肛門の病気
ホーム 上へ

 

 

 


内痔核  外痔核  裂肛  痔瘻・肛門周囲膿瘍  その他の病気 について

内痔核

肛門の病気の中で最も多い病気です。初期のものは出血だけで痛みがありません。

脱肛 : 大きくなると排便の時に外に出てきます。

           放置していると変形やしまりが悪くなってしまいます。 

外来通院での手術的な治療

 結紮療法 痔核を特殊な輪ゴムでしばって小さくする治療です。

   数日間痛みを伴うことがありますが治療期間が短くてすみます。

 

 凍結療法 痔核を凍らせて少しずつ小さくしていく方法です。

               痛みは少ないですが、治療期間が長くかかります。    


    

外痔核


外痔核もよく見られる病気です。 急に「できもの」ができたとか「脱肛した」と

言って来院されることが多いです。 原因は、いきんだときに皮膚の下に出血して

血の塊ができてしまうためです。

小さいものは自然に吸収されるまで薬で治療しますが、大きくて痛みの強い

ものは局所麻酔をして血の塊を取り除きます。    ペ−ジのトップにもどる

     

裂肛

いわゆる「切れ痔」です。 便秘の方や、もともと肛門が少し狭い方によく見られます。

外側に小さな「見張りイボ」をともなうことがあります。 ほとんどは便通の調整とお薬で

治りますが、治りにくい場合は肛門を指でひろげる処置を繰り返します。

それでもだめな時は手術になります。                              ペ−ジのトップにもどる

    

痔瘻・肛門周囲膿瘍

肛門周囲膿瘍 肛門の病気の中で一番 「痛い!」 病気です。

   肛門の中に粘液を出す腺がありますが、ここからばい菌が入って炎症を起こします。

   数日間かかってウミがたまってきます。

切開してウミを出せば一時的に炎症が治まって、    楽になりますが、

慢性的に炎症をくりかえす痔瘻になることがあります。

痔 瘻 肛門の中の細菌の入り口と、外側のウミの出口がトンネルで

つながった状態です。  炎症が続いて炎症が治まらないものは、

手術が必要になります。                ペ−ジのトップにもどる

その他の病気

尖圭コンジロ−マ 肛門周囲の皮膚にできるイボです。凍結治療により治ります。

肛門周囲皮膚炎  肛門周囲の皮膚炎でカユミが強いです。お薬で治療します。

スキンタッグ      女性に多く見られる皮膚の出っ張りです。

小さいものは放置していて構いませんが、大きくて気になるものは切除します。

肛門ポリ−プ        肛門のすぐ内側にできるポリ−プで良性のものです。

           大きいものは排便痔に脱出してきて、付け根が裂けることがあります。

                                                                               ペ−ジのトップにもどる