロインに

もし他のヒロインに迫られて押し倒されたら、そのままやっちゃうよねとか聞かれて

嬉々としてやっちゃうとか答えるほどの素敵キャラなんだけど

基本変態で駄目人間なのもあり、言動や会話の不自然な感じに引っ掛かりを覚えなければ………

それでも色々と問題がありすぎてどうにもこうにもってところか。

駄作………と言い切ってしまうのはちとなんだが、微妙なシナリオだったな。

部分部分で見れば、淫乱なヒロイン達が可愛いとかあるし

梨桜がツボにはまればある程度は楽しめるだろうけどね。





グラフィックB(75点)

立ち絵

制服、私服、キャラによって戦闘着とかメイド服とか巫女服とか

あんまパターンは多くないね。

出来は良好、表情がなんとも可愛らしくていい感じです。

1枚絵

1人20〜5枚、その他2枚、総数82枚

いまいち1枚絵が出てこないなぁと思ってたらやっぱ少なめだね。

因みに1人の枚数に凄い差があるのは

ルートが無いキャラや、扱いの差があるヒロインがいるため。

出来は相変わらず良いので問題ないです。

背景

種類、出来共にそれなりかと。

OPムビ

静止画ムービーだけど、やたらと舞い散る葉っぱ

そして奥行きを意識した構図、画面切り替えなどの演出が

往年の神月社さんのムービーを髣髴とさせていい感じ。

まぁ、髣髴とさせるも何も作ってるのは当人なんだが(笑)





ミュージックB(70点)

BGM

24曲

可もなく不可もなくだなぁ………

これと言って印象に残った曲は無いです。

OP曲

何か優雅な曲が始まったと思ったら

そこから一気にテンションが上がっていい感じ。

ED曲

アップテンポな曲調が聞いてて楽しいです。

CV

基本問題無いんだけど、桔梗の声が見た目よりやけに大人っぽいのは何か引っ掛かる。

しかしみるさんの声はいいなぁ

どこまで行っても、どんなキャラでもみるさんになってしまうのは問題だが(笑)





総評B(60点)

システム

最初強制フルスクリーンで起動させられて驚いたが

ランチャーのシステムからウィンドウサイズの解像度を変えられるので問題なし。

基本的なところは揃ってるしシーンスキップが高速なので

やたら多い選択肢で止められることを考えなければ快適。

ただ、音声ボリュームを一括変更出来ないのは不便かな。

総評

はずれ。

絵柄は相変わらず可愛いし、それ以外の部分も特に問題ないんだけど

兎にも角にもシナリオが問題。

萌えゲーの類なんだけど、共通が意味もなく無駄に長い上にキャラの出番のバランスが悪く

その上で個別が短いので、ヒロインに萌える部分がろくに無い。

展開も同じでヒロインによる差別化もできて無いし

ボリュームが足りなくても内容がよければまだ何とかなるが

尺を稼ぐために同じようなネタを繰り返してるようにしか見えないし

登場人物が痴女と変態ばかりで、それでも面白いシナリオの作品ってのも世には存在するけど

これの場合、悪乗りが過ぎてて『酷い』としか言いようが無い。

逆に、そこが楽しめれば普通に面白いと思うので、問題はそこに集約される。

少なくとも自分には合わなかった。


戻る