ラブラブル


なんかフルーティアに既視感があると思ったら、俺翼のアレキサンダーか(笑)





シナリオA(80点)

主人公がエキセントリック

序盤からギャグ多めだけど、締めるところはしっかり締めて

作中の雰囲気も良いです。

ただ、ところどころノリだけで話を進めてるからか整合性が取れてなかったり

多少、目を瞑る必要があるところがあります。

ギャグも前作同様行き過ぎな部分があるので

真面目な人にはあわない可能性もありそうです。

個別に入ると、ギャグと萌えの比重が逆転します。

共通の時点で既に可愛かったヒロイン達が、更に可愛くなるので

もう手のつけられない状態に。

1人攻略するだけで、萌えが供給過多になるので

1日で2人3人とクリアするにはしっかりとした覚悟が必要になります(笑)

ただ、ルートに入ったヒロイン以外のキャラの出番がかなり減るのは残念。

特に流星辺りはいいキャラしてるのに、顔も見なくなる事が多いのが勿体無いです。

それぞれの感想を軽く。

奈々子さん。

純情すぎるお姉さん、攻略対象の中では一番年上なのに

兎に角純情で可愛らしい、その分、面倒臭くはあるけど

その面倒臭さすらも愛らしいからもうどうしようもありません(笑)

花穂

ブラコン妹、夜な夜なお兄ちゃんを思ってオナニーするのは必須だよね(ダマレ

共通ではそうでもなかったんだけど、個別に入ってからの可愛さが洒落にならなかった。

千夏

欧州喫茶ジェラシー、共通でも可愛いのだが個別入った直後からがやばすぎる。

それと、メール誤爆で思いっきり爆笑した、頑張ってくるネッ!! じゃねぇ(笑)

さつき

こう言う物静かなタイプの娘は大好物。だが、連続でプレイしてるせいで

この辺りから精神がやられ始めて、『やべぇ』しか感想が出なくなる(ぉ

物静かながらに寄せてくる好意が可愛らしくてたまらない。

ただ、他に比べて短いことだけはいただけなかった。

つぐみ

けなげで可愛い後輩の先輩。なんとも穏やかで和む。

充電と称して匂いを嗅いでくる辺りにキュンキュンきてしまった。

えちぃは1人3〜5回

回数的には十分なんだけど、今作はハーレムがないから

事実上回数が減ってしまっているのが残念。

濃さとしては可もなく不可もなく。

シナリオの長さは、共通短め、個別も短め。

攻略対象は5人なので、全体的なボリュームはそんなに少なくはないです。

総合的に見て

ギャグは面白く、萌えは半端じゃない。

ヒロイン以外のキャラもいいので、徐々に持ち上げていく山場はないんだけど

おかげで下手に深刻なことにはならず、それでも最後はびしっといい話で決めるし

主人公がヘタレず前向きで行動力のある男だから、ヒロインが惚れる土壌もあり

その上でイチャラブをしっかりやって、ヒロインの主人公を想う気持ちを表現してるから

ただの告白シーンが凄く胸に来る。

雰囲気の作り方も上手いし

萌えゲーとして本当に最初から最後まで楽しめるシナリオでした。





グラフィックB(70点)

立ち絵

服装バリエーションはキャラによって多少差はあるけど

私服、制服(学校・ウェイトレス)、水着、パジャマと言ったところで

種類としては十分ですが、ここに更に選択式で私服がもう1パターンと

髪型もデフォルトともう1パターンがあるので、結構な枚数があります。

出来としてはキャラデザに癖があるのはさておき、正直あまり上手くないのは残念です。

1枚絵

奈々子さんはショートだとふk(殴

1人11〜17枚、その他1枚、総数80枚。

髪型や服装の違いでの差分は結構あるものの少々物足りない。

それと他のヒロインは17枚で統一されているのに

さつきだけ11枚と言うのも納得がいきません。

っつか、公式の人気投票? で一番票数集めてるヒロインの扱いがこれって………

出来はところどころどうなってんだってところはありますが、基本は問題ないです。

背景

種類、出来とも基本的に問題はないけど

学校の廊下だけは幅が広すぎると思う。

OPムビ

普通の静止画ムービーで、舞台に合わせて夏っぽさが出てるけど

冬(2月)に出すゲームとしてはだいぶ季節はずれ感があります。





ミュージックB(75点)

BGM

27曲。

曲数は多いけど、アレンジが何曲かあります。

出来としては可もなく不可もなくかと思ったけど

『そして始まる二人の物語』が滅茶苦茶気に入りました。

OP曲

声量が足りない気がするけど、爽やかでよい感じです。

挿入歌

事実上のED曲

優しく柔らかな曲調がシーンとマッチしてます。 CV

問題なし。





総評B(85点)

システム

問題なし。

強いて言うなら、クリックでの音声スキップ設定が

ボイスではなくテキスト設定の2ページ目にあるから

最初、気づかなくて設定できないんじゃないかと思ったことくらい。

総評

同ブランド前作のらぶでれーしょんと同じコンセプトの作品で

笑って萌えて、非常に安定して楽しめる1本。

基本、イチャラブを主眼に置いた作品のため

泣き要素とか深刻な展開とかはないので注意。

グラフィック面でも、ちょっとクオリティと枚数にむらがあったりと

引っかかる部分はなくはないですが

ヒロインが可愛くて、萌えの出力が洒落にならないので

萌えゲーとして必要な要素は全て満たしています。

個人的にはなにやら琴線に触れるものがあったようで

必要以上に気に入ってしまったので、点数にはちょっと色をつけてます。

萌えゲーが好きでキャラデザが嫌いとかでないのであれば

買っておいて絶対に損はしません。

特にらぶでれーしょんが好きだった人にはお勧めです。

おるごぅるさん引退でハーレムルートは無くなっちゃったけどね。

























千夏とさつきとつぐみが可愛すぎて砂を吐きそう!!

なんでかさつきだけは扱いが悪いんだけどね。

ライターがサブの人だったりするんだろうか。

っつか、ここでも緑髪のヒロインは扱いが悪いんだな………

できればFD出してさつきのフォローと美冬と奈緒のルートを作って欲しいです。

取り敢えず、前作も今作も非常に楽しめたので

このメインライターさんとは相当相性が良さそう。

今後も追いかけていくことにします。


戻る