小山田地区の地名

明治6(1873)年 堂ヶ山学校の創立
明治8(1875)年 山田・六名村組合立山田学校の創立
小山学校の創立、和無田学校の創立
明治13(1880)年 山田学校、山田小学校と改称
明治21(1888)年 堂ヶ山、山田、小山小学校、小学簡易科授業所となる
明治22(1889)年 三重郡小山田村の成立(小山・山田・六名・堂ヶ山4か村の合併)
和無田村・鹿間村、鈴鹿郡久間田村に編入
明治23(1890)年 堂ヶ山小学簡易科授業所を山田小学簡易科授業所に合併
明治24(1891)年 山田、小山小学簡易科授業所、山田尋常小学校、小山尋常小学校となる
明治34(1901)年 小山尋常小学校の廃校、小山田尋常小学校の創立
明治43(1910)年 小山田尋常小学校校舎新築(山田字大畑)
小山田村青年会の結成
昭和22(1947)年 鈴鹿郡久間田村と組合立三鈴中学校を設置
昭和27(1952)年 小山田小学校南端に鑿泉工事
昭和29(1954)年 小山田村、四日市市に編入
昭和31(1956)年 鈴鹿郡久間田村大字鹿間・大字和無田、鈴鹿郡三鈴村の大字となる
昭和32(1957)年 鈴鹿郡三鈴村大字鹿間・和無田、四日市市に編入

山田町

 内部川扇状地の扇端部にあたる地域。中世には伊勢外宮領山田御厨があり、智積御厨と境争論を起こしている。
 江戸時代には、三重郡山田村は、菰野藩領であり、一部幕府領もあった。村高は「旧高旧領取調帳」では菰野藩領1717石4升6合余、
幕府領3石5斗3升4合である。
 明治22年、三重郡小山田村の大字となり、大字山田に小山田村役場が設置された。
 昭和29年四日市市に編入したが、このとき山田町、西山町、内山町が分離した。

小山町

 内部川扇状地の扇央部の、緩やかな山の斜面に位置することから「小山」の地名がついたといわれる。
 江戸時代には、三重郡小山村は菰野藩領で、村高は「旧高旧領取調帳」では492石2斗8升9合余である。
 明治22年三重郡小山田村の大字となり、昭和29年には四日市市小山町となった。

西山町

 もとは三重郡小山田村大字山田の一部であったが、昭和29年小山田村が四日市市に編入するとともに山田町から分離した。

内山町

 内山町も西山町と同じく、もとは三重郡小山田村大字山田の一部であり、昭和29年四日市市に編入するとともに山田町から分かれた。

六名町

 三重郡六名村は、江戸時代、領主を頻繁に替えている。初めは桑名藩領で、享保年間ごろから八田藩領となり、享和年間から長島藩領、そして最後に幕府領となった。村高は178石4斗7升であり、小山田村合併時の他の村と比べると随分少ない。内部川の左岸に位置する村であったが、耕地は川床よりも低位にあり水害にあうこと度々であったという。
 明治22年には三重郡小山田村の大字となり、昭和29年四日市市六名町となる。

堂ヶ山町

 三重郡堂ヶ山村は、江戸時代には亀山藩領であった。村高は「旧高旧領取調帳」によると、485石2斗6升4合であった。
 明治22年、三重郡小山田村の大字となり、昭和29年四日市市堂ヶ山町となった。

美里町

 もとは三重郡小山田村大字堂ヶ山の一部であったが、昭和29年四日市市に編入の際に堂ヶ山町から分離した。
 美里町は戦後入植して開拓した人々によって形成された町である。

鹿間町

 鈴鹿郡鹿間村は、亀山藩領であった。村高は「旧高旧領取調帳」では、575石8斗3升余であった。当時は上鹿間・下鹿間に分かれていた。はじめは内部川沿岸の下鹿間に集落があったが、明治26年美濃大地震や明治29年内部川大洪水によって家屋や田畑の荒廃がすさまじく、大部分の村人が上鹿間に移住した。
 明治22年鈴鹿郡久間田村の大字となり、昭和31年鈴鹿郡三鈴村の大字、昭和32年には四日市市鹿間町となった。

和無田町

 鈴鹿郡和無田村は、江戸時代には亀山藩領であり、村高は「旧高旧領取調帳」で440石3斗6升8合であった。変わった地名ではあるが、もとは「和田」と呼ばれていた。しかし、亀山藩領には「和田」という地名がもう一つあり(現:亀山市和田)、当初はとりあえず亀山の和田を「南の和田」、和無田の方を「北の和田」と呼んでいたが、間違いが生じないように「和田で無い」という意味で「和無田」と呼ぶようになったという。
 明治22年には鈴鹿郡久間田村の大字、昭和31年には鈴鹿郡三鈴村の大字となり、昭和32年には四日市市和無田町となった。