富洲原地区の地名

 富洲原地区の歴史

明治9(1876) 一色学校の創立(富田一色村竜泉寺南隣)
明治10(1877) 天カ須賀学校の創立(明願寺北隣)
明治22(1889) 富田一色村・天カ須賀村・松原村が合併して、朝明郡富洲原村となる
明治26(1893) 一色学校・天カ須賀学校を併合し、富洲原小学校の設置
明治29(1896) 三重郡に所属
明治33(1900) 富洲原村役場、飛鳥神社前に新築移転
大正5(1916) 東洋紡績富田工場の設立(松原)
富洲原小学校、富田一色に設置
大正7(1918) 平田紡績の設立(天カ須賀)
大正12(1923) 町制が施行され、三重郡富洲原町となる
大正15(1926) 富洲原町役場、富田一色の富洲原小学校東隣に移転
富洲原町立実科女学校の創立(富洲原小学校敷地内)
昭和3(1928) 伊勢電鉄富洲原駅の開設(平町。昭和20年に川越村に移転)
昭和4(1929) 上水道の完成
昭和7(1932) 国道1号線開通
昭和16(1941) 四日市市に編入
昭和34(1959) 伊勢湾台風で、富田一色の海岸堤防が決壊、被害甚大
昭和39(1964) 名四国道の開通

富州原町

 地名の由来は、明治22(1889)年、富田一色村・天カ須賀村・松原村の3か村が合併した時に、各村から富・須(洲)・原の一字ずつとったことによる。村役場は竜泉寺庫裏にあったが、明治33(1900)年に飛鳥神社前に移転した。(現在の富田一色公会堂)
 明治初期から漁業がさかんで、いわし・ひしこ・蛤などがとれ、魚問屋や行商人も増え、全国各地に売り歩いた。大正5(1916)年松原の東洋紡績富田工場や、平田紡績の設立などで、繊維工業もさかんになり、また鉄道や国道1号線の開通など交通網の発達もめざましく、人口も激増した。
 現在の富州原町は、昭和41年、もとの松原・富田一色・東富田の各一部から編成された。町名は、地区名と区別して、「洲」を「州」と改めた。

富田一色町

 地名の由来は、「富田から分離した新開地」という意味からきている。もとは東富田村の枝郷であった。
 江戸時代、朝明郡の一村で、桑名藩領であり、富田一色港があり廻船業者が多く、また八風街道が開通していて海・陸の交通の便もよかった。明治時代は漁業がさかんで、干魚や塩魚、時雨蛤も売った。
 大正時代以降、東洋紡績などの操業で、工業がさかんになり、富田一色港が手狭となり、昭和5年、7年に改修が行われた。

天カ須賀

 地名の由来は、『勢陽五鈴遺響』には、「天は海人をさし、須賀は砂州に居住する」という意味であるといい、また、『富田六郷氏神記』には、天女ヶ池があったことによるという。もとは東富田村の枝郷であった。
 江戸時代、朝明郡の一村で、桑名藩領であり、漁業・廻船業がさかんであった。
 明治後期からは水産加工と蛤採取がさかんになるが、大正時代、平田紡績の魚網生産が始まり、あられなどの菓子原料である煎粉の生産など、工業の発展もめざましかった。
 大正中期から須賀浦海水浴場が有名となり、昭和4年の伊勢電鉄の開通で観光客も増えた。
 その後、伊勢湾台風や地盤沈下のおかげで防潮堤が築かれ、、海岸の様子が変わり、名四国道の開通により、砂浜はなくなった。

松原町

 聖武天皇の歌「妹に恋ひ吾の松原みわたせば潮干の潟に鶴鳴き渡る」(万葉集)の「松原」は、現在の松原町一帯といわれている。聖武天皇神社には歌碑がある。松原の地名の由来は、松林のある海辺の砂浜であったことによるという。もとは東富田村の枝郷であった。
 江戸時代は桑名藩領だった。東海道に近く、また八風街道が通り、交通の便はよかった。
 明治22年には富州原村、大正12年には富州原町の大字となり、明治27年近くに関西鉄道富田駅ができ、大正6年南東部の田地に東洋紡績富田工場が操業を始め、東洋町商店街ができた。
 昭和4年には、伊勢電鉄の富洲原駅が西部に開設され、昭和7年には国道1号線が開通するとますます発展していった。
 富州原町の東洋紡績富田工場の進出後、東洋紡績の社宅などができ、市街化が進むが、昭和40年代から東洋紡績の従業員が減り、人口が減った。松原郵便局の場所に東洋紡績の社宅があった。

住吉町

 江戸時代後期に朝明郡天カ須賀村の人々が天カ須賀南部を開拓してできた太郎左衛門善平新田があった地域。村高は47石8斗4升4合余であった(旧高旧領取調帳)。住吉町は昭和3(1928)年、この善太新田が埋立てられてできた町であり、新町設定されたのは昭和4年(1929)である。地名は住吉神社にちなむ。昭和5(1930)年頃から花街として賑わい、置屋が20軒ほど開業していたが、昭和33(1958)年廃業の後、閑静な住宅地となった。

平町

 国道1号線沿いの新興工業住宅地区。昭和3(1928)年、伊勢電鉄の富州原駅がこの地に開設されたが、昭和20(1945)年川越村に移転した。松原・富田一色の各一部だったところで、通称町名をとって昭和41年に成立。

富双

 富田一色と東富田地先の公有水面が埋立てられ、昭和43年にできた新しい町。地名は、富州原・富田両地区にまたがることから、富を二つとって付けられた。