どうして抱いてくれないのっ!?
〜女の子だってヤりたいの!〜


一瞬気付かなかったけど島の形パックマンかよ(笑)





シナリオB(65点)

なんかもう、いいから蛍とくっついとけよと言いたくなる(笑)

転入してきたクラスメイトは魔法使いだった。

その魔法使いから魅了の能力を授かった主人公。

と、これだけならハーレム物の犯りゲーになりそうだけど

交尾すると相手が主人公に関する記憶を失うと言う捻りを加えることで

犯りゲーじゃない展開に持っていくのは上手いと思う。

まぁ、主人公が記憶を失うなら後腐れなくていいやと

誰彼構わず手を出すタイプじゃないってのもあるけどね。

共通部分は選択肢がやたら多い。

しかも他のヒロインを袖にする選択をすることが多くて心が痛む。

話の流れがぶつ切りなのは、ギャグ主体で勢いを重視してると考えれば問題ないんだけど

ヒロイン同士の交流が薄いのもあって、主人公と1対1の場面が連続するから

急に空気化するヒロインが出てきたりするのが気になった。

とは言えその辺りは些細なことで、ギャグは面白いし

主人公が微妙にうざい事に目を瞑れば、笑って萌えていられます。

個別に入ってからが交尾が出来ない設定の本領発揮。

記憶を失うと言う設定だけみれば泣きゲー的だけど

前提があって起こるべくして起きるものなので

結構真面目に魅了の能力を使った擬似恋愛と

能力によって惚れさせた後ろめたさなどをしっかり描いていて

タイトルの割りに中身は案外シリアスだったり、じゃなかったり(ぇ

それ一辺倒だとマンネリで飽きるしね、色々あるのはいいこと。

蛍は魅了能力で惚れさせたわけじゃないと言うのがあって素直に可愛いし

璃乃もデレ期に入ってからのイチャラブっぷりがたまらんし

美鈴の素の表情とかもキュンキュンきた。

澄ました言動の多かった娘さんが、子供っぽい言動に変わるってのは破壊力高いよね。

璃乃シナリオは出来も良くて、ラストはまぁありきたりだけどぐっと来ちゃったよ。

えちぃは1人2〜7回。

7回のキャラが極端に多いだけなのと、2回のキャラがおまけみたいなものなので

実際は3〜4回と言ったところ。

設定が設定だけに前戯だけで終わるとか、フェラだけとかが多く

本番の回数が少ないので物足りない。

クリア後におまけが3つほど追加されるけどそれでもね。

濃さは極端に薄いわけじゃないけど、濃いわけでもなく

焦らしたんだからもっとぐちょぐちょしてくれてもいいのに。

シナリオの長さは共通短め、個別短め。

攻略対象が実質6人と多いけど、ボリュームとしては少ない方。

総合的に見て

ヒロイン側の描写が薄くて、焦れている感情が出てないから

ニヤニヤする展開に持っていけてない。

抱きたいけど抱けない主人公と、抱かれたいけど抱いてくれないヒロイン

それぞれの葛藤を描く展開を期待してたんだけど

主人公の悩みにばかり焦点が当たってしまって、タイトルから期待した方向とは

ちょっと違った方に向いてしまったのが残念だった。

けど、正直美鈴が可愛すぎてもうそれだけで十分(笑)

シナリオの内容的にはそれほど評価出来る物でもなかったけど

個人的には美鈴の可愛さだけでお釣りが来た。

身悶えしてゴロゴロするから休み休みじゃないと進められないのは久しぶりだったわ(笑)

あぁでも、主人公は意外と決めるところは決める好漢だし

タイトルから期待した方向と違ったことを除けば

萌えゲーとして出来が悪いわけではないです。





グラフィックB(70点)

立ち絵

制服、私服、固有の衣装

だいたい1人3種類から4種類

瑠花は服装だけじゃなくて髪型や顔つきも変わって、パターンも多く優遇されてる。

絵柄に特徴があるけど、頬を赤らめた表情とか可愛くて仕方ないのである。

1枚絵

総数89枚

キャラ毎に分かれてないので個別の枚数は数えてません。

枚数としてはそれなりと言ったところ。

出来は微妙なところとかも無くは無いけど

立ち絵と同じく照れた表情がたまらなく可愛らしいし

絵柄が好みなので満足です。

背景

数としてはそれなりかな。

あんまりまじまじと見ると、遠近感が変で気持ち悪くなったりするよね(笑)

というのはさておき、これといって特徴のある背景でもないので

可もなく不可もなくと言ったところ。

OPムビ

緩急きっぱり分かれてたりとか、たまにちょっとだけキャラがうごいてみたりとか

一風変わった演出が見てて面白い。





ミュージックB(70点)

BGM

18曲。

曲数も出来も可もなく不可もなく。

これと言って印象に残る曲が無かった。

OP曲

電波っぽいけどそれにしては勢いが足りないし

歌手を前面に出すつくりは特徴的なんだけど

歌唱力が足りてないから微妙に残念なことになってる。

ED曲

ゆっくりしっとり。

曲としては好きだけど、なんか作品違くね?

CV

蛍の中の人がなんか微妙。

棒と言うか抑揚が変と言うか、一文字ずつ綺麗に発音しようとしすぎてるっぽい。

調べてみた限り、結構長いことやってる人みたいなんだけどなぁ

珍しくみるさんがみるさんじゃない。

けど、青山ゆかりさんもどこ行っても青山ゆかりさんだよな(笑)





総評B(65点)

システム

問題なし。

総評

シナリオのところでも書いたけど、美鈴が可愛すぎてそれだけでお釣りが来るから

正直評価とかどうでもいい(をぃ

けど、それだとレビューにならないから一応。

タイトルや設定で期待してた部分が外れたと言うのが正直な感想。

ただの萌えゲーとして考えればこれはこれでありだから

タイトルが違っていれば、美鈴への萌えもあって70点は出してたかなってところ。

『主人公に焦らされて、やきもきしたり奮闘したりする女の子が見たい』

と思ってプレイすると肩透かしを食らいます。

が、そこに期待しすぎず、キャラデザが好きなら

萌えゲーとしては安定しているので、安心してプレイできました。

評価としては凡作かな。

萌だけで言えば一級品だったけど。

























美鈴が!!

やべぇってこれ可愛すぎるだろ、魅了されまくりだよ。

もっとイチャラブしたかった………


戻る