螺旋回廊


5月16日、夜

ついに来てしまいました………螺旋回廊ゲームレビュー………

そう、ゲームレビュー強化期間最後のゲーム…………

全てはこのために始まったようなものだった………

兎に角痛いと評判(?)なこのゲーム

痛いのにいまいち耐性の無い自分は、とらハシリーズを1からやり直し

バイナリィ・ポット、うたわれるもの、ONE2、忘レナ草、白と萌えを蓄え

今この決戦の舞台に立っている…………

結果がどうなるかはわからない………もしかしたら、今までに無いほど壊れる可能性もある

どうなるかは本当に分かったもんじゃないが………取り敢えず、見守ってやって下さい。


5月17日、夜

…………あれ? 何で自分は君望やってるのだろうか?(爆)

………おかしいな……螺旋回廊をやっているはずなのだが………

う〜ん? ………あ、やべ………泣けてきた(滅)

どうしてもねぇ……クリアした後から第1章をやると涙が………

って、そうじゃなくて、螺旋回廊をやらねば………


5月18日、夕方

曲の作りが上手い、流すシーンにもあってる

初めて少ししか経っていない、まだ本編にすら入っていないところだが

シナリオの作りも上手いと思う、これはこの路線のままえちぃゲーではなく

普通のドラマとか小説、漫画として出しても面白いかもしれない………

しかし………このゲーム、制作したのは『あの』ageなのだ………

そう、君望を作ったあの会社…………

つまり………確実にここからとんでもない痛みを派生させるわけである………

正直、シナリオライターさんには感心する………

同じ物書きとして………尊敬に値する人物だと思う………のだが………

まぁ………多くは語るまい………これからに備えて…………

………多分、かなりの人間からは反論されるだろうけど

主人公の性格には結構交換が持てる

自分の感情すら分析して、正論でひたすら突き通す

えちぃゲーの主人公の性格には向いてないかも知れないが

こう言う方向性のゲームにならピッタリな気がする………

だが、好感は持てるけど感情移入出来ない……(爆)

と言うか………キャラクターに情が移ってない状態で

いきなりこんなことになっても、別に放っとけばいいじゃん関係ないんだし

てな、感じなんですけど…………(謎)

う〜ん………これは、ある意味期待はずれだったな………

んで、草薙先生と葵をクリアいたしました、マルチアングルの方はまだですが……

エンディングの種類はそれなりにあるようなのですが………

やっぱり、事件の真相とか黒幕とかは暴かれたりしないのですかねぇ?

いや、黒幕に関しては既に目星もついてるんですけどね………

そこを裏切ってくれるかどうかがこのゲームの評価を分けますな

でもまぁ………やってることがやってることなだけに、理由なんて無いかも知れません……

と言うか、どんな理由があっても意味無いですからね(笑)

さてと………次言ってみようか。


5月19日、昼

え〜と………名前なんだっけ? 日比野だったかな? をクリアいたしました

まぁ………このエンドはちょっとしたインターミッションみたいなものですかね……

大してこれと言ったことはありませんでした………

ん〜で、今日の夕方に葵をクリアしたと書いたのですが

どうやら、まだ別のルートがあったようです

と言うか、クリア後に新しく出る選択肢で入ったルートですね

このシナリオはちょっとヤバイかも知れません………

ageお得意の、急転直下な展開が待ち受けている可能性が大です

だって、このままハッピーエンドで終わるわけ無いもん………

…………ごめんなさい、終わってください(涙)

今の自分には今後の想像出来る展開に耐えられそうにありません………

っぎゃあ!!

…………さぁて……この後の展開はどうなるやら………

………正直、これ以上やり続けると鬱になりそうだが、途中放棄するわけにもいかない……

………あ〜………ある程度痛いのは我慢できるけどさぁ………

葵の声優、北都南さんなのよね………分かる人は分かるだろう?

とらハ3の高町なのはの声優さんなわけだ………

そのお陰で余計にダメージでかいのよ………

って、お? やっぱり、こっちを選ぶと、バッドエンドになるんだ………

いや………このゲームにハッピーエンドなんて無いと思うけどさ………

………ふぅ………これで、基本シナリオの残るエンディングは後4つ

ここまでは基本の道からそれたシナリオだから、一気に進んでるけど

次辺りからは、多少長くなると思われるのでここで一旦切ります。


6月8日、昼

終幕の日………

えっと………詳しいことは通常版の方で言いますが

取り敢えず、全部はクリアしていません………

何故、全部クリアしていない状態で切るかと言うと

思いの他痛くなかったからです………

何はともあれ、通常版へ。


戻る