四日市の中世史跡

四日市の城跡
羽津城址(羽津山町) 赤堀(田原氏)氏の城です。
浜田城址(鵜の森) 赤堀(田原氏)氏の城です。
茂福城址(茂福町) 越前朝倉氏の一族といわれる茂福氏の城です。
広永城址(広永町、朝日町埋縄) 横瀬氏の城です。残念ながら消滅してしまいました。
蒔田城址(蒔田二丁目) 長明寺の境内地にあったお城です。堀が残ってます。
坂部城址(三重二丁目) 団地の中にある、戦国時代以前の古い城跡です。
伊坂城址(伊坂町) 遺構の保存状態がいい山城の跡です。
中河原城址(中川原一丁目) 現在は正覚寺の境内地になってます。
楠城址(楠町本郷) 楠木正成の子孫といわれる楠氏の城です。
菰野城址(三重郡菰野町菰野) 滝川一益、織田信雄らの有した城です。江戸期は土方氏の陣屋でした。
金ヶ原城址(三重郡菰野町千草) 千種氏の支城だった城です。
神戸城址(鈴鹿市神戸) 関氏支族の神戸具盛が築城した城です。
その他
伊勢義盛墓(川島町) 源義経の四天王の一人伊勢三郎義盛の墓です。
伊勢安国寺跡(西日野町) 伊勢安国寺は虎関師錬が建立しました。
桜岡山碑・地蔵堂(桜町北) 伊勢国司北畠満雅の賞賛した桜の名所です。
土御前讃仰碑(富田三丁目) 富田城主南部氏が祀っていた碑です。
長興寺(富田三丁目) 富田城主南部氏の菩提寺です。
教尊法師之碑(桜町) 桜岡山法蔵坊を建てた教尊の石碑です。
滝川一益母堂墓(日永) 日永実蓮寺に滝川一益の母の墓があります。
西行庵跡(三重郡菰野町) 平安末期の歌人・西行が晩年住んでいた草庵跡です。
千種忠顕卿追遠之碑(菰野町) 後醍醐天皇の側近、「三木一草」の一人、千種忠顕の碑です。