Alive renewal


シナリオがそれなりに良いらしい………

ミルキーウェイを出してるウィッチらしくなく、感動系だとの情報もちらほら………

しかし、リニューアル前のアライブ(無印)は、有名メーカーのゲームか何かと

発売時期が重なったらしく、売れなかったらしい(涙)

それでもめげずにリニューアルされたこの作品………いかがなものか………

話は変わりますが、今回のレビューはかなり長くなる予定です。





シナリオA(90点)

非常に惜しい!!

リニューアルじゃないアライブが発売されたのが1999年

その時代で、このレベルのシナリオなら、名作のレベルを十分超えている

問題は、これをやっているのが、2002年ってことだ………

今からやるとしたら、良作の範囲でとどまってしまうだろう………

しかし、萌えは今ひとつだが、シナリオがしっかりしているし

十分楽しめると思う………ただ、いかにもウィッチらしく、クライマックスの締めが甘い…………

完全なるラストエピソードは、陳腐なれど、自分好みなのだが

他のシナリオがもう少し長くして、練りこめば完全に名作になる

ただ、複線………と言うか何と言うか………が、少し残ってて

はっきりしない終わり方だったりするんだけどね。





グラフィックB(70点)

微妙なところですな………

絵はミルキーウェイとかそのまんまで

相変わらず、立ち絵のパターンが多く、クオリティも高い………

ただ、2001年にリニューアルされた作品だけに、少し古臭い感じが………(今は2002年)

枚数は………ちょっと少ないかな………





ミュージックA(80点)

バトルシーンとか、神々の接触とかの辺りが、思いっきり気に入りました。

まぁそれ以外は、本当に可もなく不可もなく、どうでもいいかな………と(ぉ





総評A(85点)

取り敢えず、分かっていることを羅列します

アライブはミルキーウェイの最低でも20年近くは昔の話

ミルキーウェイ2のヒロインの母親や祖母が出てきたりします

ミルキーウェイの繭の笑い方『ふぇふぇふぇ』は母親(久遠)譲りらしいです

なんか、ミルキーウェイの悠や恋水も出てきてたりする

あ、あぁ………アレは引き継がれし物なんだ………

ミルキーウェイの主人公も確認………ついでに、ミルキーウェイの前身『豆』も……

千尋も出てるし咲夜もいる………ある意味、やりたい放題ですな………

リニューアルじゃない方だと、やっぱ、ミルキーウェイのキャラは出てこないのだろうか?

ちなみに、ミルキーウェイとは同じ世界、同じ街の話ですが………

上で言っている通り、かなりの年月が流れているために

ミルキーウェイをやってからだと、混乱する可能性あり

時系列や人物の把握が苦手な人は、アライブを先にやることをお勧めします

まぁ、ミルキーウェイを先にやっていると、かなりの謎が浮上してくるのですが

総合的に見て、良作ではあると思います………

さて………ミルキーウェイと同2をもう1度クリアしなおして

書き加えるべき部分があったら、レビューを直さないとな………

ちなみに、評価の萌度が0%になってますが

萌えが無くてもこれは十分に良い作品です。

………最後に1つ…………

読み返し機能が無いのは辛かった(涙)


戻る