リアル妹がいる大泉くんのばあい


このタイトルはうちの妹のばあいと掛けてるのかね………





シナリオA(85点)

一言で言ってしまえば、PCの中からエロゲ妹が出てくる話なのだが

根底に流れてる部分はシリアスで、序盤から重めな部分がチラホラしてて

荒唐無稽な設定とは裏腹に、真剣に妹物をやろうとしている辺りに好感が持てる。

その上で、適宜ギャグを挟み込むことで、沈み過ぎないようにしているのも上手い。

ただ、栞との仲が険悪になる中、麻衣との距離が近づいていくのは違和感があった。

自分もお兄ちゃんの端くれとして、何か思うところがあるのかもしれない。

しかし、おるごぅるさんはえちぃシーンも上手いんだし、この設定を考えれば

割り切って犯りゲーにして欲しかったって気もするが、それだと氏の味が出ないから駄目か………

個別は………あくまでこれは妹のためのゲームなんだなって感じ。

美紀シナリオもある程度しっかりしてるけど、本筋考えたらおまけで

麻衣シナリオは栞シナリオのための伏線張りという役割が強い。

栞シナリオは………ネタバレ語っちゃうと本当に価値が無くなるので詳しくは言えないけど

シリアスで切なくて凄くいい話。

やってると精神力がゴリゴリ削られてどんどん凹んでいきます………

栞がどれだけ可愛くても、栞にどれだけ萌えても、後々のことを考えると不安で楽しめない。

ただ………ただ1つ言わせてくれ、何で古賀をそっちの方へ持っていった………

アレだけ伏線張って何かありますとか匂わせておいて、何でそっちへ持っていった!!

精神的なダメージがでかいわ!!

えちぃは1人2〜3回

濃さはまぁそれなりと言ったところ、おるごぅるさんのシナリオと思うとだいぶ控えめ。

なので物足りなかったかな。

シナリオの長さは、共通短め、個別短い。

ボリュームは少ない、と言ってもこれはフルプライスを基準に考えてなので

ミドルプライス作品と考えればこんなもんかなと思う。

ただミドルプライス作品ってFDを除けばここ10年でこれ含めて3本くらいしかやってないから

基準も分からないのであまり当てにはしないでください。

総評

小粒ながらも兄妹、そして家族の絆を真摯に描き作られた良作。

少なくともタイトルで想像できるような内容ではない。

栞ルートに全てが詰まっているので、やるのであれば是非最後までやって欲しい。

妹が好きならばきっと価値を見出せるはず。





グラフィックB(70点)

立ち絵

私服、制服が共通、後は体操服とか。

あんま多くは無いけどミドルプライスだしね。

出来はそこそこ

1枚絵

総数60枚

枚数は十分だし出来も良い。

文句なしです。

OPムビ

静止画+一部3Dな可もなく不可もなくなOP

これと言って言うことなし。





ミュージックA(80点)

BGM

15曲

全体的には可もなく不可もなくってところだけど

ひたむきに、涼やかには良い曲だね。

流すタイミングもしっかりとしてるし。

OP曲

伸びやかな感じが聞いてて気持ちいい。

ED曲

凄く懐かしい感じがした。

歌詞も本編とあってて凄くいい曲です。

CV

文句なし。





総評A(85点)

システム

文句なし。

総評

まず最初に、このゲームにNTRは無い!! 繰り返す、NTRは無い!!

うちの妹で傷ついて様子を見ている諸兄ら!! ここは安全だ!!

………別の意味で、それもいろんな意味で精神的なダメージは負うけどね。

それは置いといてだ。

もっと見ていたいと思うがこれ以上は蛇足になってしまうだろうとも思う

低予算ながらに非常にしっかりと作られた作品。

兄の愛、妹の想い、兄妹の絆、それらを見事に描き上げたお兄ちゃんのための1本。

妹スキーの諸氏には是非1度やってもらいたい。

きっと何か考えさせられる物があるはず。

もうクリア後にメニュー画面を見てると万感の想いが………

逆に言うと、ある程度以上妹物が好きか、現実に妹がいるかしないと

ただ流すだけであっさり終わってしまうんじゃないかとも思う。

色眼鏡を外してみれば、内容自体はベタでありきたりだし

こう言っちゃなんだが丸投げだからね。

なので人を選ぶ要素は多分にあるけど、はまればきっと良作、名作になりえる作品。

そう言う事もあって、正直このレビューも結構甘めな評価になってると思う。

人を選ぶゲームのレビューってのは難しいね。

いや、それで遠慮してどっちつかずな点数つけてしまう自分が一番悪いんだけどさ。


戻る