う〜む………





シナリオB(70点)

正直、ね〜ちん以外のものが帰還してきたときは参った(ごっつ謎)

まぁ、それは兎も角として

おまけシナリオに救われてる気がしないでもないかなぁ………

本編はあまり大きな期待をしてプレイすると外れを引くというか………

同じ話の作り手としては、面白いことやってるのは分かるし

自分もやってることだから、それはそれで決して悪いことじゃないとは思うのだが

それを表に出さずして、やってしまったのが拙いのかと思われ………

何と言うか、微妙なんだよなぁ…………

いや、本気でネタバレしてもいいようならば、ここで思いっきり何処がいけないのか

直球勝負で言わせて貰うんだけど………ネタバレはあまりしたくないしねぇ………

兎に角、確実に問題なのは、自分が言っている何かではなくて

シナリオの出力が低いってところなんだろうな………

もう少しプレイヤーを引き込む何かと、キャラクターへの萌え

それから、シンクロしやすい主人公の用意………

後ちょっとだけ、基本を抑えればもっと面白くなると思うんだがなぁ………





グラフィックA(95点)

正直、何処に文句をつけたものやら………

話が進んでいる間、ほとんど1枚絵が付いてきます

しかも、クオリティも高いし、演出の面もしっかりとしている

立ち絵に文句はなく1枚絵にも文句がなく………

CGに関しては何も言うことがない………

………ところで、全部終わったと思ってたんだけど

おまけシナリオじゃないところの、最後の1枚………絵が抜けてる………

2週目はアラミスに声がつくってな話だし………またやれと?





ミュージックA(95点)

個人的な趣味も入っていますが

兎に角、自分の好きな曲が多い

揺れる陽炎ver2が滅茶苦茶好みなのです

あとは、スカーレット2とかね、スカーレットが好きだった人間としては

聞いた瞬間、あれ? と思ったわけですよ

なんにせよ、砂漠とか荒野とか、そういった感じの曲が好きな人は

間違いなく好きになるであろう曲が多い………って、まぁゲームの舞台そのものが砂漠だしね





総評B(75点)

ギリギリAに届きません………

いや、マジでギリギリ…………

シナリオにちょっと問題があったんだよなぁ………

銀色ほど悲壮感があるわけでもなく、みずいろほど萌えるわけでもなく………

そりゃあ、もちろん最初から萌えに期待はしてなかったから

そっちは問題ないのですが、シナリオの構成と言うか、出来がちょっとね………

『それをやりたい気持ちは分かる』ってなもんなんですが(謎)

ただ、それをやることが問題ではなく、それに朱そのものの話が

持って行かれてしまった事に問題があるのかと………

でも、シナリオ以外はやっぱ名作レベルなわけですよ………

システム面、グラフィック、音楽、演出と問題はなし

まだ出したゲームが4本(ファンディスク合わせると5本)とは言えど

もう大ブランドなわけで、シナリオ以外に関しては安定しすぎています

そんなわけなんで、あまり他人にはお勧めしませんが………

あまり期待をせず、それでもやってみたいと言う人は買ってもいいかも知れません

ただし、その責任は自分で取るようにお願いします。

























………ヒロインの中じゃ、ファウに一番萌えたっす………

ただ、それよりも何よりも………宿屋の娘にm(刺殺)


戻る