傍示石

 羽津大宮町の志氏神社境内にある傍示石です。明治頃までは、金場町の東海道沿いに立てられていましたが、その後道路改修などの事情で羽津村役場内に移され、昭和16(1941)年羽津村の四日市合併の際、当地に移されてしまいました。
 「これより北、桑名領」と刻まれています。この石が立っていたところを境に、南が天領で、北が桑名藩領ということです。

 江戸時代、現在の四日市市域の領地の分布は複雑で、さほど広くないところに、天領や旗本・大名の飛地が入り組んでいました。
 明治2(1869)年の版籍奉還当時の領地の分布をみると、天領の他に、桑名・長島・菰野・神戸・津・久居・亀山・大和郡山・紀州・武蔵忍・下野吹上・上総一宮の各藩と旗本丹羽氏の領地がありました。