四日市の近世史跡

領主の支配に関する史跡
四日市代官所跡(北町) 天領だった四日市宿を支配した代官所です。
傍示石(大宮町) ここから北が桑名藩領です。
法泉寺(京町) 桑名藩終焉の地。
旧領主丹羽正親君碑(西坂部町) 三重郡西坂部村は代々旗本丹羽氏の領地でした。
菰野城址(三重郡菰野町菰野) 菰野藩主土方氏の陣屋です。
菰野藩主土方家墓地(菰野町) 菰野藩の歴代藩主の墓地です。
見性寺(菰野町) 菰野藩主土方氏の菩提寺です。
如来寺(菰野町) 菰野藩郡奉行寺西小左衛門が藩主の命で建立したお寺です。
幡崎鼎の墓(菰野町) シーボルト事件に連坐した水戸藩の蘭学者・幡崎鼎の墓です。
一柳監物彰功碑(鈴鹿市神戸) 江戸時代初期の伊勢神戸城主です。
神戸城址(鈴鹿市神戸) 伊勢神戸藩主の居城です。
吉川治太夫忠魂碑(鈴鹿市神戸) 天誅組の変の犧牲になった神戸藩士・吉川治太夫の碑です。
農業、村に関する史跡
安政池(泊村) 泊村の庄屋清水三右衛門が私財を投じて完成させました。
善八水道之碑(山村町) 山村の庄屋伊藤善八が寒村を救った水道です。
石造地蔵尊(北山町) 飢饉を憂えた農民たちが造った地蔵尊です。
前野記念碑(三重郡菰野町永井) 永井村と保々では熾烈な境界争いが長年続きました。
荒木十兵衛頌徳碑(茂福) 羽津用水を完成させた北鵤村の庄屋です。
光明寺(羽津町) 桑名藩に抵抗した羽津村の森多三郎が葬られています。
忠右衛門碑(西大鐘町) 朝明・三重・員弁3郡にわたる打ち壊しの首謀者。
辻久善翁之碑(水沢町) 水沢村に用水を引いて水不足を解決しました。
八鳥治太夫君碑(海山道町) 海山道稲荷神社を修築した六呂見村の庄屋です。
日永水道顕彰碑(日永四丁目) 日永村字南市場の人々を救った水道です。
国学者に関する史跡
黒沢翁満歌碑(垂坂町) 武蔵忍藩士だった国学者・黒沢翁満の歌碑です。
黒沢翁満歌碑(三重郡菰野町) 黒沢翁満が西行庵跡を訪れて詠んだ歌です。
御巫清直歌碑(垂坂町) 伊勢神宮権禰宜の御巫清直の歌碑です。
橘守部翁生誕之地(三重郡朝日町) 天保の四大家の一人橘守部の生誕地です。
文学碑
松尾芭蕉句碑(四日市市内) 垂坂観音寺、北町建福寺、杖衝坂の芭蕉の碑。
松尾芭蕉句碑(三重郡菰野町) 湯ノ山の三岳寺にある芭蕉の句碑です。
宝井其角句碑(富田浜) 芭蕉の弟子其角も富田で焼き蛤を食べました。
禊川歌碑(垂坂町) 米洗川を詠んだ歌です。
春日局歌碑(鈴鹿市高塚町) 徳川家光の乳母・春日局の歌碑です。
その他の近世史跡
富田の一本松(東富田町) 漁船や内海航路の目印となった一本松です。
思案橋(浜町) 本能寺の変に際し、徳川家康がここから海路三河へ向かいました。
経塚公園(北山町) 織田信長による兵火から大般若経を守った経塚。
藤井昇善碑(北山町) 朝明郡北山村の寺子屋の師匠です。
太夫の墓(西大鐘町) 伊勢御師・度会定時のお墓です。
安政元年震災惨死者之碑(北町) 安政の大地震によって四日市宿は大惨事になりました。
瑞光の石碑(桜町) 村人たちのために人柱になった尼僧の石碑です。
古谷久語寿碑(日永) 「伊勢名所誌」を著した歴史家・古谷久語の碑です。
引石(智積町) 矢合川を渡るために使用した引石です。
市川寛周翁碑(市場町) 朝明郡市場村の寺子屋の師匠です。
吉良仁吉碑(鈴鹿市高塚町) 荒神山の決闘で活躍した博徒・吉良仁吉の碑です。