神聖にして侵すべからず


レズでドMでNTR属性持ちな秘書………ある意味優秀だね!(笑)





シナリオB(75点)

そんな食欲旺盛な重篤患者がいてたまるか(笑)

主人公が不器用なヒロインを遠まわし(?)に誘導するこの展開はなんなんだろう?(笑)

操は立ち位置的にも風貌的にもサブキャラっぽいけど

非常に好みなので攻略できるのが凄く嬉しい。

国友は凄いあっさり盛大にデレたな(笑)

その辺りも、彼女の不器用さを表してるね。

3話がとてもいい話だった。

共通部分はそれなりに面白いんだけど、なんと言うか薄い。

話し進めててもパンチが無いんだよね。

個別はライター複数だからか出来に差が。

澪里シナリオは面白いのに何か物足りない。

なんだろうな、この………この………うぅん………

展開がやけに静か過ぎるというかね………出来は悪くないんだけど………

希シナリオは、希と秘書のキャラが立ってるからギャグ豊富で楽しい。

っつ〜か、殆ど秘書のキャラに内容食われてる気が(笑)

終盤は取っ掛かりが急すぎて積み重ねが足りてないから無理矢理感がある。

操は外見、性格共に完璧で、アホの子っぽい上にから揚げが好きとか最高すぎるだろ。

内容は幼馴染が恋人に、のベタな展開だけど、操が可愛いのでそれだけで十分

終盤の展開も凄くいい話で心が暖かくなったしね。

瑠波シナリオ、夏休み前のこの挨拶はそんな意味があるものだったのかと思わず唸った。

終盤の茶番とご都合主義っぷりには思わず涙が零れそうになった。

やってる最中は、なんかご都合主義な展開なりそうで、嫌な予感がしてたんだけど

なってみれば、あぁこれが正しい形なんだなと思わせる出来で

非常に綺麗な物語だった。

えちぃシーンは1人2回。

内容は濃い目なんだけど、せめてもう1回は欲しかったな。

方向性はオーソドックスなので、お尻とかスパンキングとかは無いです。

シナリオの長さは共通普通、個別短め。

クリア後にアフターシナリオあるけど、全体的にボリュームは少なめ。

全体的に見て

会長攻略できないの勿体無いなぁ、可愛いのに(笑)

さておき、全キャラ共通して、題材は将来の話。

『王国』と言う不安定な状況に主人公を置いてるから

ただ漠然と学生として将来を想うよりはすんなり主題に出来て統一感が出てる。

平時のゆったりとした雰囲気や、シリアスなシーンの切なさなど、空気の作り方が上手く

とある秘書の言動を除けば、じんわりと心に染み込んでくる、そんなシナリオ。

澪里と希をクリアした時点では60点くらいかなと思ってたんだけど

操が可愛くて+5点、更に瑠波シナリオが想定外の出来の良さで+10点の75点。

全体の出来が瑠波シナリオクラスだったら間違いなく良作だっただけに残念。





グラフィックB(70点)

立ち絵

いーってしてる瑠波が可愛い。

共通は制服、私服、水着

キャラによって部屋着や部活のユニフォームとか特殊立ち絵

共通が3枚なのであんま多い方ではないけど

キャラデザが良いし、表情がころころ変わるから見てて飽きない。

それから、母親のスーツ姿と部屋着とで、オンとオフがしっかり絵に出てるのは面白い。

1枚絵

カットインなども入れて総数88枚。

枚数としては多くない方。

ヒロインは見んな可愛いし、淡い塗りが柔らかな印象で作風にもあってる。

ただ、思いっきり展開との齟齬があり

文章の方では、挿入に失敗して暴発してるのに

絵の方だと思いっきり挿入して中出ししてるのが。

あと、瑠波に普通に乳があってがっかりした。

出来はいいのに詰めが甘いところが気になった。

背景

問題なし。

OPムビ

静止画+ちょっと3D

これと言って緩急無いままゆっくり終わった印象。





ミュージックB(70点)

BGM

27曲

シナリオの方向性に合わせて、スローペースな曲が多い印象。

あまり印象に残った曲はなかったけど、悪い曲もなかった。

OP曲

西洋の姫と言うか、なんかそんなイメージのゆったりした曲なんだけど

舞台は現代の日本だから、ギャップが(笑)

まぁ、狙ってやってるんだろうけどね。

ED曲

スローテンポな曲。

半分、挿入歌みたいな扱いでもあり

なんか、『あぁ、いいなぁ』って感じがする(ぇ





総評B(75点)

システム

問題なし。

総評。

瑠波シナリオの出来が良かっただけに

他ももう少し頑張って欲しかったなぁと思ってしまう。

ちゃんと楽しめる出来ではあるんだけどね。

どうしても勿体無いなと。

大きく感情が揺さぶられることはあまり無かったけど

やり終えて、あぁ良い物語だったなと思える作品だった。

瑠波シナリオだけみれば十分良作。

それ以外がちと足を引っ張って、一歩手前に落ち着いたってところ。


戻る