てのひらを、たいように


色々書くと野暮になるから、書きたくないのだが

それだとレビューにならないので、ちゃちゃっと書きます





シナリオA(95点)

萌えあり!

燃えあり!

感動あり!

T3が後一歩何かが足りないなんて言ってたのは既に過去のこと!!

序盤プレイしててなんとなく思った『(鍵2作品+僕夏)/2』なんて印象もなんのその

気付いたときには『てのひらを、たいように』に引き込まれます!!

青臭い若者の物語と言えばそれで終わってしまうが

その青臭さが主人公達4人の絆がいかに強いものかを強調してて非常に良い

シナリオは予想外に長く最初のプレイは結構な時間がかかる

しかし、話の筋の立て方が上手く、イベントも途切れないため中だるみはしない

多分、他のレビューでは主人公の記憶の回想が多くてうざいと言う評価が多いと思うが

自分はそうは思わない、確かに同じ回想シーンが多いのだが、それが主人公の支えになっていて

いかに大切なものかが分かるし、思い出さないよりは全然マシ

それから、俗に言う脇役キャラが、最後の最後までしっかりと物語に絡んでくる辺りも評価大

これ以上は何も言わない、兎に角買え、そしてやれ。





グラフィックA(95点)

黒板傾いてます(笑)

背景がよく描き込まれてる………んだが………

教室の黒板がなぁ………どう見ても床に対して水平じゃないんだよな………

てか、天井も床と水平じゃないしさぁ………

あと、立ち絵の切り替えミスがあったのも痛い………

ギャグシーンとかなら許せるけど、シリアスなシーンでやられると………

まぁ、そんなことを気にするまでも無くキャラは萌えるし

背景もしっかりしてる、問題点は一切無し。





ミュージックA(80点)

非常にいいね

もはや、音楽に関しては、標準以上だと書くことが無い

ただ、やっぱゲームそのものが増えてきた分

どうにも似た曲を思い出してしまうことが多い

1曲、某みずいろの曲と出だしが似てるのがありました………

他は特に問題なし、聞いて鳥肌が立つ曲は無いが、かといって悪い曲も無い。





総評A(95点)

名作!!

細かいことは言わない『兎に角買え、そしてやれ』

………と、これだけだとアレなので

システム面にて少々不備あり………

スキップの未読既読判別が甘いです………

普通に未読のところからは飛ばせないのですが

既読のところからスキップして未読に入ると、普通に飛んで行きます

中盤辺りの共通と固有シナリオが混じる辺りは気をつけましょう

あと、誤字や脱字、CGの表示ミスなど、しっかりデバッグをしていないことが分かるが

これを書いている今は、もう修正パッチが出てるからDLすれば問題なし

そして『とらハ』『僕夏』に続き、この『てのひらを、たいように』も自分的殿堂入り確定

もし『てのひらを、たいように』に否定的な意見を持つ人間は二度と顔を見せないでね♪













現実ではこんなことありえないし、上手く行くことも無ければ

本当の絆で結ばれた人たちが周りにいることすら、不確かなのが実情………

主人公達の主張が青臭くてもガキっぽくても、彼等の『絆』は本物であり

それが嬉しく、同時に羨ましい、そんなことを思わせるような

普通のえちぃゲムとは違う、何かを持った作品だと思う。

と、萌え心がオーバーヒートしてるのに、マンネリになった叫びをやらずに

真面目なことを書いて、ごまかしてみた(爆)


戻る