ラブライド・イヴ


なんか泣きゲーみたいな始まり方した(だけだった)





シナリオC(55点)

そういう作品だと分かっていてやってはいるんだが

序盤から飛ばしまくりでむず痒くて、全身が甘くなった(ぇ

ギャグは悪乗りが強くていまいちだな。

主人公も微妙になよなよとした性格してるし。

ただ、クラスメイトとわいわいやってることが多くて

みんな気のいい奴等だから、やっててなんとなくいい気分になれる。

シナリオの構成はヒロインは1人で、どの段階で告白するかで大きく話が分岐して

そこから共通に戻ったり、えちぃイベントの入る他のヒロインが変わったりする。

あくまで主人公とみゆの物語で、他のヒロインは付属品だから

内容は違えど最終的にエンディングはみゆとのもの。

最初から最後までイチャラブして終わるだけで、山場とかははっきり言って存在しません。

なので、やってると次第に飽きが来る。

メイン2人が最初からほぼ恋人状態で、関係性が安定しすぎているから

何がどうなっても2人は日常なんだよね。

えちぃは総数24

回数だけはあるけど、濃さがそれ程無くイチャラブ物としては物足りない。

シチュエーションは悪くないんだけどエロさがない。

シナリオの長さはヒロインが1人だからあまり長くはなく、ボリュームも少ないです。

総評

作品としてのコンセプトは良いし、2人の幸せな日常を追いかけると言うのも

それはそれで悪くは無いんだけど、あまりにも変化が無さ過ぎて

この方向性でやるには退屈すぎる。

エンディングとかはそれなりにいい雰囲気になったりするんだけど

みゆ以外のヒロインと言うか女キャラが活かしきれてないのも勿体無い。

えちぃの薄さもあるし、全体的に踏み込みが足りないシナリオだった。





グラフィックC(60点)

立ち絵

制服、私服、水着が共通。

あとは浴衣とか体操服とか。

表情パターンもそれなりにあるし、出来も悪くない。

可もなく不可もなく。

1枚絵

総数72枚。

枚数は少なめか。

出来は、妙に塗りが平坦な印象を受けるのは魅力になってる部分でもあるし

キスシーンの表情とかは凄くいいんだけど

全体的に骨格が変とか遠近が変とかパースがおかしいとか

色々と目に付く部分が多く

裸やえちぃシーンにエロさが足りない。

特に乳がただの鞠玉にしか見えないのが致命的。

表情がいいだけに非常に勿体無い。

背景

種類出来共に過不足ないんだけど

本編のイベントと思いっきり齟齬がある。

具体的に言うと、イベントで教室の机が離れてるって話があるのに

背景で見ると思いっきり並んでくっついてる。

OPムビ

グリグリ動くし曲の良さもあって、何度も見たくなる楽しさなんだけど

実はバトル物なんじゃないかと一瞬不安になった(笑)

でも正直クリアした後に見ると、OPの出来の良さが勿体無くなる。





ミュージックB(70点)

BGM

24曲

ピアノ押しの曲が多い。

んだけどいまいち印象に残る曲がなかったな。

シナリオに山が無いから、シーンそのものの印象が薄いのも原因か。

OP曲

すっげぇ久しぶりにI'veっぽい曲聞いた気がする。

テンポが良く音もどっしりしてて、凄く聞いてて心地よいんだけど

まったりとした作風と違いすぎやしないか(笑)

ED曲

ポップな曲で明るい曲。

悲しくもしんみりもしないこの作品にはあってると思う。

CV

佐藤しずくさんの声はいつ聞いても和むなぁ

それ以外も可もなく不可もなく。





総評C(60点)

システム

基本は問題なし。

ただバグと言うか立ち絵の指定ミスがあって、私服がいきなり制服に変わったりする。

文章の誤変換とかもあったし、細かいミスが目立ったね。

総評。

シナリオのところでも書いたけど、作品としてのコンセプトには惹かれるものがあった。

ただ、全体的に薄味でパンチが無い。

それでもみゆが好きなら楽しめるかというと

学校行って帰りにデートしての繰り返しで特別なイベントも無く

2人の変わらない関係が作品のコンセプトの1つかもしれないけど

関係だけじゃなくてやってることや見せ方も変わらないのが地味に辛い。

せめてサブヒロインが絡むシナリオくらい変化球投げてくれてもいいだろうに。

着想はいいし最後までイチャラブで通して山場も何も無い方向性は間違ってないんだけど

その方向性で魅せて楽しませるには練り込み作り込みが足りてない。

やってて勿体無いと思うことの多い作品でした。


戻る