太陽のプロミア


なんだかんだでぷぅが可愛いのである。





シナリオB(65点)

なんと言うか、いかにもなファンタジーだね。

六花って色々残念な娘が揃ってるよな(笑)

共通部分の内容は楽しいには楽しいけどシリアスになりきらないのが妙な感じ

こう、中二臭のする展開で燃えそうなんだけど、展開が軽いから力が抜けると言うか………

凄く盛り上がりはするんだけどね(笑)

個別は攻略順に制限があって、次第に謎が解けていくのはいいんだけど

終盤まで根幹部分の謎とかは丸投げだから

設定の表面をなぞっただけって感じでもやっとしたものが残る。

描写が足りず、なんで解決したのか分からないまま解決する問題とかもあるし

全体通して、起きている問題の大きさに対して、解決があまりにも簡単に為されるから

肝心な部分での盛り上がりに欠けて

やってて雑と言うか、丁寧さが足りない印象を受けた。

ヒロインは可愛いし、話そのものが良いだけに、色々と勿体無い。

あと、最後に攻略が開放される2人に

貧乳がいないから著しくテンションを下げる要因に(ぉ

えちぃは1人2回。

攻略対象が6人いるから、全体で見れば昨今の平均値ってところなんだけど

1人の回数が2回というのは物足りない。

濃さは濃い目なので満足。

シナリオの長さは共通短め、個別長め。

攻略対象が6人でボリュームは結構あります。

総合的に見て

ぷぅが可愛すぎる。

ってのは置いといて、クリアを重ねる毎に謎が解けるのはいいんだけど

その解けた謎が活かしきれず、同じ流れの事件を扱っているはずなのに

それぞれの物語が独立してしまっているような印象を受けた。

とは言え次第に謎が解け、『コダマ』を通して壮大な1つの世界を見せると言うのは

好奇心が刺激されてなんとも面白かったです。

なんか謎が残ってると思うのは、きっと自分の読解力が足りないんだろう。

そこまで悪くはないんだけど、物足りないシナリオでした。





グラフィックA(85点)

立ち絵

神官服、戦闘服、あとは個々それぞれあったりなかったり。

なんかニーナの立ち絵に違和感があるんだよなぁ

頭身が高すぎると言うかなんと言うか。

ただ、出来は良いし、外見もしっかり伏線になってるのは良かった。

1枚絵

SDなども含めて118枚。

リノワールに普通に乳があって凄くがっかりした、凄く。とても。

枚数も出来も申し分ないだけに、そこだけが不満。

背景

枚数としてはそれなりっぽいけど、場面にそぐわないことが多く、種類が足りない。

OPムビ

少々エフェクトが騒がしすぎて落ち着かない。

それ以外は可もなく不可もなく。





ミュージックB(70点)

BGM

27曲。

なにやらロマサガを思い出す曲が。

全体的に良い曲が多く、戦闘BGMなどは非常に燃えるのだが

ループを意識して作られていないのか

曲が終わって始まる際に違和感がある。

OP曲

明るくて悪くはないんじゃないかなぁと。

ED曲

どうにも印象に残ってない。

CV

どっかで聞いた覚えのある声の新人さんばかりなのは気のせいか。





総評B(70点)

システム

処女作とは言え、元より安定したシステムを作っていたブランドから

独立した人たちが作ってるだけあって、何の問題もありません。

総評

1つの国の6つの地域が舞台になるんだけど

入り組んだ話になると遠景で地域を示しながら話を進めてくれるので

混乱することがなくて非常に良かった。

そういった部分のフォローはいいし

シナリオ以外のところに目を向ければ、なかなか高水準ではあるんだけど

やっぱどうにもシナリオがねぇ

アマリとニーナは萌えたしシナリオも良かったけど、それ以外はどうにもいまひとつで

設定が活かしきれていないと言う印象が強い。

特に戦闘は、主人公の能力を考えればもっと多彩に色々出来たと思うんだよね。

なのにやってることが一辺倒だから途中で飽きがくる………

正直、戦闘と山場さえどうにかなっていれば、他の部分は案外勢いで誤魔化せて

良作にはなってただろうなぁと思う惜しい作品でした。

























カシェットルートを!! カシェットルートをください!!

できればエノセラルートも、えちぃシーンだけでもいいから。

………

プロミアのえちぃが欲しいとかは流石に思ってねぇよ!?

いや、ぷぅは可愛いけどさ、欲情すんのは無理だわ(笑)

まだまだ修行が足りないってことかね。


戻る